あおやぎ孝夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
あおやぎ 孝夫
生誕 ????12月13日
日本の旗 日本東京都
職業 漫画家
ジャンル 少年漫画
代表作ここが噂のエル・パラシオ
受賞 第43回小学館新人コミック大賞入選(『フリーダム!』)
テンプレートを表示

あおやぎ 孝夫(あおやぎ たかお、197?年12月13日[1] - )は、日本の漫画家東京都出身[2]血液型はA型[1]

来歴・人物[編集]

『フリーダム!』で第43回小学館新人コミック大賞入選[3]。『ジョカトーレ〜フィールドを駆ける戦士たち〜』(『コミックGOTTA』)で連載デビュー[3]

早稲田生まれの早稲田育ちであり生粋の江戸っ子であるが、Wikipedia日本語版には2007年10月22日 (月) 17:51 の版以降、約2年間に渡って「埼玉県さいたま市与野(実在せず)生まれ(後にさいたま市見沼区生まれへ修正)。青森県五所川原市育ち。」との誤った情報が書き込まれていた。あおやぎ本人もそのことに気づいていたのだが「面白いのでそのままにしていた」そうである[2]

作画は女性漫画家のような繊細なタッチで描かれており、男性(少年)のキャラクターはセミロングヘアで美形に見えるものが多い。[独自研究?]ここが噂のエル・パラシオ』は、2011年10月7日からテレビ東京ドラマ24でドラマ化された[4]

作品リスト[編集]

連載[編集]

読切[編集]

  • KING〜フィールドの支配者〜(『週刊少年サンデー超』2001年3月25日号)
  • ハルの翼(『週刊少年サンデー超』2001年10月25日号)
  • ストリートボーダーハヤト(『別冊コロコロコミック』2002年2月号)
  • 背番号は○(『週刊少年サンデー』2002年15号)
  • 福原愛物語(『週刊少年サンデー』2004年36号)
  • カミロボ誕生物語(『週刊少年サンデー』2005年35号)
  • ひな!(『MAGAZINE ZERO』Vol.48 秋の超特大号)
  • タイトル不明(作画:あだち充、『ゲッサン』2015年1月号、「愛と勇気の…共同まんが♥」企画[8]) - 原作担当

アンソロジー[編集]

師匠[編集]

アシスタント[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b サンデー漫画家バックステージ あおやぎ孝夫」(インターネットアーカイブのキャッシュ)
  2. ^ a b 連載トピックス「横山裕二、代筆してみる。」”. 2009年11月12日閲覧。
  3. ^ a b “あおやぎ孝夫”. コミックナタリー (ナターシャ). https://natalie.mu/comic/artist/2520 2021年9月9日閲覧。 
  4. ^ “女子プロマンガ「ここが噂のエル・パラシオ」TVドラマ化”. コミックナタリー (ナターシャ). (2011年7月8日). https://natalie.mu/comic/news/52777 2021年9月9日閲覧。 
  5. ^ “ゲッサン5周年で企画続々!あおやぎ孝夫の新連載も始動”. コミックナタリー (ナターシャ). (2014年5月12日). https://natalie.mu/comic/news/116413 2021年9月9日閲覧。 
  6. ^ “「ハズレ赤魔道士」「転生隠者」コミカライズ2作がヤングドラゴンエイジで開始”. コミックナタリー (ナターシャ). (2020年9月28日). https://natalie.mu/comic/news/398282 2021年9月9日閲覧。 
  7. ^ “「錦田警部はどろぼうがお好き」新作がサンデーSに、錦田警部&ジャックのアクスタも”. コミックナタリー (ナターシャ). (2021年3月25日). https://natalie.mu/comic/news/421631 2021年9月9日閲覧。 
  8. ^ “あだち充ら参加のゲッサン合作企画、全貌発表”. コミックナタリー (ナターシャ). (2014年7月11日). https://natalie.mu/comic/news/121047 2021年9月9日閲覧。 
  9. ^ “マンガ版アイマス「ミリオンライブ!」全サがゲッサンで、3巻&アンソロも発売”. コミックナタリー (ナターシャ). (2016年1月12日). https://natalie.mu/comic/news/172167 2021年9月9日閲覧。 

外部リンク[編集]