佐藤絵里佳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
さとう えりか
佐藤絵里佳
本名 佐藤 絵里佳
別名義 Erika Sato
生年月日 (1994-10-07) 1994年10月7日(27歳)
出身地 日本の旗 日本福島県
身長 174cm
血液型 A型
職業 舞台女優モデル
ジャンル 舞台ミュージカル
活動期間 2013-
活動内容 舞台女優、モデル
配偶者 未婚
事務所 無所属
公式サイト https://www.erikasato.jp
主な作品
舞台「To a new tomorrow / 8000メートルの愛」「私を代わりに刑務所に入れてください」「六畳一間で愛してる」
テンプレートを表示

佐藤 絵里佳(さとう えりか、Erika Sato、本名同じ、1994年10月7日[1] - )は、首都圏を中心に活動するフリーランスの舞台女優、ファッションモデル。モデルとしての主な活動として世界五大ミス・コンテストに2回出場。「ミスインターナショナル2018日本代表選出大会」出場、「2020ミススプラナショナル Japan 関東大会」ファイナリスト[2]

埼玉県立浦和第一女子高等学校青山学院大学卒業。

身長174cm[1]、血液型A型、てんびん座。趣味は神社巡り、着物着付。

来歴[編集]

  • 生い立ち~学生時代
    • 福島県生まれ、埼玉県育ち。
    • 中学時代は吹奏楽部でトロンボーンを担当、高校時代は音楽部(合唱部)に所属しアルトパートを担当していた。高校3年では部長を務め、約90名の部員を率いていた。埼玉県立浦和第一女子高等学校は合唱コンクールの強豪校と知られており、絵里佳は鹿児島市で開催された第65回全日本合唱コンクール全国大会で銀賞を受賞した[3]
    • 高校2年次、部活の新入生歓迎会にて宝塚歌劇団の『ミー・アンド・マイガール』で主役を演じたことがきっかけとなり、宝塚音楽学校を受験した。最終選考には残らなかったものの、1次試験の東京大会を勝ち抜き、宝塚音楽学校での2次試験まで進んだ。
    • 埼玉県立浦和第一女子高等学校から青山学院大学国際政治経済学部に進学した。大学のゼミでは「ナショナル・トラストで蘇る銭湯〜観光資源としての新たな可能性〜」という共同研究で、学生観光論文コンテストの優秀賞(公益財団法人日本ナショナルトラスト会長賞)を受賞した。
    • 青山学院大学在学中にミュージカルカンパニーMMG(お茶の水女子大学のミュージカルサークル)[4]に22期生として所属し、174cmの長身を活かして男役を中心に演じていた。第23回徽音祭公演「愛するには短すぎる」では主役のフレッド・ウォーバスク役を演じ、第24回徽音祭公演では出演のかたわら舞台演出も担当した。大学4年次に名門のミュージカル専門学校に1年間通い、プロを目指した。大学卒業後はフリーランスの舞台女優として、MMGのOGにより結成されたミュージカルグループMono-Musica[5]、同じくダンス&ボーカルグループFleur(フルール、2021年2月に解散)に参加したり、単独で都内の劇場やライブハウスなどで活動している。
  • モデルとしての活動
    • 学生時代からアキバコレクション2016[6]、キャンパスコレクション東京2016ファイナリスト(初代モデル)[7]、ミスインターナショナル2018日本代表選出大会出場[8]などの経歴を持つ。ミスインターナショナルでは日本代表候補の32名に入ったものの、8名のファイナリストには選出されなかった。Web投票のフォトジェニック賞では2位を獲得した。2020年にもミススプラナショナルジャパン関東大会にファイナリストとして上位15名という成績を残した。
  • ライブ配信
    • 2019年
