西口有香

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
にしぐち ゆか
西口 有香
プロフィール
本名 同じ
愛称 ゆっきゅん
性別 女性
出生地 日本の旗 日本和歌山県海南市
誕生日 7月19日
血液型 A型
所属 TABプロダクション
配偶者 独身
活動
活動期間 1997年1月19日 -
デビュー作センチメンタルグラフティ』(七瀬優)
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

西口 有香は、日本女性声優舞台女優TABプロダクション所属。

来歴[編集]

和歌山県海南市出身。和歌山県立海南高等学校を経て國學院大學文学部日本文学科卒業。文学部1回生の1997年1月19日、『センチメンタルグラフティ』にてヒロインの一人、七瀬優役でデビュー。この時の審査員に当時、青二プロダクション所属だった神谷明がいた[1]

デビュー後の忙しい時期に、声優の仕事をやりながらアルバイト・大学でのサークル活動・学業などを全てこなしていた(本人談)。同作でデビューした同期に鈴木麗子岡本麻見牧島有希今野宏美岡田純子の6人組を通称「うさぎ組」と呼ぶ(当時の所属事務所はマーカス)。

また、元から決まっていたメンバー(青二組)には年齢順に上から鈴木麻里子米本千珠豊嶋真千子小田美智子前田愛満仲由紀子の6人(6人とも所属事務所は青二プロダクション。ただし、現在は小田を除く)がいて、全12人の総称を「SGガールズ」と呼ぶ。

現在の公式サイトは3代目であるが、初代[2]・2代目とは異なり、ブログ形式のサイトとなった。2014年7月19日の誕生日に公式サイトのリニューアルを予定していることを発表。本来は誕生日にオープンする予定でいたが間に合わなかったのだという。なお、2代目公式サイトは2016年6月上旬に閉鎖され、現存しない。2016年2月4日にTwitterを開始したことを発表[3]。2016年4月1日には3代目の公式サイトをオープンした。2017年10月16日にブログをameba公式ブログへとお引っ越しした。

人物・エピソード[編集]

