オトフリート・プロイスラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

オトフリート・プロイスラー(Otfried Preußler、1923年10月20日 - 2013年2月18日)は、ドイツ児童文学者。代表作に『大どろぼうホッツェンプロッツ』『クラバート』など。本国ドイツをはじめ世界各国で多くの文学賞を受賞している。

チェコスロバキアリベレツで、共に教師であった両親の間に生まれる。第二次世界大戦中の1942年に学校を卒業、徴兵されドイツ陸軍へ入隊する。東部戦線へ従軍するが、少尉であった1944年に捕虜となり、その後5年間をエラブガなどタタール自治共和国内の数箇所の捕虜収容所で過ごす。

1949年6月に解放され、幸運にもバイエルン州ローゼンハイムで移住していた親族と、婚約者のアンネリース・キント(Annelies Kind)に再会、同年に結婚する。

1953年から1970年にかけて小学校の教師を務め、ローゼンハイムでは小学校長となる。この間に作家イラストレーターとしての才能が開花しており、子供に語って聞かせた物語のいくつかは後に文章化され、出版されている。

2013年2月18日、ドイツ南部のプリーン・アム・キームゼーの福祉施設で死去した。89歳没[1]

主な作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ オトフリート・プロイスラー氏死去=ドイツ児童文学作家”. 時事ドットコム. 時事通信社 (2013年2月20日). 2013年2月20日閲覧。