大塚勇三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大塚 勇三(おおつか ゆうぞう、1921年1月27日 - 2018年8月18日[1])は、日本の児童文学者翻訳家

満洲安東市(現・遼寧省丹東市)生まれ。東京帝国大学法学部卒業。1957年から1966年まで平凡社に勤め、瀬田貞二と出会い、米英、ドイツ、北欧などの児童文学の翻訳に携わる。特にアストリッド・リンドグレーンの作品をほとんど翻訳、アルフ・プリョイセンの「スプーンおばさん」シリーズ、ルーネル・ヨンソンの「小さなバイキング」などの翻訳が著名である。ほか自身で民話の再話絵本も執筆した。

2018年8月18日、死去。97歳没[1]

著書[編集]

翻訳[編集]

出典[編集]