近藤圭子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
1953年

近藤圭子(こんどう けいこ 、1943年3月18日[1] - )は、日本の元童謡歌手女優

東京府(現・東京都)出身[1]精華学園女子高等学校卒業[1]

来歴・人物[編集]

7歳よりキングレコード専属作曲家であった山本雅之に師事し、1951年、「仔豚のラッパ」でデビュー[1]。1954年にキングレコード専属となり、のちに音楽文化研究家となる長田暁二が担当ディレクターに就き、過去の名作童謡の再レコーディングを行った[1]

その後、童謡歌手の中でもルックスが重要視され、「八頭身美人」として人気となり、雑誌『明星』などのグラビアに美空ひばり中村錦之助三橋美智也などのスターに並んで毎号登場するようになり、ブロマイドの売れ行きも好調であった[1]。1961年の高校卒業と前後して作曲家の飯田三郎に師事し歌謡曲を学び、童謡歌手からの脱皮を図る[1]。1962年の新聞のインタビュー記事では、前年にリリースした「白い花の思い出」の宣材用写真を気に入った一枚として挙げ、成長をアピールする半面で「大人になるのが怖い」と本音を述べている[2]

1965年に芸能界を引退[1]

[編集]

  • 仔豚のラッパ
  • 海ほおずきの歌(1955年)
  • パン売りのロバさん -『ロバのパン屋』移動販売車の音楽
  • 森の小人
  • ひまわりどけい
  • 南十字星の歌(『快傑ハリマオ』挿入歌)
  • 少女錦華の歌(『豹の眼』挿入歌)
  • 白い花の思い出

出演作品[編集]

映画[編集]

テレビ映画[編集]

  • 豹の眼 (1959年 - 1960年) - 錦華
  • 快傑ハリマオ(1960年 - 1961年) - れい子
  • 松本清張シリーズ・黒の組曲 / 結婚式(1963年) - 佐伯光子
  • バリ島への道

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 長田暁二 『童謡歌手からみた日本童謡史』 大月書店1994年11月1日、100-104頁。ISBN 427261066X
  2. ^ 『毎日新聞』1962年5月8日付夕刊、4面。