クラーク記念国際高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
クラーク記念国際高等学校
北海道本校
北海道本校外観
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人創志学園
理念 Boys be Ambitious!
校訓 夢・挑戦・達成
設立年月日 1992年4月[1]
共学・別学 男女共学
分校 本項参照
課程 通信制課程
単位制・学年制 単位制
設置学科 普通科
商業科
学期 2学期制
高校コード 01556D
所在地 078-0151
北海道深川市納内町三丁目2番40号
(北海道本校)
外部リンク

公式サイト1

公式サイト2
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
クラーク記念国際高等学校の位置(北海道内)
クラーク記念国際高等学校

クラーク記念国際高等学校(クラークきねんこくさいこうとうがっこう)は、北海道深川市納内町三丁目2番40号に本部を置く広域制高等学校通信制単位制)。設置者は学校法人創志学園校長は元プロスキーヤー三浦雄一郎で、北海道深川市では唯一の私立高等学校である。

概要[編集]

  • 1992年、日本で6校目の広域通信制高等学校として開校。広域通信制高等学校としては実に25年ぶりの認可。
  • “クラーク”の名は、三浦雄一郎校長の母校北海道大学W・S・クラーク博士札幌農学校初代教頭)にちなむ。
  • 同博士の子孫であるデブラ・Y・クラークより、W・S・クラーク博士の精神を受け継ぐ高校として認知されている。デブラ・Y・クラークはクラーク記念国際高等学校を度々訪問し、W・S・クラーク博士の精神を伝えるために生徒や保護者と交流を深めている[2]。なお本校はミッション・スクール(キリスト教主義)ではない。
  • 学校教育法第一条に定められた高等学校のため、卒業資格は一般的な全日制高校、定時制高校とまったく同等に扱われる(詳しくは高等学校通信教育を参照)。
  • 科学技術学園高等学校連携校である国際自由学園を前身とする。
  • 深川の校舎は元拓殖大学北海道短期大学のキャンパス跡の建物を活用して設置されている[3]
  • 設立当時は北海道本校以外に東京キャンパスと芦屋キャンパスの1本校2キャンパスであったが、現在は全国にキャンパスを構え、総生徒数は11,000人を超える。
  • 神戸市に所在するクラーク外語学院との関連はない。
  • 週5日通学の全日型コースを中心に、週1-5日通学のフレックス学習コース、WEB上での授業を実施できるWEB学習コースとある。
  • フロンティアワークス運営のPBW蒼空のフロンティア』の制作協力に参加した。
  • 2014年、北海道本校にて硬式野球部を発足。監督は駒大岩見沢高校にて甲子園に多数回出場経験がある佐々木啓司を招聘した。
  • 2017年6月29日:東北楽天ゴールデンイーグルスと提携して仙台キャンパスに女子硬式野球部を創部すると発表[4][5][6][7][8]。監督は山崎隆広
  • 技能教育施設である横浜青葉キャンパスは女子生徒のみの募集を行っており女子校と称して運用している。また、日本経済新聞出版社発行「女子校という選択」にて横浜青葉キャンパスが紹介されている[9]
  • 2021年7月 記者会見にてクラーク宇宙教育プロジェクトの始動を発表。プロジェクトアンバサダーに宇宙飛行士の山崎直子が就任。
  • 2021年8月:全国高等学校演劇大会において、通信制高校のクラーク記念国際高等学校福岡中央キャンパスのパフォーマンス専攻が演目『FLOAT』で初出場ながら最優秀賞を受賞した。

設置学科[編集]

  • 当校は全日制課程の設置許可を受けていない[10]。そのため、週5日通学コースを「全日」と称して運用している(学習指導要領に面接授業(スクーリング)時数の下限は示されていても、上限は示されていないことで可能になる運用である)。また、普通科とともに商業科の設置認可を受けているが、令和元年度には在籍する生徒が0人となっている[11]。コースについては各キャンパスにより様々なものがあるため、詳細は公式サイト参照
    • 普通科
    • 商業科

沿革[編集]

(沿革節の主要な出典は公式サイト[12]

  • 1992年平成4年) - 広域通信制高校として日本で6校目、25年ぶりの認可となる「クラーク記念国際高等学校」開校。
  • 1993年(平成5年) - 全国に先駆けて社会体験学習を導入。
  • 1995年(平成7年) - 総合学習を先取りした「ゼミ制度」を開講。
  • 1998年(平成10年) - 単位制による通信制課程を開設。
  • 1999年(平成11年) - 「北の大地 元気の泉キャンパス」を設置 (北海道深川市)。
  • 2001年(平成13年) - 校長の三浦雄一郎と生徒がヒマラヤ・メラピーク(標高6,476m)登頂成功。生徒は世界最年少(18歳)登頂記録樹立。
  • 2002年(平成14年) - パフォーマンスコース生がミュージカル「SILVER」公演(東京都・三百人劇場にて)。
  • 2003年(平成15年) - 全国生徒数10,000名を突破。
  • 2004年(平成16年) - 「クラーク記念ヒマラヤ小学校」(ネパール)を開校。
  • 2006年(平成18年) - トリノ冬季五輪スノーボードに竹内智香・家根谷依里(本校卒業生)W出場。
  • 2011年(平成23年) - クラーク初の女子校「横浜青葉キャンパス」を横浜市青葉区に開校。
  • 2012年(平成24年) - 創立20周年。
  • 2016年(平成28年) - 北海道本校硬式野球部が創部3年目で北北海道大会初優勝、第98回全国高等学校野球選手権大会に出場。甲子園初出場を果たす。通信制高校の甲子園出場は2012年春地球環境高校に次ぐ2校目(夏の甲子園では初)。片仮名の入った校名の学校の甲子園出場は、1965年春コザ高校2005年夏聖心ウルスラ学園に次ぐ3校目[13]
  • 2017年(平成29年) - 創立25周年を迎え、東京・有明にて記念イベントを開催。
  • 2018年(平成30年) - 朝日新聞出版より日本の高等学校としては初のムック本(ISBN 978-4022791863)が出版。硬式野球部が創部5年目で2年ぶり2回目の決勝進出したが、準優勝。
  • 2019年(令和元年) - 硬式野球部が創部6年目で2年連続3回目の決勝進出したが、準優勝。
  • 2020年(令和2年) - 硬式野球部が創部7年目で3年連続4回目の決勝進出し優勝。
  • 2021年(令和3年) - 東京都板橋区に「クラークNext Tokyo」を開校。