      • 1月より10月まで、プレイングプロデューサー「のぞみP」プロデュース3期生イチナナライバー(エリカ_erika)として活動した[9]
  • プロの女優としての本格的な活動
    • 2019年
      • 2月、シェイクスピア原作の喜劇をモチーフにした女性だけの舞台「女優たちのための 冬の夜の夢」にて、妖精王オーベロン役を演じた。[10]
      • 5月から8月まで、田中壱征監督・脚本の日本映画「ぬくもりの内側(2021年公開)」の国内ロケ(南房総、長野、鳥取)撮影スタッフとして参加し、花火師の妹役で女優としても出演した[11]
      • 9月、少女の更生施設の青春ストーリーを描いた舞台「013(ゼロイチサン)」にて、人情派の女囚サカキ役を演じた。[12]
      • 12月21日から29日まで、舞台「Wells-魔女と夜明けの星-」にて、メタレイア軍の女性兵士ミリアル役を演じた。[13]
    • 2020年
      • 1月9日、プレイングプロデューサー「のぞみP」の事務所に所属し、BIGOLIVEのライバーとして活動を開始した。[14]
      • 3月4日から8日まで、舞台「どのくらいエフェクト」にて、弟思いの女社長・橘樹里役を演じた。
      • 5月、世界五大ミス・コンテストのひとつ「2020ミススプラナショナル Japan 関東大会」にファイナリストとして出場した。結果は32人中14位だった。
      • 6月の舞台「六畳一間で愛してる」では、ヒロインの沙織里役として、理解ある夫に愛され、周囲の人々に励まされつつ、不幸な境遇ながらも気丈に生きる女性の役を演じた。
      • 10月15日、神田のイベントバー「エデン神田」で、バースデーパーティーを兼ねた1日店長を務めた。これは、彼女の誕生パーティーとしてのイベントでもあった[15]
      • 10月28日、フジテレビ系列『突然ですが占ってもいいですか?』に母親と妹と共に仮名でゲスト出演した。ゲッターズ飯田に占われるのはこれが2回目である。
    • 2021年
      • 1月7日~1月11日、東日本橋A-Garageで上演された舞台「Juliet」にてプロ初の主役を演じた。
      • 7月2日~7月4日、元暴走族の牧師・野田詠氏の同名書籍を舞台化した「私を代わりに刑務所に入れてください」に、バッドボーイズ佐田正樹が演じる主役・森田誠慈の妻・友紀奈役で出演した。
      • 8月28日、全曲生演奏ファミリーミュージカル『ひなた号の冒険』〜夢の描いたオリーブの木〜に、保健の夕暮先生役で出演した。悩み多き年頃の生徒たちの良き理解者という役柄であった。
      • 9月8日~9月20日、T1project「ショートストーリーズ Vol.10 A.いま幸せです」に出演した。医師で容姿端麗だが男運がないという役を演じ、従来の役柄とは一味違う大人の魅力を醸し出していた。ちなみに、友澤晃一が主宰するT1projectのヴォーカルクラスに参加している。
      • 12月20日〜22日、リーディングミュージカル「To a new tomorrow / 8000メートルの愛(脚本・演出:友澤晃一)」に、俳優の岡田亮輔の相手役として出演した(両主役)。
  • 情報発信および活動の強化
    • 2022年
      • 4月1日、本人の公式Webサイト( http://www.erikasato.jp )と、公式ファンクラブWebサイト( http://www.erika-fanclub.com )を新規開設した。
      • 4月14日、イベントやファンクラブ情報を告知するための公式ツイッターアカウント(@eri_musicaOFC)を開始した。
      • 8月12日、銀座オフィスを開設した。

人物[編集]

