アルフ・プリョイセン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
アルフ・プリョイセン(1949年)

アルフ・プリョイセンAlf Prøysen, 1914年7月23日-1970年11月23日)は、ノルウェーの児童作家・歌手。「スプーンおばさん」のシリーズで知られる。

生い立ち[編集]

プリョイセンは、ノルウェーのヘードマルク県(Hedmark)リングサーケル(Ringsaker)に、3人兄弟の末っ子として生まれた。家庭が貧しく、幼少時から農場で働いた。学校へは行かなかったものの、空想力や歌唱力に富み、農村の祭などで自作の歌を披露し喜ばれた。

1945年には最初の短編集を出版し、また1949年の『電燈にとまったツグミ』はのちに映画化・ミュージカル化された。

プリョイセンの代表作となる「スプーンおばさん」シリーズは1956年にスウェーデン語版が、翌年ノルウェー語版が出版されたのが始まりである。これは世界18言語に訳され、やはり映画化された。日本では、1983年4月にアニメNHKにより放映されている。

プリョイセンは作家として名を成してからも歌謡を自作し続け、また各地の民謡を歌いに回った。

1970年、により56歳で死去。

「スプーンおばさん」シリーズ[編集]

スプーンおばさんは普通のおばさんに見えるが、時折(必要もないのに)身体がティースプーンくらいに小さくなってしまう。小さくなった時には動物と会話ができるおばさんの、幻想的な冒険を描く。

「小さくなる」ことが動物との意思疎通につながることから、スプーンおばさんを北欧伝説の妖精と同質視する分析もなされている[要出典]

  • ティースプーンくらいに小さくなるおばさん Kjerringa som ble så lita som ei te-skje (1957年)
  • ティースプーンおばさんのあたらしい冒険 Teskjekjerringa på nye eventyr (1960年)
  • おとぎの森のティースプーンおばさん Teskjekjerringa i eventyrskauen (1965年)
  • スプーンおばさんのゆかいな旅 Teskjekjerringa på camping (1967年)

アニメ版[編集]

NHKで放送されていたアニメの詳細は、スプーンおばさん (アニメ)を参照。

外部リンク[編集]