  • 好きな酒は一ノ蔵から発売されている「すず音」という日本酒で、この酒だけは好んで呑んでいる[4]
  • 酒を呑みながら羊羹を食すことができるほどの甘党でもある[4]
  • SGガールズのメンバーの中では最年少。なお、配役の時点で未成年だったのは西口と満仲由紀子の2人だけである。
  • センチメンタルグラフティはデビュー作ということもあり、想い入れが強い。その「センチメンタルグラフティ」では、ヒロイン役を担当したSGガールズ全13人(岡田純子の後任である有島もゆを含む)の中で自身の担当するキャラと唯一イニシャルが一致する(Y.N. → Yuka.Nishiguchi. 、 Yu.Nanase.)。そのことをスペシャルドラマCD内で触れている。
  • 財津和夫から楽曲提供を受けたことのある数少ない声優の1人である[5]
  • 高校時代に第10回全国高等学校文芸コンクールの小説部門において優秀賞(全国3位)受賞経験があり[6]2005年7月13日付けの『読売新聞』夕刊においてインタビューを受けた記事が記載されている。
  • かつて出演していたラジオ番組『帰ってきたセンチメンタルナイト』で、実兄と16歳も離れていることを自ら公言している。
  • 自称「SGガールズのリーダー」
  • 大学時代に所属した学部が文学部、高校時代の部活動が文芸部、全国高等学校文芸コンクールで3位に入賞、漢字検定で3級に合格したことなどからも解かる通り、典型的な文系。その反面、理系には弱く、高校時代に125点満点の数学の試験でわずか4点だったことを自ら公言している[7]
  • 公式ブログ2014年1月20日投稿分の記述によると、鈴木麻里子と呑みに行った際、麻里子にセンチ20周年記念に何かやりたいと提案したという[8]。すると、麻里子からは「ゆっきゅんが企画してくれたら出来るよー」との回答を得た。しかし、小田美智子が引退しているうえに有香本人を含む5人が制作協賛企業であった青二プロダクションを退職しているため、有香本人も「大人のしがらみ」により難しいかもしれないと懸念している。
  • 頭髪の地毛は染めているかのようにみえるほどの茶髪である。
    • 中高生の頃、教師に「髪を染めている」と決めつけられ、肩身の狭い思いをさせられたことを今でも根にもっている。基本的には髪を染めない主義であるが、ほとんどの人に染めていると誤解される。故に染めていないようにみせるため、(主に舞台出演時の役作りとしてではあるが)例外として黒く染めることはある[4]
  • 寒いギャグを好んで遣っていた時期がある[9]
  • 20歳になったばかりの頃は酒が強く、全く酔わなかった[10]が、近年はそれほど呑まない[4]
  • 有香という名前は神社の神主によって名付けられた[11]
  • 母親を特に尊敬しており、母親のエピソードを語ることもある。しかし、父親について語ったことは無い。
  • 元来、控えめな性格であり、自身のことを謙遜して話す。
  • 特技は拳が口の中に入ること。
  • 鈴木麗子とは仲が良く、鈴木麗子の方が2歳年上であるにも拘らず「うららこ」と呼び捨てで呼んでいるほどである。
  • 通常の本職声優とは異なり、舞台での演劇活動(女優業)やイベント会場でのMC活動などに重点をおいているため、一般の地上波作品(テレビアニメアフレコ洋画吹き替え)への出演は極めて少ない。地上波での出演では深夜テレビに僅かに顔出しで出演したり、ナレーションボイスオーバー)を勤めることが稀にある程度。
  • 大学時代、同じゼミに浅野真澄がいた。
  • 特に『仰げば尊し! 〜キョーイクしましょ〜』と『お寺でポン! 〜精進しましょ〜』という舞台では2作共に橘 明日香(たちばな あすか)という同一役名で出演している。ただし、同一人物という設定ではなく、あくまで別人という位置づけである。また、『菊之丞一座殺人事件〜ミステリしましょ〜』では音羽あすかという役名である。
  • 所属事務所移籍に伴い、新サイトを2007年1月1日の夜に開設。その新サイトが2007年2月27日午後、深刻なサーバトラブルによって一時的に閲覧できないときがあった。
    • 2011年9月7日未明(9月6日深夜)、再び原因不明のトラブルによってサイトの閲覧が不可能となり、8日午前に復旧した。
  • 2代目の公式サイトは2016年1月1日に開設9周年[12]を迎えたが、サイト内において未だに「もうしばらくお待ちください。」となっている項目が存在する。既に使用されていないサイトということもあるが、西口によると、ブログ以外の更新に関してはサイトの作成者しかできない仕様になっており、それらも自ら更新するようにするには大掛かりなシステム改正が必要になるため、それらの手間を省くためにブログ更新時に近況と発表内容を全てブログに投稿する方針にしていたという。そのため「もうしばらくお待ちください。」と記載された項目が更新されることは最後まで無かった。なお、この公式サイトは現在も閲覧可能だが、既に使用を停止している。
  • かなり前から過眠症の自覚症状があることを公言しており、陽性の疑いありと診断されている。
    • 何処であろうと容易に眠れるという。
    • 睡眠時間の摂取量が長時間・短時間に関係なく、「同じように眠い」と公言している。
  • 『センチメンタルグラフティ』で共演した鈴木麻里子を尊敬している。
    • 彼女との共演は『センチメンタルナイト』(ラジオ)の「3年B組」や、『グラニュ・レイテッドハピネス』(ラジオ・ドラマCD・ドラマDVD)・『グラニュ・レイテッドハピネス2』(ラジオ)・翻訳(小学館プロダクション企画。鈴木は「Yellow」、西口は「White」を担当)と多い。
    • 鈴木と西口は、SGガールズの中では最年長と最年少の関係であり、それによって鈴木が西口を「年の離れた妹」的な形で可愛がっていたことによるものであり、そこからの縁で現在でも個人的に交流が深いという。
  • ウサギが好きで、ずっと飼っている。初代は「すずなり」、2代目は「まきびし」という、いずれも個性的な名前を名付けて飼育していたが、現在はいずれも亡くなっている。

所属経歴[編集]

養成所[編集]

東京アナウンスアカデミー 声優科[13]

プロダクション[編集]

  1. マーカス
  2. 青二プロダクション
  3. トライビート
  4. サンズコム(現・あむはうす[14][15]
  5. TABプロダクション

出演作品[編集]

太字はメインキャラクター。

テレビアニメ[編集]

1998年

2000年

2004年

2009年

2012年

時期不明

劇場アニメ[編集]

2005年

ゲーム[編集]

商業用の他、オンラインゲームを含む。

1998年

2000年

2001年

2002年

2003年

2008年

2009年

2011年

2012年

2013年

2014年

2015年

2016年

2017年

ドラマCD[編集]