  • チャームポイントは大きな目と低い声。
  • 着物の着付ができる。
  • 手先が器用で、裁縫が得意。コロナ感染対策の緊急事態宣言下では日暮里周辺で生地を買い付け、自宅で布製マスクを作成していたことがある。
  • 高校時代は音楽部(女声合唱部)でアルトパートを担当していたことから歌には自信がある。2020年からは友澤晃一氏主宰のT1projectのヴォーカルレッスンに通っている。レパートリーは昭和歌謡からミュージカル作品まで幅広く、女性ボーカルから男性ボーカルまで歌う。
  • かぼちゃや栗などのほっこり系、キムチ納豆やチゲ味噌ラーメンなどの辛い食べ物、ニンニク、いちご大福、チョコレートが好き。生魚と貝類(寿司を含む)や梅干しが苦手。
  • 月1回のペースで全国各地の神社を参拝している。常にひとり旅であり、御朱印や御神水を頂いては、自然に囲まれた茶屋で蕎麦や甘味を堪能して時間を過ごすことが多い。他人に時間を合わせることと人混みが嫌いなため、神社は彼女にとって最もリラックスできる場所である。
  • 好きな言葉は「最も崇高な芸術とは、人を幸せにすることだ。(P.T.バーナム)」「為せば成る」
  • 他人に管理されることをひどく嫌う性格と174cmの高身長という特徴により、古参ファンの”ひでさん”からライブ配信の中で「自由の女神🗽」のキャッチフレーズを頂いた。

主な活動[編集]

舞台[編集]

  • お茶の水女子大学ミュージカルカンパニーMMG(@m_c_mmg)において、男役として5舞台
    • 2013年
      • 11月 第22回徽音祭公演「マジシャンの憂鬱」ジグモンド役
    • 2014年
      • 4月 新入生歓迎公演「シャングリラ〜水の城〜」嵐(ラン)、欣欣(ヤンヤン)役
      • 11月 第23回徽音祭公演「愛するには短すぎる」フレッド・ウォーバスク役 ✳︎主演男役
    • 2015年
      • 4月 新入生歓迎公演「Shall We ダンス?」ミハエル役
      • 11月 第24回徽音祭公演「Paradise Prince」ケヴィン役 ✳︎演出
  • 2014年
  • 2016年
    • 8月 ミュージカルカンパニーすてっぷ1(@step1_musical) 「ZORRO マスクの下の涙」ルイス役
    • 11月 Fleur(@fleur_musical)旗揚げ公演 「Panier de Fleur 〜花がつむぐ物語〜」出演
    • 12月 ミュージカルグループMono-Musica(@mono_musica) 第11回公演「サランドラ-神官の娘-」カイゼル役[16]
  • 2017年
    • 3月 劇団ばんぶるびぃ「忍ぶ -くノ一忠臣蔵裏綴り-」くノ一 小糸役[17]
    • 6月 1110プロヂュース「コーヒーが冷めないうちに」清川二美子役[18]
    • 11月 ミュージカルグループMono-Musica(@mono_musica) 特別公演「サランドラ-神官の娘-」カイゼル役[19]
  • 2018年
    • 3月 Fleur第2回公演「Black&White」出演
    • 3月 リトミックミュージカル「赤ずきんちゃん」オオカミ役
    • 5月 体験型謎解きRPG「リビルド -再構築-」Z=SECURITY第一章 「ERROR CODE」人工知能アイ・ブラウン役
    • 8月 LIVEDOG GIRLS「エデンの空に降りゆく星唄」 湯川つぐみ役[20]
    • 11月 ゲイジュツ茶飯第8弾「楽GO‼︎THE・STORY」品川心中 お染役/眠れる男 女1役 [21]
    • 12月 川口市立戸塚小学校芸術鑑賞会 出演 脚本と朗読、歌と踊り
  • 2019年
    • 2月 LIVEDOG GIRLS「女優たちのための冬の夜の夢」 妖精王オーベロン役[10]
    • 3月 Fleur第3回公演「Original Bouquet」出演。第2部ヴォーカル担当。
    • 3月 とらいあんぐる音楽教室ミュージカルコース「魔法使いのたまごたち」黒い魔女役
    • 9月 LIVEDOGプロデュース 舞台「013」女囚サカキ役[12]
    • 12月 JPR BUFFプロデュース 舞台「Wells-魔女と夜明けの星-」 女性兵士ミリアル役[13]
  • 2020年
    • 2月 再演:体験型謎解きRPG「リビルド -再構築-」Z=SECURITY第一章 「ERROR CODE」人工知能アイ・ブラウン役[22]
    • 2月 ユニット「ジュエルモ」として、川口市立戸塚小学校芸術鑑賞会 出演 脚本と朗読、歌と踊り
    • 2月 ダンス・ミュージカル「お私立 花村学園」キックオフステージ 理科教師の花村蘭子役(2/27)[23]
    • 3月 LIVEDOGプロデュース 舞台「どのくらいエフェクト」女社長 橘樹里役(3/4-3/8)[24]
    • 5月 ダンス・ミュージカル「お私立 花村学園」本公演 花村蘭子役(5/16、5/17)★事情により降板[23]
    • 6月 舞台「六畳一間で愛してる」ヒロイン沙織里役 (6/24-6/29) [25]
  • 2021年
    • 1月 舞台「Juliet」A班主演 村井恵美役、B班出演 芹沢彩役 (1/7-1/11) [26]
    • 5月 2週に渡り、Zoomを使用した企業向けステージに斉藤ひかる氏と共演。
    • 7月 舞台「私を代わりに刑務所に入れてください」主役の妻・森田友紀奈役 (7/2-7/4) [27]
    • 8月 全曲生演奏ファミリーミュージカル『ひなた号の冒険』〜夢の描いたオリーブの木〜 保健の夕暮先生役 (8/28) [28]
    • 9月 T1project「ショートストーリーズ Vol.10 A.いま幸せです」 女医役 (9/8-9/20) [29]
    • 11月 ユニット「ジュエルモ」として、春日部市立幸松小学校 音楽鑑賞(校内音楽会)出演 (11/19) [30]
    • 11月 水澤心吾主演の朗読劇「愛やさしい嘘」長女かおる役 (11/29)
    • 12月 J'S STUDIO PRODUCE リーディングミュージカル&ライブ「To a new tomorrow / 8000メートルの愛」樋口杏子役 (12/20, 12/22)
  • 2022年
    • 3月 水澤心吾主演の朗読劇「恋におちて」出演 娘・佐藤美和役(3/8)
    • 5月 水澤心吾主演の朗読劇「恋におちて」出演 娘・佐藤美和役(5/1) 再演
    • 9月 T1project オリジナルミュージカル「PIANIST」 泉友香役(ダブルキャスト)(9/1-9/4) [31]

