池田澄子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

池田 澄子(いけだ すみこ、1936年3月25日 - )は、俳人。生活の周辺をややアイロニカルに眺めた口語(ないし口語的な)俳句を得意としている。代表句に「じゃんけんで負けて螢に生まれたの」など。角川俳句賞選考委員を務める。

神奈川県鎌倉市に生まれる。父の出征のため父の郷里である新潟県村上市に疎開し、1947年より結婚まで新潟市に育つ。新潟県立新潟中央高等学校卒業[1]。俳句をはじめた時期は遅く、たまたま目にした阿部完市の俳句に驚いて興味を持ち、1975年に堀井鶏主宰の「群島」に入会(のち同人。1987年廃刊)。1983年より三橋敏雄に私淑、のち師事し、三橋指導の「檣の会」に入会(2001年解散)。

1988年「未定」参加(1994年退会)。「船団の会」参加。同年8月、第一句集『空の庭』刊行、翌1989年、第36回現代俳句協会賞受賞。1995年「豈」参加。2006年、句集『たましいの話』で第7回宗左近俳句大賞受賞。その他の句集に『いつしか人に生まれて』『ゆく舟』『拝復』など、他にエッセイ集『あさがや草紙』、評論集『休むに似たり』などがある。

著書[編集]

句集[編集]

  • 空の庭(人間の科学社、1988年)
  • いつしか人に生まれて(みくに書房、1993年)
  • ゆく舟(ふらんす堂、2000年)
  • たましいの話(角川書店〈角川俳句叢書〉、2005年)
  • 拝復(ふらんす堂、2011年)
  • 思ってます(ふらんす堂、2016年)

選集など[編集]

  • 池田澄子句集(ふらんす堂〈現代俳句文庫29〉、1995年)
  • 自句自解ベスト100 池田澄子(ふらんす堂、2010年)

その他[編集]

  • 休むに似たり(評論集、ふらんす堂、2008年)
  • あさがや草紙(エッセイ集、角川学芸出版、2008年)
  • 兜太×澄子 - 兜太百句を読む(金子兜太との対談、ふらんす堂、2011年)

解説[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.441

参考文献[編集]

  • 池田澄子 『現代俳句文庫29 池田澄子句集』(ふらんす堂、1995年)
  • 坪内稔典ほか編『池田澄子百句』(創風社出版、2014年)

外部リンク[編集]