武修館中学校・高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
武修館中学校・高等学校

Bushukan.JPG

過去の名称 釧路女子短期大学附属高等学校
釧路短期大附属高等学校
釧路緑ヶ岡高等学校
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人緑ケ岡学園
設立年月日 1964年
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科(16学級)
高校コード 01553K
所在地 085-0806
北海道釧路市武佐5丁目9-1
北緯42度58分32秒 東経144度26分06秒 / 北緯42.975667度 東経144.435111度 / 42.975667; 144.435111座標: 北緯42度58分32秒 東経144度26分06秒 / 北緯42.975667度 東経144.435111度 / 42.975667; 144.435111
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
武修館中学校・高等学校の位置(北海道内)
武修館中学校・高等学校

武修館中学校・高等学校(ぶしゅうかんちゅうがっこう・こうとうがっこう)は、北海道釧路市武佐5丁目9-1にある私立中学校高等学校学校法人緑ケ岡学園が運営しており、北海道釧路市では唯一の私立中学校・高等学校である。

概要[編集]

特色[編集]

  • 生徒数は391人、教職員数は33人、事務職員数は9人である[1]
  • 全日制普通科で、釧路女子短期大学付属高等学校・釧路短期大学付属高等学校時代は「短付(たんぷ)」の略称でも親しまれたが、男女共学化になった1973年以降はスポーツ校として有名スポーツ選手を輩出している。また、釧路緑ヶ岡高等学校に改称された1991年以降は大学進学にも力を入れるようになった。

沿革[2][編集]

  • 1964年 - 学校法人緑ケ岡学園の設立。釧路女子短期大学附属高等学校の設立認可
  • 1973年 - 釧路短期大学附属高等学校と校名変更。男女共学制施行。創立記念日を6月20日と定める
  • 1985年 - 韓国普成高等学校と姉妹校提携
  • 1991年 - 釧路緑ケ岡高等学校と校名変更。制服変更。教育課程改訂。AP(特別進学)コース設置
  • 1992年 - コース制実施。特別進学(AP)、進学(MP)、スポーツ(SP)、社会実務(EP)
  • 2002年 - UP(総合)コース設置、制服変更。オーストラリアライド・セカンダリ・カレッジ(高校)と姉妹校の提携
  • 2004年 - 武修館高等学校と校名変更。校舎移転
  • 2005年 - 武修館中学校開校。
  • 2011年 - 一貫コース、普通コース、体育コースへとコース再編及び呼称変更
  • 2017年 - 普通コース(特進系、進学A系、進学B系の設定)、クラス編成改編、制服変更

コース[編集]

  • 一貫コース(中学校からの入学の場合)
  • 普通コース(高等学校からの入学の場合)
  • 体育コース(高等学校からの入学の場合)

部活動[編集]

体育コースはアイスホッケー(男子)、野球(男子)、剣道、陸上の4部、普通コースはバトミントン、バレーボール(女子)、サッカー(男子)の3部を強化指定クラブにしている[3]

運動系[編集]

アイスホッケー部[編集]

野球部[編集]

その他運動系[編集]

  • 陸上部
  • 剣道部
  • サッカー部
  • 羽球部
  • 女子バレーボール部
  • 男子バスケットボール部
  • 卓球部
  • 水泳部
  • フィギュアスケート部
  • スピードスケート部

文化系[編集]

箏曲部[編集]

その他文化系[編集]

  • 写真部
  • 書道部
  • パソコン部
  • 吹奏楽部
  • 太平洋太鼓
  • 美術部
  • 茶道部
  • 放送局

主な著名人[編集]

系列校[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 北海道私立中学高等学校協会(私学ナビ)”. 2020年9月1日閲覧。
  2. ^ 武修館中学高等学校沿革”. 武修館中学校・高等学校. 2021年6月17日閲覧。
  3. ^ a b 武修館高等学校 教育目標”. 武修館高等学校. 2021年7月1日閲覧。
  4. ^ 全国高等学校アイスホッケー競技選手権大会:歴代大会データ”. JIHF公益財団法人日本アイスホッケー連盟. 2021年6月17日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]