歌手[編集]

  • 2022年
    • 5月 T1project Members Live2 出演(5/22)

モデル[編集]

  • 2016年
    • 7月 Campus Collection Tokyo 2016 初代モデル ミスキャンパスコレクション ファイナリスト[7]
    • 9月 スタースカウト総選挙2016 ファイナリスト
    • 9月 JAPANMODELS2016 スカウトランウェイ出演
    • 10月 青山祭ファッションショー出演
    • 11月 エシカルファッションショー2016 出演
  • 2017年
    • 1月 Akiba Collection Vol.5 ファッションショー出演[6]
    • 2月 Tokyo Street Collection Vol.1 ファッションショー出演
    • 2月 ZENKO40周年記念ヘアショー コレクションモデル出演
    • 5月 Tokyo Street Collection Vol.2 ファッションショー出演[32]
    • 6月 ZENKOヘアショー コレクションモデル出演
    • 10月 ミスインターナショナル2018日本代表選出大会出場[8]
  • 2018年
    • 1月 Tokyo Africa Collection ファッションショー出演
    • 10月 SDGs共創女性文化祭 Graceful Japan 2018ファッションショー出演
  • 2020年
    • 5月 2020ミススプラナショナル Japan 関東大会ファイナリスト

インターネットライブ配信[編集]

  • 2019年
    • 1月 のぞみPプロデュース3期生イチナナライバー (エリカ_erika)[9]
  • 2020年
    • 4月15日 BIGOLIVE公式ライバーの認定を受け、プロとして活動を開始[14]
    • 11月30日 Pocochaライバーとして活動を開始
  • 2021年
    • 3月10日 Pocochaでの配信を終了。

