北海道札幌英藍高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
北海道札幌英藍高等学校
北海道札幌英藍高等学校
過去の名称 北海道札幌篠路高等学校
国公私立の別 公立
設置者 北海道の旗 北海道
学区 石狩
併合学校 北海道札幌拓北高等学校
校訓 自主自律、立志錬磨、右文左武
設立年月日 1985年10月1日
2013年4月8日
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 単位制
設置学科 普通科
学期 2学期制
高校コード 01414B
所在地 002-8053
北海道札幌市北区篠路町篠路372-67

北緯43度9分34.6秒 東経141度22分11.9秒 / 北緯43.159611度 東経141.369972度 / 43.159611; 141.369972座標: 北緯43度9分34.6秒 東経141度22分11.9秒 / 北緯43.159611度 東経141.369972度 / 43.159611; 141.369972
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

北海道札幌英藍高等学校(ほっかいどうさっぽろえいあいこうとうがっこう)は、北海道札幌市北区篠路町篠路372-67にある公立(道立)の高等学校。


北海道教育委員会の公立高等学校配置計画により[1]、2013年、北海道札幌篠路高等学校を母体に北海道札幌拓北高等学校を統合して設立された。道内の公立高校ではトップクラスといっていいほど部活動が盛んで生徒の入部率は70%を超え、空手道部などは全国大会にも出場していた。また伝統の一つとして「藍高体操」という体操があり、動作が異なる男子と女子が組み合わさることで、ひとつのフォルムを形作る。


札幌市北区初の普通科単位制高校である[2]

沿革[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 公立高等学校配置計画(平成25〜27年度) (PDF)”. 北海道教育委員会 (2012年9月). 2014年7月27日閲覧。
  2. ^ H25 石狩教育局(H25. 11)”. 北海道教育委員会 (2013年11月). 2014年7月27日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]