広島県立広島中学校・高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
広島県立広島中学校・高等学校
県立広島中・高等学校 Hiroshima Prefectual Hiroshima junior - senior high school - panoramio.jpg
国公私立の別 公立学校
設置者 広島県の旗 広島県
学区 広島県一円
校訓 高い知性 豊かな感性 強い意志
設立年月日 2004年
共学・別学 男女共学
中高一貫教育 併設型
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学期 3学期制
高校コード 34208E
所在地 739-2125
広島県東広島市高屋町中島31番地7
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

広島県立広島中学校・高等学校(ひろしまけんりつ ひろしまちゅうがっこう・こうとうがっこう)は、広島県東広島市高屋町中島にある県立中学校高等学校。略称は「県立広島」や「県広

概観[編集]

学校全体[編集]

県立の中高一貫のモデル校として2004年に開校した。現在の生徒数は中学校が477名(女子生徒315名)、高校が719名(女子生徒411名)(2011年5月1日時点)で県下最大の規模である。

なお、旧制広島高等学校広島大学総合科学部の前身校)との関連性はない。また、広島工業大学附属広島高等学校(現・広島なぎさ高等学校)も広島工業大学附属を冠せずに単に「広島高等学校」と称していた時期もあったが、こちらとの関連性もない。

寮があり、広島県内の全域から生徒が多く集まっている。

校訓[編集]

高い知性 豊かな感性 強い意志
  • 知性 : 確かな学力、科学的・論理的な思考力、的確な判断力、豊かな創造力・表現力
  • 感性 : 他人を思いやる心などの豊かな人間性、社会性や規範意識、多文化を理解する態度
  • 意志 : 困難を乗り越える精神力・体力、高い目的意識、責任ある行動力、自主的に学ぶ姿勢

教育方針[編集]

6年間の計画的・継続的な教育活動により幅広く深い教養と高い知性を培い、グローバル化時代において活躍することのできる人材を育成する。

教育目標[編集]

中学校

学習意欲を喚起し、基礎・基本の確実な定着を図るとともに国際感覚を培い、心豊かなたくましい人材を育成する。

高等学校

知性を高め、感性を磨き、意志を鍛える教育活動を通して、国際社会に貢献できる全人的な力を持った人材を育成する。

中期達成目標[編集]

  • グローバル化に対応した教育への満足度 80%以上
  • 生徒の授業満足度 85%以上
  • 難関国立大学合格者 50名以上 及び 広島大学合格者 40名以上

沿革[編集]

象徴[編集]

校章[編集]

広島の「ひ」を基本に、「翼」「広島県の木(花)モミジ」「未来に向かって輝く太陽」をイメージした造形を組み合わせている。 3つの翼は、3つの校訓を表し未来にはばたく生徒の姿をイメージしたデザインである。

校歌[編集]

  • 広島県立広島中学校・高等学校校歌

 ―小さな光を大きな夢に― (作詞・作曲 細川俊夫

  • 凌雲の志

この曲は設立当初の教頭が作詞、音楽教師が作曲を担当した、校訓や校風がよく表れた曲である。

制服・服装[編集]

制服[編集]

服装[編集]

    設立当初のジャージのカラーは濃い色から紫(青っぽい)、青(青緑っぽい)、あずき(よく言えばワインレッド)、水色、黄緑、ピンクである。 このカラーは在学中は変わらず、次年度は中学1年が前年度の高校3年のカラーを使用する。

  • 夏服は開襟のシャツである。男子はシャツをスラックスから出すことが許されず、女子はスカートにシャツを入れることが許されない。
  • 指定のベストでの登下校は可能だが指定のセーターでの登下校は不可である。
  • 女子は靴下が指定だが、破れやすい。すぐ色が落ちる。すぐゴムが緩くなる。女子が靴下をずらしているのは、このためだ。男子は指定でなく、白でも黒でもいい。
  • 女子は冬にタイツの着用が可能。しかし、その上から靴下を履く必要がある。
  • 衣替えがないため服装は各自が判断する。このため夏に上着を着たり冬に半袖で過ごすことも可能である。しかし、風邪を引きやすいので注意。儀式の際には統一する。

スローガン[編集]

2016年度よりスローガンとして「夢」「挑戦」「創造」が挙げられている。

特色[編集]

  • 中学・高校ともに、1時限50分授業である(2013年度から)。それまでは1時限55分授業であった。
  • 2017年度より、毎週水曜日は定時退校日として17時に生徒は完全下校しなくてはならない。(通常時の完全下校時刻は、中学生は18:15 冬季期間17:45、高校生は通年18:45である。)
  • 運動会では男子全員がニュージーランドの先住民、マオリ族の踊りである「HAKA」を上半身で踊る。ちなみに、マオリ語で校訓を叫んでいる。

体操はラジオ体操第二が行われる。(運動会・体育科の準備体操)

中学[編集]

  • 論理的思考力・表現力を養うための研究開発校(2007年度より三年間の指定)として、中学校に「ことば科」を設けている。「論理」と「ロジカル・コミュニケーション」(ロジコミ)がある。
  • 修学旅行は沖縄である。

高校[編集]

  • 高校3年次には総合的な学習で卒業研究という論文が課される。
  • 高校の体育の授業として弓道を必修としている。
  • 高校二年生の修学旅行はハワイである。2009年にはインフルエンザの世界流行のため、予定変更がなされ、北海道と東京の国内旅行になった。
  • 国公立大学合格率70%を目標にしている。結果は1期生が70%(五捨六入)、2期生が70%(切り上げ)であった。
  • 全員参加の英語スピーチコンテストが毎年行われている。

部活動[編集]

生徒5人と顧問を集め、教師の2/3以上の承認が必要。

運動部[編集]

文化部[編集]

最寄り駅[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]