福島地方検察庁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本地方検察庁
福島地方検察庁
Fukushima District Public Prosecutors Office.JPG
検事正 小林健司
次席検事 倉持俊宏
組織
管轄区域 福島県
支部 相馬・郡山白河会津若松いわき
担当裁判所 福島地方裁判所福島家庭裁判所
上位検察庁 仙台高等検察庁
下位検察庁 福島区検察庁相馬区検察庁
郡山区検察庁白河区検察庁
棚倉区検察庁会津若松区検察庁
田島区検察庁いわき区検察庁
福島富岡区検察庁
概要
所在地 福島県福島市狐塚17
法務合同庁舎
法人番号 2000012140047
設置 1947年昭和22年)5月3日
前身 福島地方裁判所検事局
福島地方検察庁
テンプレートを表示

福島地方検察庁(ふくしまちほうけんさつちょう)は、福島県福島市にある日本地方検察庁の一つで、福島県を管轄している。略称は、福島地検(ふくしまちけん)。相馬・郡山白河会津若松いわきに支部を置いている。

福島県を管轄しており、福島市に設置されている本庁のほか、相馬郡山白河会津若松いわきに支部を設置している。ただし、相馬支部は本庁内で業務を行っている。

所在地[編集]

管轄[編集]

問題とされた事案[編集]

2011年3月11日東北地方太平洋沖地震の直後、窃盗や強制わいせつなどの容疑で逮捕・送検されていた被疑者十数人を同地検が釈放していたことが判明した[1]。 釈放の理由として小池隆次席検事は、「震災で警察官が足りなくなり、参考人聴取など容疑の裏付け捜査が困難になるうえ、容疑者への食事の提供も十分できなくなると判断した」と述べている[2]

「釈放にあたっては治安に影響がないよう配慮した」としているが、被疑者の「人権」擁護のため被災者の人権を犠牲にしたとして、大きな非難をよんだ。 また「市民に不安を与えたくない」と罪名や人数を明らかにしなかったことが人々の疑心暗鬼を生み、無関係者への人権侵害をかき立てた可能性も指摘されている。

同震災では被災地における犯罪が頻出しており、被災者たちは困難な状況下で自警団を結成するなどしている。中野寛成国家公安委員長も検察に対して苦言を呈しているが[3]、福島地検からは何の釈明もない[4]

その後4月2日、釈放された被疑者の一人が建造物侵入容疑で福島県警に現行犯逮捕された。この件に対し江田五月法相が5日、「釈放の判断が適切だったかどうかに大きな疑問(符)が付く」と述べた。最高検察庁でも、「うやむやなまま捜査が終了してはいけない。治安維持のためにも、適切な処分を早急に出す必要がある」としている[5]。 なおその後の翌5月16日に同地検トップの検事正に対して、事実上の更迭となる人事が行われた。

脚注[編集]

外部リンク[編集]