pha

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
pha
誕生 (1978-12-31) 1978年12月31日(40歳)
日本の旗 日本 大阪府大阪市[1]
言語 日本語
教育 学士(総合人間学)
最終学歴 京都大学総合人間学部
活動期間 2012年 -
ジャンル 随筆
デビュー作 『ニートの歩き方』
公式サイト http://pha22.net/
テンプレートを表示

pha(ふぁ、1978年[2]12月31日[3][4] - )は、日本のブロガー、作家。元「日本一有名なニート[5][6]シェアハウスギークハウスプロジェクト」発起人[7]

略歴[編集]

大阪府大阪市出身[1]。1997年、「暇つぶしで[4]」「ゲーム感覚で[6]」受験勉強をした結果、大阪府立大手前高等学校卒業[1]後、京都大学総合人間学部入学[1][8]。翌年に京大熊野寮入寮[1][8]。この時の体験が後のギークハウスプロジェクトの着想に至る[3]

2003年、大学卒業から半年後[1]、国立大学職員[4]として就職。「いやいや社内ニートを続け[1]」ていた中、2006年7月、その就職先の部署異動に伴いタイバンコクに移住[4][9][10]。「さまざまな国の、さまざまな人の生き方[4]」に衝撃を受け、独学でプログラミングを学び、複数のウェブサービスを開設した[6]。2007年7月に大学を退職[11]し、東京に移住[1]。この間、「新しい住まいのあり方について考えるニートの会」を自称し、静岡県熱海市で格安の中古マンションを購入している(後に売却)[12]

2008年、東京都町田市でギークハウスプロジェクト「ギークハウス南町田」を開始[13]。2009年から、phaの生活を取り上げたテレビ番組が相次いで放映される(テレビ出演履歴は後述)。pha自身は2010年、「ギークハウス東日本橋」に転居[14]

2012年、初の著書『ニートの歩き方』を刊行(以降の著書は後述)。同年に伊藤洋志とともに和歌山県で一軒家を借り上げ、自分たちでリフォームをして共同の合宿所として使い始めたほか、livedoor Blogの「ブログ観光大使」としてタイのプーケットに派遣された[15]。2013年、35歳になり、統計上のニートの定義を外れたことと、収入や仕事が増え始めたことを理由として「ニート」の肩書きを使うのをやめる。2015年12月、東京都台東区のビル倉庫を借り受け、「ギークハウスZERO」と名付け、倉庫の中にテントを張って住み始める。

2019年4月末に、「あえて一人暮らしをする、ということのほうが自分にとって新しくてワクワクする」[16]として、ギークハウスを退去した。

人物[編集]

大学時代から短歌の作歌を続けている。2012年より、「しいか.com」で短歌の選者を務める。

著作[編集]

[17]

単著[編集]

  • ニートの歩き方――お金がなくても楽しく暮らすためのインターネット活用法(技術評論社、2012年)
  • 持たない幸福論――働きたくない、家族を作らない、お金に縛られない(幻冬舎、2015年)
  • しないことリスト(大和書房、2016年)
  • 移動時間が好きだ(幻冬舎plus+、2017年) - 電子書籍のみ
  • ひきこもらない(幻冬舎、2017年)
  • 人生にゆとりを生み出す知の整理術(大和書房、2017年)
  • 夜のこと(自主制作、2019年)

共著[編集]

  • フルサトをつくる――帰れば食うに困らない場所を持つ暮らし方(伊藤洋志共著 東京書籍、2014年)

関連書籍[編集]

  • インタビュー・対談
    • 前田隆弘『何歳まで生きますか?』(PARCO出版、2012年)
    • 家入一真『なめらかなお金がめぐる社会』(ディスカヴァー・トゥエンティワン、2017年)
  • 寄稿
    • 中島裕介『歌集 oval/untitleds』(角川学芸出版、2013年) - 栞文
    • 『「シェア」の思想/または愛と制度と空間の関係』(LIXIL出版、2015年) - 「フルサトをつくる」
    • 雑誌寄稿
      • PHPスペシャル 2016年1月号 「なくても結構生きられる」
      • 大武道 vol.2 「かっこよく死ぬ」
      • 小説新潮 2017年10月号 「消しゴムのかすを丸める」
      • Journalism 2018年9月号「普通から外れても生きていける浮世をサバイブするための10冊」

WEBメディア[編集]