不祥事[編集]

  • サポート校からの不正編入問題
    • 2011年度から2015年度に掛け、提携先のサポート校である四谷インターナショナルスクール学校教育法上は無認可)の生徒を不正に編入学させていたことが判明した。学園長は毎日新聞の取材に「海外のインターナショナルスクールと同様に四谷も単位認定できると誤認しており、認識が甘かった」と釈明した[14]

キャンパス[編集]

  • 当校では、「自校の施設」「学校教育法に基づく技能教育施設」「提携のサポート校」すべてを「キャンパス」と称している[15]が、自校施設以外をこうした名称で呼ぶことは、「高等学校通信教育の質の確保・向上のためのガイドライン[3]」に反する[16]と同時に、学校教育法第135条1[17]に鑑み不適切[18]な表記である。各キャンパスがどのような形態に該当するかについては、文部科学省ウェブサイト上の資料[19]を参照のこと。
  • 各「キャンパス」については、公式サイト上の「施設一覧」を参照のこと。

校歌[編集]

『はじまりの日に』 作詞・作曲/高石ともや

学園グループ[編集]

関連の諸学校については、学校法人創志学園#設置校を参照のこと。

著名な出身者[編集]

俳優[編集]

声優[編集]

タレント[編集]

スポーツ[編集]

その他[編集]

主な関係者[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ “深川の「クラーク記念国際高校」、「大志抱き」まず300人-道内初の広域通信制高、4月開校。初年度は首都圏、京阪対象”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (1992年3月29日)
  2. ^ 理念 / 沿革|単位制・通信制高校のクラーク記念国際高等学校”. クラーク記念国際高等学校. 2014年6月23日閲覧。
  3. ^ “クラーク記念国際高校が深川に開校-道内初の広域通信制、期待集めるユニーク教育。来月、東京から第一陣。「自然の中で暴れたい」”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (1992年5月21日)
  4. ^ 楽天が女子硬式野球部設立
  5. ^ 楽天と提携 東北初の高校女子硬式野球部創設
  6. ^ クラーク国際高等学校 仙台キャンパスの女子硬式野球部設立・運営を全面サポート
  7. ^ 【楽天】東北初、クラーク学園女子硬式野球部設立に協力 立花社長が三浦雄一郎校長らと会見
  8. ^ 楽天 女子高校野球部を支援「ご指導をいただきながら日本一を目指したい」
  9. ^ [1]
  10. ^ 平成29年度北海道学校一覧 - 北海道教育委員会
  11. ^ 令和元年度学校基本統計確報
  12. ^ 理念 / 沿革|単位制・通信制高校のクラーク記念国際高等学校”. クラーク記念国際高等学校. 2014年6月23日閲覧。
  13. ^ クラーク初V「ワクワク」名将佐々木監督/北北海道 - 日刊スポーツ、2016年7月22日
  14. ^ 通信制高 クラーク国際、63人不正編入 無認可校から 毎日新聞 2016年7月7日
  15. ^ 例として、宇都宮生涯教育センター(株)が運営する「宇都宮クラーク高等学院[2]」は当校の技能連携校であるが、「クラーク記念~」サイト上では「宇都宮校」「宇都宮キャンパス」と呼称しており、「宇都宮クラーク~」も自校を「宇都宮キャンパス」と称している。
  16. ^ ガイドラインには「連携施設において、実施校の名称のみを掲げた看板を設置したり、実施校を「本校」、連携施設を「キャンパス」と称して生徒・保護者に説明したりするなど、連携施設が実施校の施設であるかのような誤解を招くことのないように留意すること。」とある(強調は編集者による)。
  17. ^ 「専修学校、各種学校その他第一条に掲げるもの以外の教育施設は、同条に掲げる学校の名称又は大学院の名称を用いてはならない。」
  18. ^ 広域通信制高校に関する実態調査結果について(概要)【確定値】(平成28年度) 12ページ目
  19. ^ 広域通信制高等学校の展開するサテライト施設の一覧(令和元年5月1日時点)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


この記事は、プロジェクト:学校/高等学校テンプレートを使用しています。