2001年

2008年

ラジオ[編集]

舞台[編集]

上述のように、西口は地上波放送作品に出演する頻度は極めて少なく、主な活動路線は舞台演劇とゲーム作品である。

  • 櫂スタジオ K&Kカンパニー「さくらさくら」 清水ユリエ役
  • 青二ミュージアム 劇団ゆっきゅん 「HAPPY HOUSE」 芦屋シロミ役
  • 武蔵野芸能劇場 おしばい軍団もずくぁんず 「愛故にら・る・る」 柳沢舞子役
  • TACCS1179 劇団娯楽天国
    • 「仰げば尊し!~キョーイクしましょ~」橘明日香役[29]
  • カスタムプロジェクト マキビシステム
    • 「受付の女たち04」古川役
    • 「ミス・コン」大宮まどか
    • 「吹雪の山荘にて」 若月杏子
    • 「因習の村にて」兎倉夕貴

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『センチメンタルグラフティ ファーストウインドウ』の映像内で神谷が審査員として関わっている映像が収録されている。
  2. ^ あむ・はうす」(旧・サンズコム)所属時代まで使用。あむ・はうすは声優のマネージメントを主としておらず、畑違いであったことからTABプロダクションに移籍し、それに伴う形で2代目のサイトにリニューアル。本サイトは閉鎖され、現存しない。
  3. ^ 2月3日投稿分
  4. ^ a b c d 旧ホームページに本人が記載。
  5. ^ ドラマCD/DVDグラニュ・レイテッドハピネス』の主題歌「たとえば、春のしあわせのように」の作曲を提供された。ただし、ドラマCD/DVD内に収められる形で収録されている曲であるため、楽曲単体では発売されていない。
  6. ^ 公式サイトにも記載あり。
  7. ^ ただし、本人はいつ発言したか覚えていない。
  8. ^ 2014年1月20日投稿分
  9. ^ センチメンタルグラフティグラニュ・レイテッドハピネス時代。
  10. ^ センチメンタルナイト第51回(1997年12月22日)放送分にて本人談。
  11. ^ 西口有香の三度の飯より夢が好き☆〜続きはWEBで!〜』、第4回にて本人談。
  12. ^ 正式な開設は2007年1月1日だが、その直前である2006年12月中旬ごろからトップページなど、ごく一部分についてはプレ公開していた。
  13. ^ マーカス倒産後に青二プロダクションへ所属した際、今野宏美牧島有希等と共に青二塾(東京校II部)に入塾したとの情報もあるが、青二塾の出身者一覧には記載がなく、本人も公式サイト等に記載していない。
  14. ^ 声優のマネージメントを主としておらず、畑違いの向きがあったため、TABプロダクションに移籍する旨を公式ホームページ(初代)に記述していた。
  15. ^ 社名があむはうすに変更されてからも暫くの間は在籍した。
  16. ^ 動画工房の年別作品リストには制作記録の記載があるが、実際に劇場公開された作品なのか如何かは西口自身も「判らない」とコメントしている。
  17. ^ DVDブルーレイディスクなどでの製品化はされていない。
  18. ^ 「エンゲージナイツ」, 第2回「エンゲージナイツ ニコニコ生放送」に浅倉杏美さんの出演が決定。プレオープンβテストは5月16日にスタート 2013年5月14日閲覧
  19. ^ CHARACTER”. FLOWERS. 2014年1月5日閲覧。
  20. ^ CHARACTER”. FLOWERS. 2014年9月28日閲覧。
  21. ^ https://twitter.com/yukkyun_n/status/730014484035575808
  22. ^ http://www.gungnir.co.jp/lily/flowers4/
  23. ^ 翌2002年にはDVD版も発売されている。
  24. ^ a b 公式サイトprofile
  25. ^ タレント出演情報 TABプロダクション公式ブログより
  26. ^ タイトルの「3(三)」は、調布FMによる局放送だった第1段では「3」、WEBラジオによる投稿式アップ放送では「三」が正しい。
  27. ^ 2014年9月22日アップ分(第18回)を最後に停止しているが、TABプロダクションの公式見解では番組は継続中としている。
  28. ^ YouTubeにてアップする投稿式放送。放送する回によっては前・後半に別れている場合もある。試聴回数200回越えで番組が継続するサバイバル形式。前・後半に別れている放送回の場合、前・後半ともに視聴回数が200回を超える必要がある。
  29. ^ 同姓同名だが、全く別の役である。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]