連載
  • ギークハウスなう(Software Design 2010-2013年)
  • 毎日寝て暮らしたい(cakes 2013-2015年) [18]
  • 熊野MAKE日記(DMM.make 2015年)
  • 移動時間が好きだ(幻冬舎plus 2016-2017年) [19]
  • 現代ビジネス(2017年-)
  • phaのお悩み相談室(TURNS 2017年-)
  • 猫を撫でて一日終わる(幻冬舎plus 2017年-)
寄稿
  • 京都には世界の全てがあった(SUUMO 2016年7月7日)
  • 僕の精神安定のために手離せなくなった物たち(それどこ 2017年6月21日)

出演[編集]

テレビ[編集]

  • ザ☆ネットスター!(2009年12月4日、NHK BS2)
  • たけしのニッポンのミカタ! 「大人はもういらない! ニッポンは子供にまかせよう 前編」(2010年1月8日、テレビ東京)[20]
  • ザ・ノンフィクション #60「お金がなくても楽しく暮らす方法」(2014年7月14日、フジテレビ)
  • 僕らが考える夜 ♯6「お金がなくても幸せって本当ですか?」(2015年5月21日、フジテレビ)
  • ハートネットTV ブレイクスルー File.46 自分の幸せは、自分で決める ―ニートのカリスマ phaさん― [5] (2016年1月4日、ETV)
  • ザ・ノンフィクション #61 #62「会社と家族にサヨナラ…ニートの先の幸せ」 前後編(2017年6月18日、6月25日、フジテレビ)
  • 新世代が解く!ニッポンのジレンマ「働きたいのに働けない 若年無業のジレンマ」(2017年11月26日、ETV)

ラジオ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 働きたくない人に”. 2016年3月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年4月23日閲覧。
  2. ^ pha 国立国会図書館典拠データ検索・提供サービス
  3. ^ a b 「その日の気分ですることを決める」 有名ブロガーphaの生き方 :DANRO(ダンロ):ひとりを楽しむメディア”. 2019年6月10日閲覧。
  4. ^ a b c d e 京大卒ニート「ネット住民用シェアハウス」を設立した理由”. 2019年6月10日閲覧。
  5. ^ a b ブレイクスルー File.46 自分の幸せは、自分で決める ―ニートのカリスマ phaさん― - ハートネットTV - 2016年1月4日の放送 - NHK福祉ポータル ハートネット”. 2017年4月23日閲覧。
  6. ^ a b c 京大卒「日本一有名なニート」pha氏が説く幸せとは 『持たない幸福論』 - エキサイトニュース”. 2019年6月10日閲覧。
  7. ^ プロフィール / pha22.net”. 2017年4月23日閲覧。
  8. ^ a b 熊野寮の思い出 - phaの日記(2014年11月発行「京都大学熊野寮五十周年記念誌」寄稿文の再掲)”. 2017年4月23日閲覧。
  9. ^ 移住 - phaの日記”. 2017年4月23日閲覧。
  10. ^ ちきりん×phaの「そんじゃーダラダラと」(2):このボクが、“日本一のニート”を目指すことができたワケ (3/5) - ITmedia ビジネスオンライン”. 2017年4月23日閲覧。
  11. ^ 仕事をやめた - phaの日記”. 2017年4月23日閲覧。
  12. ^ ニートだけど別荘を買った - phaの日記”. 2019年6月10日閲覧。
  13. ^ ギークハウスプロジェクト”. 2017年4月23日閲覧。
  14. ^ ギークハウス東日本橋の住人募集中 - phaの日記”. 2019年6月10日閲覧。
  15. ^ 【公式ブロガー】「ニート日記」のphaさんの参加が決定しました : ブログ観光大使 公式ブログ”. 2019年6月10日閲覧。
  16. ^ シェアハウスをやめた - phaの日記”. 2019年6月10日閲覧。
  17. ^ phaの著書・寄稿など - pha22.net”. 2019年6月10日閲覧。
  18. ^ 毎日寝て暮らしたい|pha|cakes(ケイクス)”. 2017年4月23日閲覧。
  19. ^ pha<移動時間が好きだ> - 幻冬舎plus”. 2017年4月23日閲覧。
  20. ^ たけしのニッポンのミカタ! : テレビ東京”. 2019年6月10日閲覧。
  21. ^ ゴールデンラジオ”. 2019年6月10日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]