佐藤文香 (社会学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 文香(さとう ふみか、1972年[1] - )は、日本社会学者一橋大学大学院社会学研究科教授。専門はジェンダー研究。第6回女性学研究国際奨励賞受賞。

略歴[編集]

慶應義塾大学環境情報学部卒業。同大学院政策・メディア研究科博士課程修了。日本学術振興会特別研究員ハーバード燕京研究所客員研究員などを経て、2015年より現職。2006年国際女性学会第6回女性学研究国際奨励賞受賞[2]

学歴[編集]

  • 1995年3月 慶應義塾大学環境情報学部卒業
  • 1997年3月 慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科修士課程修了
  • 2000年3月 慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科博士課程単位取得退学
  • 2002年12月 博士(学術)(慶應義塾大学)

職歴[編集]

著書[編集]

単著[編集]

訳著[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『策略 女性を軍事化する国際政治』(岩波書店、2006年)
  2. ^ [1]

外部リンク[編集]