デイヴィッド・ハミルトン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
デイヴィッド・ハミルトン、2011

デイヴィッド・ハミルトンDavid Hamilton, 1933年4月15日 - 2016年11月25日)はイギリス出身の写真家映画監督

来歴[編集]

ハミルトンはロンドンで育つが、学校教育は第二次世界大戦兵役で中断せざるを得なくなった。当時しばしば過ごしたドーセットの田舎は、後の作品に影響を与えた。戦後、ロンドンに戻り学校を卒業した。

彼の芸術的才能は、建築設計事務所で働く間に培われた。20歳でパリへ行き、ELLE誌のピーター・ナップ(Peter Knapp)の元でグラフィックデザイナーとして働いた。成功して名が知られるようになると、ロンドンのクイーン・マガジン(Queen Magazine)誌の美術監督として引き抜かれた。

やがてハミルトンはパリに戻り、パリ最大のデパートプランタン(Printemps)の美術監督となった。プランタン在職中に商業写真を撮影し始め、夢のようなソフトフォーカスの作品はすぐに成功をもたらした。

年齢が16歳を超えた少女の写真を撮ることに関心はないと語ったこともあるハミルトンは、少女らを被写体としたカレンダー写真や、ソフトフォーカスが特徴のエロチックな映画作品で最もよく知られている。

ハミルトンの写真は「Realites」「Twen」「Photo」のような雑誌でも需要が大きかった。1960代の終わりからハミルトンの作品は、個性的で他の作家と間違うことの無いようなスタイルになった。独特のソフトフォーカスによるヌード写真は日本でも人気があり、何人かのモデルの写真集を手がけた。

2005年、子どものわいせつ写真を所有していたとして有罪判決を受けた英国人の男が、ハミルトン氏の著作を所持していたことも明らかになった。検察当局は当時、そのうちの一部の写真は「わいせつとしか言いようがない」と指摘していた。

2016年、ハミルトンのモデルを未成年時に務めた女性4人が「性的暴行を受けた」と公表し、世間の注目が集まっていた。これについてハミルトンは「過去にも同様の訴えにさらされたものの容疑は既に晴れている」としてこれを否定し、逆に被害者を名乗る女性らを訴えるとコメントした。

2016年11月25日、フランス・パリの自宅で亡くなっているのが見つかった。情報筋の話では、死因は心不全で、遺体のそばに薬が見つかったという[1]。83歳だった。

写真集[編集]

  • Dreams of a Young Girl(1971)
  • Sisters(1973)
  • Souvenirs(1974)
  • Twenty-Five Years of an Artist(1993)
  • The Age of Innocence(1995)
  • A Place In The Sun(1996)
  • 風吹ジュン写真集 絹の風(1982)
  • 美保純写真集(別冊スコラ、1983)
  • 南麻衣子(1987)
  • 渡辺美奈代写真集(1992)
  • 城麻美写真集 HAREM(1995)

映画監督作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 写真家D・ハミルトン氏、遺体で発見 元少女モデルへの暴行疑惑で注目 - AFP 2016年11月26日付

関連項目[編集]

外部リンク[編集]