有賀秀子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
有賀 秀子
(ありが ひでこ)
生誕 (1934-02-09) 1934年2月9日(83歳)
日本の旗 日本 北海道帯広市
国籍 日本の旗 日本
研究分野 農芸化学
研究機関 帯広畜産大学
出身校 帯広畜産大学
主な受賞歴 北海道栄養食糧学会賞1970年
プロジェクト:人物伝

有賀 秀子(ありが ひでこ、1934年2月9日[1] - )は、日本女性農芸化学者。専門は、応用生物化学[1]、栄養化学[1]、酪農食品科学[2]農学博士[1]

来歴・人物[編集]

北海道帯広市出身[1]1949年北海道立帯広女子高等学校(現・北海道帯広三条高等学校)併置中学校卒業[3]1952年北海道帯広三条高等学校卒業[4]1956年帯広畜産大学畜産学部酪農学科卒業[1]。高等学校の教師となり北海道幕別高等学校北海道旭川北高等学校家庭科を教える[1]。夫の転勤で故郷・帯広に戻り、1963年母校・帯広畜産大学の助手となる[1]。帯広畜産大学講師を経て1986年帯広畜産大学畜産学部家畜生産学科助教授に就任[1]。その間1970年には北海道栄養食糧学会賞を受賞している[1]1984年 北海道大学 農学博士 論文の題は「乳汁およびチーズ中硝酸塩の消長とかびスターターの硝酸還元性 」[5]

1990年帯広畜産大学畜産学部生物資源化学科教授に就任[1]1997年退官、帯広畜産大学名誉教授となる[6]2000年より帯広市教育委員長を務め、2003年退任[2]

研究テーマ[編集]

古代の乳製品及び醍醐の再現に取り組んでいる[1]

所属学会[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 日外アソシエーツ 編 『新訂 現代日本人名録2002 1. あ - かと』 日外アソシエーツ、2002年1月28日第1刷発行、ISBN 4-8169-1695-4、313頁
  2. ^ a b 常磐に誓う - 帯広三条高校90年の足跡 学術・教育編
  3. ^ 『平成17年版 帯広三条高等学校常磐同窓会会員名簿』 北海道帯広三条高等学校常磐同窓会名簿発刊委員会、2005年10月10日発行、93頁
  4. ^ 『平成17年版 帯広三条高等学校常磐同窓会会員名簿』、109頁
  5. ^ 博士論文書誌データベース
  6. ^ 歴代校長・学長、名誉教授、役職員 - 帯広畜産大学