陸奥北海勝昭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

陸奥北海 勝昭(むつほっかい かつあき、1964年6月24日 - )は北海道三石郡三石町(現:日高郡新ひだか町)出身の元大相撲力士。現在は世話人。現役時代は安治川部屋所属、現在は伊勢ヶ濱部屋所属。本名は本間 勝明(ほんま かつあき)。身長179cm、体重188kg。最高位は東十両6枚目(1994年11月場所)。趣味はパチンコ血液型A型、星座は蟹座。

人物[編集]

浦河高校を1年で中退し、元関脇陸奥嵐安治川部屋(現在の伊勢ヶ濱部屋の前身)に入門。1981年3月場所初土俵。左膝を故障し長く三段目幕下で低迷していた。初土俵から76場所目の1993年9月場所にようやく十両昇進。押し相撲で大勝ちこそなかったものの十両に定着した。膝の古傷もあり、1995年5月場所を最後に幕下に陥落。十両復帰を目指して長く幕下上位で相撲を取っていたが、2001年5月場所には三段目に陥落。三段目でも思うような相撲が取れなくなり2002年9月場所に序二段に陥落した。それ以降三段目と序二段を往復をしていたが、2004年1月1日から世話人の定員が増員されたため1月場所直前に現役を引退、世話人に転身した。所属の安治川部屋が2007年12月に伊勢ヶ濱部屋に改称したことにより、現在は伊勢ヶ濱部屋に所属。

エピソード[編集]

1993年3月場所を最後に師匠である元・陸奥嵐の安治川が持病の療養のため廃業し、元横綱旭富士が部屋を継承した。当時幕下で低迷していた陸奥北海だったが新弟子時代から指導してもらった師匠の突然の廃業に奮起し[1]、同年9月場所に十両に昇進した。これに、先代師匠は「俺がいなくなったとたんに力出しやがって」と皮肉ったが、本名の「南幸雄」名義で化粧回しを贈っている。

主な戦績[編集]

  • 生涯成績:526勝498敗8休(138場所)
  • 十両成績:68勝82敗(10場所)

各段優勝[編集]

  • 幕下優勝:1回(1993年7月場所)

改名歴[編集]

  • 本間 勝明(ほんま かつあき)1981年3月場所
  • 陸奥乃海 勝明(むつのうみ-)1981年5月場所-1990年7月場所
  • 陸奥の海 勝明(むつのうみ-)1990年9月場所-1991年3月場所
  • 陸奥北海 勝昭(むつほっかい-)1991年5月場所-2004年1月場所

脚注[編集]

  1. ^ 厳密には前年に廃業を表明しており、同年9月場所後には引退相撲を終えた旭富士が安治川部屋付きの親方になっていた。

関連項目[編集]