犬村小六

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
犬村小六
誕生 1971年
宮崎県
職業 ゲームクリエイター小説家
活動期間 2004年 -
ジャンル ゲームノベライズライトノベル
代表作 とある飛空士への追憶
デビュー作 Remember11(ゲームノベライズ)
レヴィアタンの恋人(オリジナル)
公式サイト 橋の下の犬村 - ウェイバックマシン
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

犬村 小六(いぬむら ころく、1971年 - )は、日本ゲームクリエイターライトノベル作家である。

来歴[編集]

1971年、宮崎県に生まれる。早稲田大学政治経済学部卒。ゲームプランナーゲームシナリオライターとして『幻想水滸伝III』『THE EYE OF JUDGMENT』『プリンセスメーカー5』などの制作に参加する。

2004年エンターブレインファミ通文庫にてPlayStation 2ゲームソフトRemember11 -the age of infinity-』のノベライズ作品を刊行し、作家デビューする。同年のうちにゲームノベライズ作品を数作発表するも、2005年から2006年までの間、作家としての作品の発表がなくなる。

2007年、2年以上にわたる空白期間を経て、小学館ガガガ文庫より初のオリジナル作品である『レヴィアタンの恋人』シリーズの刊行を開始し、2008年には『とある飛空士への追憶』を発表、高い評価を得る(詳細は下記、もしくは当該作品の項を参照)。その後、後者も『とある飛空士への恋歌』『とある飛空士への夜想曲』『とある飛空士への誓約』とシリーズ化した。

2009年現在、ノベライズ作品の執筆は行わず、主にオリジナル作品の執筆活動を続けている。

現在は、故郷の宮崎に住んでいる[1]

評価[編集]

売れない期間が続いたが[2]2008年に刊行された代表作『とある飛空士への追憶』が大きな反響を呼び[3]、本人も「作者が恐れおののくほどの好判を得て」いるとコメントしている。amazonエディターからの評価も高く「2008年上半期、見逃せない1冊です。」と好評を得た[4]。『とある飛空士への追憶』は他メディアに展開しコミック化や[5]、劇場アニメーション化されたほか、「飛空士シリーズ」としてシリーズ化され、第2作「とある飛空士への恋歌」(2014年1月から3月にかけてテレビアニメが放送された)、第3作「とある飛空士への夜想曲」、第4作「とある飛空士への誓約」と、2015年11月までの7年間に渡って全4タイトル17冊を刊行した。

作品[編集]

ゲームノベライズ[編集]

オリジナル小説[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2011年12月28日放送JOY FMの『Ride on 5!!』内のインタビューで発言
  2. ^ まんたんブロード編集部「編集部座談 Mantan Editors discussion」、『新世紀エンタメ白書2009』、毎日新聞社、2009年1月、 133頁、 ISBN 978-4-620-79330-6
  3. ^ ガガガ文庫編集部 (2008年8月18日). “応援してくださる皆さんへ「ありがとう!!」”. ガガガ編集部ログ. 小学館. 2009年2月22日閲覧。
  4. ^ Amazon.co.jpメッセージ”. Amazon.co.jp. Amazon.com, Inc. 2009年2月22日閲覧。
  5. ^ ガガガ文庫編集部インフォメーション. “『とある飛空士への追憶』(著/犬村小六 イラスト/森沢晴行)が「ゲッサン」にて待望のコミック化!”. ガガガ文庫編集部インフォメーション. 小学館. 2009年12月7日閲覧。

外部リンク[編集]