佐藤文香

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 文香(さとう あやか、1985年6月3日 - )は、日本俳人

略歴[編集]

兵庫県神戸市生まれ。父は国語学者愛媛大学教育学部教授の佐藤栄作。1997年、愛媛県松山市に転居。1998年より句作を開始。2002年、松山東高等学校在学中に第五回俳句甲子園にて団体準優勝、「夕立の一粒源氏物語」が最優秀句に選ばれる。2004年、早稲田大学に入学、早大俳句研究会に入会。また2006年1月より月刊俳句同人誌「里」に参加。2005年、上田信治、谷雄介とともに俳句ユニット「ハイクマシーン」を結成(2007年に谷が抜け、2012年に解散)。2006年、第二回芝不器男俳句新人賞にて対馬康子審査員奨励賞を受賞。

2008年、早稲田大学第一文学部日本文学専修卒業。第一句集『海藻標本』を出版。2009年、同句集により宗左近俳句大賞を受賞。2010年より太田ユリ、石原ユキオとともに「期間限定短詩系女子ユニットguca」を結成(2012年解散)。2012年、同人誌「鏡」入会。2014年、「クプラス」創刊編集人。同年に詩集『新しい音楽をおしえて』と第二句集『君に目があり見開かれ』を同時期に刊行する。

2017年、アンソロジー『天の川銀河発電所』を編集刊行。1968年以降生まれの現代俳人を「おもしろい」「かっこいい」「かわいい」の3カテゴリーに分けて紹介した。また2016年の『俳句を遊べ!』では、季語からの連想ゲームの方式で取り合わせの言葉を探る「打越マトリクス」という作句法を紹介している。

代表句に「少女みな紺の水着を絞りけり」(『海藻標本』)「手紙即愛の時代の燕かな」(『君に目があり見開かれ』)など。池田澄子に私淑、のち師事。

著書[編集]

単著

  • 第一句集 海藻標本(2008年、ふらんす堂
  • 詩集 新しい音楽をおしえて(2014年、マイナビ
  • 第二句集 君に目があり見開かれ (2014年、港の人)

共著

  • 新撰21(共著、2010年、邑書林)

編著

監修

出演番組[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]