地方検察庁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

地方検察庁(ちほうけんさつちょう)は、地方裁判所及び家庭裁判所に対応して設置される検察庁[1]。その長は検事正である[2]地検と略される。

地方検察庁の名称及び位置は政令によって定められており[3]、全国に50庁が設けられている[4][5]。また、地方検察庁には支部を設けることができ[6]、地方裁判所支部に対応して203支部が設けられている[7][5]

地方検察庁一覧[編集]

札幌高等検察庁管内(北海道)
仙台高等検察庁管内(東北地方)
東京高等検察庁管内(関東地方)
名古屋高等検察庁管内(中部地方)
大阪高等検察庁管内(近畿地方)
広島高等検察庁管内(中国地方)
高松高等検察庁管内(四国地方)
福岡高等検察庁管内(九州地方)

脚注[編集]

  1. ^ 検察庁法第2条第1項、第2項
  2. ^ 検察庁法第9条
  3. ^ 検察庁法第2条第3項
  4. ^ 最高検察庁の位置並びに最高検察庁以外の検察庁の名称及び位置を定める政令第2条、第二表
  5. ^ a b 検察庁の組織”. 検察庁. 2009年5月24日閲覧。
  6. ^ 検察庁法第2条第4項
  7. ^ 地方検察庁支部設置規則(昭和二十二年司法省令第四十二号)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]