ユニット[編集]

  • 2018年
    • 12月 Juermo(ジュエルモ)- 戸塚小学校の芸術観賞会のために、ピアノ奏者の奥田ななみと結成したユニット。毎年、恩師の校長先生に招かれ、2021年11月には幸松小学校でパフォーマンスを披露した。ユニット名は、フランス語で「言葉を奏でる」にちなんで付けたもの。

YouTube[編集]

  • 2017年
    • 10月 7日 Erika Sato 2017autumn ミスインターナショナル2018 [33]
    • 10月18日 Erika Sato 2017autumn [34]

映画[編集]

  • 2023年公開予定
    • 終末期医療を描いた映画「ぬくもりの内側」(田中壱征監督・脚本) 花火職人の妹役。撮影スタッフとしても参加した。
    • 沖縄本土復帰50周年記念映画「風が通り抜ける道」(田中壱征監督・脚本、沖縄県後援) 高山慶子役。撮影スタッフとしても参加した。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b CoRich舞台芸術! 佐藤絵里佳(サトウエリカ)演者プロフィール
  2. ^ 2020ミス・スプラナショナル・ジャパン関東大会ファイナリスト
  3. ^ 松山女子など埼玉県勢3校銀賞 全日本合唱コン
  4. ^ お茶の水女子大学公認サークル ミュージカルカンパニーMMGのお稽古日記
  5. ^ ミュージカルグループMono-Musica
  6. ^ a b akiba COLLECTION Vol.5
  7. ^ a b CAMPUS COLLECTION 2016 TOKYO[リンク切れ]
  8. ^ a b 2018ミスインターナショナル日本大会出場者プロフィール
  9. ^ a b イチナナライブ(エリカ_erika)[リンク切れ]
  10. ^ a b LIVEDOGS GIRLS 「女優たちのための 冬の夜の夢」
  11. ^ 田中壱征監督・脚本ヒューマンドラマ映画「ぬくもりの内側」
  12. ^ a b LIVEDOGS プロデュース 「013(ゼロイチサン)」
  13. ^ a b Wells-魔女と夜明けの星- | 演劇・ミュージカル等のクチコミ&チケット予約★CoRich舞台芸術!” (日本語). CoRich舞台芸術!. 2022年4月20日閲覧。
  14. ^ a b BIGOLIVE佐藤絵里佳
  15. ^ エデン神田で1日店長
  16. ^ 第11回公演「サランドラ-神官の娘-」
  17. ^ 劇団ばんぶるびぃ「忍ぶ -くノ一忠臣蔵裏綴り-」
  18. ^ コーヒーが冷めないうちに
  19. ^ 特別公演「サランドラ-神官の娘-」
  20. ^ LIVEDOG GIRLS「エデンの空に降りゆく星唄」
  21. ^ さひがしジュンペイのゲイジュツ茶飯第8弾
  22. ^ 体験型謎解きRPG「リビルド-再構築-」
  23. ^ a b 参加型ダンス・ミュージカル「お私立 花村学園」
  24. ^ LIVEDOGプロデュース「どのくらいエフェクト」
  25. ^ 両国・Air Studio「六畳一間で愛してる」
  26. ^ 東日本橋・A-Garage 舞台「Juliet」
  27. ^ 舞台「私を代わりに刑務所に入れてください」
  28. ^ かめありリリオホール ファミリーミュージカル『ひなた号の冒険』~ゆめの描いたオリーブの木~
  29. ^ T1project「ショートストーリーズ Vol.10 A.いま幸せです」
  30. ^ 春日部市立幸松小学校 音楽鑑賞(校内音楽会)
  31. ^ T1project オリジナルミュージカル「PIANIST」
  32. ^ Tokyo Street Collection Vol.2
  33. ^ Erika Sato 2017autumn ミスインターナショナル2018
  34. ^ Erika Sato 2017autumn

外部リンク[編集]