アルフ・プリョイセン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アルフ・プリョイセン(1949年)

アルフ・プリョイセン(Alf Prøysen, 1914年7月23日-1970年11月23日)は、ノルウェーの児童作家・歌手。「スプーンおばさん」のシリーズで知られる。

生い立ち[編集]

プリョイセンは、ノルウェーのヘードマルク県(Hedmark)リングサーケル(Ringsaker)[1]に、3人兄弟の末っ子として生まれた。家庭が貧しく、幼少時から農場で働いた。学校へは行かなかったものの、空想力や歌唱力に富み、農村の祭などで自作の歌を披露し喜ばれた[2]

1945年には最初の短編集を出版し[1]、また1950年の『電燈にとまったツグミ』(no:Trost i taklampa)はのちに映画化・ミュージカル化された[1]

プリョイセンは、1946年から[3]ノルウェーの国営ラジオ放送の番組「子どもの時間」で子どもたちに歌を歌い、語りかけ、人気を博していた[4][5]。代表作となる「スプーンおばさん」シリーズも、ラジオ番組をもとに作られ[6]、1956年にスウェーデン語版が、翌年ノルウェー語版が出版されたのが始まりである。これは世界18言語に訳され、やはり映画化された。日本では、1983年4月にアニメNHKにより放映されている。

プリョイセンは作家として名を成してからも歌謡を自作し続け、また各地の民謡を歌いに回った[2]

1970年、により56歳で死去。

作品[編集]

「スプーンおばさん」シリーズ[編集]

スプーンおばさんは普通のおばさんに見えるが、時折(必要もないのに)身体がティースプーンくらいに小さくなってしまう。小さくなった時には動物と会話ができるおばさんの、幻想的な冒険を描く。

神宮輝夫は「日常的なものが別な色合いをおびて感じられる点に、この空想物語の独創性がある」[7]と評価している。また、神宮[7]山内清子[4]は民話との親和性を指摘している。「小さくなる」ことが動物との意思疎通につながることから、スプーンおばさんを北欧伝説の妖精と同質視する分析もなされている[要出典]

ノルウェーではボルグヒル・ルー(Borghild Rud)の、スウェーデンではビョーン・ベルイ(Björn Berg)の挿絵がついている[5]。スウェーデン語版が英語版になり、日本語版にもビョーン・ベルイの挿絵が使われている[4]

  • ティースプーンくらいに小さくなるおばさん Kjerringa som ble så lita som ei te-skje (1957年)
  • ティースプーンおばさんのあたらしい冒険 Teskjekjerringa på nye eventyr (1960年)
  • おとぎの森のティースプーンおばさん Teskjekjerringa i eventyrskauen (1965年)
    • 大塚勇三 訳 『小さなスプーンおばさん』ビョールン・ベルイ、学習研究社、1966年。ISBN 4051046508NCID BN03773584 原書での1巻目から7編、2巻目から4編を収録[4]
      • 大塚勇三 訳 『スプーンおばさんちいさくなる』ビョールン・ベルイ、偕成社、1979年。 NCID BN11239217 第1話の絵本。
    • 大塚勇三 訳 『スプーンおばさんのぼうけん』ビョールン・ベルイ、学習研究社、1968年。ISBN 4051046575NCID BN11480286 原書の2巻目から5編3巻目から6編を収録[4]
  • スプーンおばさんのゆかいな旅 Teskjekjerringa på camping (1967年)
    • 大塚勇三 訳 『スプーンおばさんのゆかいな旅』ビョールン・ベルイ、学習研究社、1975年。 NCID BN1321696X 原書4巻目の全訳[4]

NHKで放送されていたアニメの詳細は、スプーンおばさん (アニメ)を参照。

その他の翻訳作品[編集]

  • 大塚勇三 訳 『しあわせのテントウムシ』ニルス・アース、岩波書店、1979年。 NCID BA32611030 1959年刊行の原書の短編9作品のうち6作品を訳した。
  • no:Geitekillingen som kunne telle til ti
    • 山内清子 訳 『10までかぞえられるこやぎ』林明子、福音館書店、1991年。ISBN 4834010538NCID BN07292409 
    • ひだにれいこ 訳 『10までかずをかぞえたこやぎ』ヴィヴィアン・ザール・オルセン、ワールドライブラリー、2015年。ISBN 9784908013416NCID BB24746712 
  • 「だめといわれてひっこむな」ストーリーテリング(素話)に使える作品として翻訳・紹介されている。
    • 『母の友』(1964年3月号)p66-68 「三歳の子どもに聞かせる話」「アルフ・プロイセン原作 瀬田貞二訳」と記載がある。
    • 東京子ども図書館 編 『おはなしのろうそく 9』東京子ども図書館、1980年。ISBN 9784885691089NCID BN08087926 
    • 東京子ども図書館 編 『だめといわれてひっこむな』5号、東京子ども図書館〈おはなしのろうそく(愛蔵版)〉、2001年。ISBN 9784885690549NCID BA5506072X 

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 『北欧からのおくりもの』国立国会図書館国際子ども図書館、2006年、78頁。ISBN 4875826362NCID BA77779712 
  2. ^ a b 大塚勇三「解説 アルフ=プリョイセンについて」 『小さなスプーンおばさん』学習研究社、1966年、162-166頁。 
  3. ^ 大塚勇三「訳者あとがき」 『しあわせのテントウムシ』岩波書店、1979年、85-86頁。 NCID BA32611030 
  4. ^ a b c d e f 山内清子「プリョイセン「スプーンおばさん」シリーズ--スプーンおばさんのみどころ」『日本児童文学』第28巻第4号、小峰書店、1982年4月、 48-49頁、 NAID 40002934625
  5. ^ a b 福井信子 (2006年7月15日). “北欧へのいざない 北欧の子どもの本と展示会の見どころ (PDF)”. 国立国会図書館国際子ども図書館. p. 12. 2019年10月4日閲覧。
  6. ^ 木村由利子「北欧の幼年童話」『日本児童文学』第28巻第4号、小峰書店、1982年4月、 24頁、 NAID 40002934615
  7. ^ a b 神宮輝夫 『世界児童文学案内』理論社、1963年、181頁。