三橋敏雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

三橋 敏雄(みつはし としお、1920年11月8日 - 2001年12月1日)は、俳人東京都八王子市出身。実家は絹織物業であったが、家業が傾き進学を諦め、書籍取次の東京堂(後に取次部門は日本出版配給に吸収)で働きながら実践商業学校(現実践学園中学・高等学校)夜間部を卒業。1943年召集を受け横須賀海兵団に入団。戦後は1972年まで運輸省所属の練習船事務長として日本丸海王丸などに勤務した。

俳句は1935年、東京堂の先輩に勧められ社内句会に参加。1936年に「句と評論」「馬酔木」などに投句。1937年渡辺白泉の「風」に参加、白泉に師事し、新興俳句無季派の俳人となる。1938年「広場」同人となり、西東三鬼にも師事。1939年京大俳句」にも参加するが、新興俳句弾圧事件により終刊に追い込まれた。戦後は西東三鬼主宰の「断崖」、山口誓子主宰の「天狼」同人。同人誌「面」・「俳句評論」同人。1967年、第14回現代俳句協会賞受賞。1986年「壚坶(ローム)」監修。1989年「畳の上」で第23回蛇笏賞受賞。三橋敏雄に強い影響を受け私淑のち師事した俳人に池田澄子、沼尻玲子などがいる。

戦後も無季俳句の好題である戦争にこだわり続けた。代表的な句に「かもめ来よ天金の書をひらくたび」「いつせいに柱の燃ゆる都かな」(以上『まぼろしの鱶』所収)「戦争と畳の上の団扇かな」(『畳の上』所収)などがある。

著書[編集]

  • まぼろしの鱶 句集 俳句評論社 1966
  • 真神 三橋敏雄句集 端渓社 1973 のち邑書林句集文庫
  • 青の中 句集 コーベブックス 1977.3
  • 三橋敏雄全句集 立風書房 1982.2
  • 畳の上 句集 立風書房 1988.12
  • 海 三橋敏雄句集 1992.1 ふらんす堂文庫
  • 三橋敏雄 花神社 1992.9 花神コレクション
  • 三橋敏雄 自選三百句 春陽堂書店 1992.4 俳句文庫
  • 長濤 三橋敏雄句集 沖積舎 1993.4
  • しだらでん 三橋敏雄句集 沖積舎 1996.11
  • 長濤 三橋敏雄句集 沖積舎 1996.11
  • 三橋敏雄句集 粟津則雄編 芸林書房 2002.6 芸林21世紀文庫

参考文献[編集]

  • 『日本人名大事典』 講談社、2001年
  • 齋藤慎爾、坪内稔典、夏石番矢、榎本一郎編 『現代俳句ハンドブック』 雄山閣、1995年

外部リンク[編集]