サンダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

サンダは、映画『フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ』などに登場する架空の怪獣。

概要[編集]

映画『フランケンシュタイン対地底怪獣』に登場する巨人、フランケンシュタインの体細胞から誕生した怪獣。ガイラは弟とされるが、厳密に言えばサンダの体細胞から分裂したクローンである。

名前の由来は「山(さん)」から[1]。脚本での表記は「山フランケンシュタイン」[1]。海外での名称は「ブラウンガルガンチュア」となっている[1]

登場作品[編集]

『サンダ対ガイラ』に登場したサンダ[編集]

  • 身長:30メートル
  • 体重:1万5千トン

全身が茶色の体毛で覆われた巨人。人間に育てられたことから性質は温和であり、人間には危害を加えない。ガイラとは違って照明に近付くため、避難民が明かりを消すか消さないかで混乱するシーンがある。成長後は日本アルプス山中に潜む。人間から攻撃されるガイラを救出して当初は仲間として扱うが、ガイラが人間を捕食したことを知った後は決別する。その後、晴海埠頭でガイラの前に再び出現し、ガイラを説得しようとするが拒絶されたため、戦闘となる。最後は、共に海底火山の噴火に飲み込まれる。

  • デザイン:成田亨
  • スーツアクター:関田裕
  • 子供の頃のサンダ:小宮康弘[注 1](声:木下華声
  • 関田裕はこれが初の怪獣役(スーツアクター)である[1]
造形
子供時代も含め、頭部造形は利光貞三、胴体は八木勘寿、八木康栄による。「山の怪獣」ということで、体表が松かさ状になっている。全身の毛は麻を使用した。
子供時代のサンダは、演技者の表情を生かした特殊メイクに近い造形となっている。
台本では白い怪物とされていた[1]

『行け!ゴッドマン』に登場したサンダ[編集]

子供たちが遊んでいるところに、叫び声をあげつつ登場。ゴッドマンとの戦いの末、逃走しようとしたところをゴッドマン超音波により爆殺される。しかし、目的は子供たちと一緒に遊ぶことだった。

『行け!グリーンマン』に登場したサンダ[編集]

民家の公園に出現して子供たちをいじめるが、やってきたグリーンマンと戦い、敗れる。

その他の作品[編集]

  • 1966年に朝日ソノラマから発売されたソノシート『大怪獣戦 30怪獣大あばれ!!』に収録された「宇宙怪獣対地球怪獣」では、宇宙怪獣と戦う地球怪獣陸軍の1体として登場する[3]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ガイラを演じた中島春雄の著書『怪獣人生 元祖ゴジラ俳優・中島春雄』には、公開当時の素顔が掲載されている[2]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 『東宝特撮映画大全集』 ヴィレッジブックス2012年、106 - 109頁。ISBN 9784864910132 
  2. ^ 中島春雄 『怪獣人生 元祖ゴジラ俳優・中島春雄』 洋泉社2010年、350頁。ISBN 978-4-86248-589-2 
  3. ^ 『ゴジラ大辞典』 笠倉出版社2004年、284頁。ISBN 4773002921