開山憲一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

開山 憲一(かいやま けんいち)は、日本弁護士・元法務官僚・元検察官

人物[編集]

北海道帯広市生まれ。中央大学通信教育課程出身の生え抜き法曹の一人。北海道帯広三条高等学校在学中は軟式テニス部に所属[1]。帯広三条高校卒業後、働きながら通信教育で学び司法試験に合格した苦労人[1]さいたま地方検察庁公判部検事だった2002年平成14年)、刑事事件での論告中に涙を流したこともある[1]。退官後、LEC大学教授に就任。その後退任。

略歴[編集]

主著[編集]

  • 石川達紘編『刑事裁判実務大系 第10巻』(分担執筆担当、青林書院、1993年)
  • 平野龍一編『注解特別刑法 補巻3』(分担執筆担当、青林書院、1996年)
  • 『あたらしい会社法』(日本加除出版、2003年)
  • 『あたらしい会社法(全訂版)』(日本加除出版、2006年)

脚注・出典[編集]

  1. ^ a b c 常磐に誓う - 帯広三条高校90年の足跡 その他・下
  2. ^ 『平成17年版 帯広三条高等学校常磐同窓会会員名簿』 北海道帯広三条高等学校常磐同窓会名簿発刊委員会、2005年(平成17年)10月10日発行、271頁

参考文献[編集]