トイ・ストーリーシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
トイ・ストーリーのロゴ

トイ・ストーリーシリーズ』は、ディズニーピクサー1995年に製作した『トイ・ストーリー』から始まる作品群である。

映画作品[編集]

トイ・ストーリー[編集]

シリーズ第1作である『トイ・ストーリー』(Toy Story)は、1995年11月22日に全米公開された。劇場公開映画としては史上初となる全編CGIの作品であり、興行面及び批評面で成功を収めた[1][2]2009年10月2日には、『トイ・ストーリー2』と合わせてディズニーデジタル3-D版が2週間限定の予定で公開され[3]、大ヒットしたために期間が延長された[4][5]

トイ・ストーリー2[編集]

シリーズ第2作の『トイ・ストーリー2』(Toy Story 2)は、1999年11月24日に全米公開された。第1作目から4年後の設定である。

トイ・ストーリー3[編集]

シリーズ第3作の『トイ・ストーリー3』(Toy Story 3)は、2010年6月18日に全米公開された。第1作目から10年後(つまり第2作目から6年後)の設定である。

トイ・ストーリー4[編集]

シリーズ第4作の『トイ・ストーリー4』は、2019年に全米公開予定である。

トゥーン[編集]

ハワイアン・バケーション[編集]

シリーズ初の短編作品の『ハワイアン・バケーション』(Hawaiian Vacation)は、2011年6月24日に『カーズ2』と同時上映された。第3作目のその後の物語である。

ニセものバズがやって来た[編集]

短編作品第2弾の『ニセものバズがやって来た』(Small Fry)は、2011年11月23日に『ザ・マペッツ』と同時上映された。 又、日本では2012年7月21日に『メリダとおそろしの森』と同時上映された。

レックスはお風呂の王様[編集]

短編作品第3弾の『レックスはお風呂の王様』(Partysaurus Rex)は、2012年9月14日に『ファインディング・ニモ 3D』と同時上映された。

トイ・ストーリー・オブ・テラー![編集]

ボニーは母と一緒に祖母の家に向かい、ジェシーたちは車の中でホラー映画を見ていた。 途中、車がパンクしてしまいモーテルに一泊することになったが、人々が寝静まった真夜中にオモチャたちは次々姿を消していった。

謎の恐竜ワールド[編集]

トリクシーやウッディたちを持ってメイソン家を訪れたボニーは、最新式のゲームに興味を示し、オモチャを放り出してしまう。そのまま放置されてしまったトリクシーたちは恐竜の戦士・バトルサウルスに出会う。

2016年3月2日にDVD、ブルーレイが発売。デジタル配信開始[6]

キャラクター[編集]

この作品における「おもちゃ」について[編集]

基本的にはどのおもちゃも人格を持ち、自分の意思で動いたり話したりすることができるが、単一パーツのブロックやボールのようなシンプルなおもちゃには人格がない。が、単一パーツであっても生物の形をしていれば自分で動くことができる。人間のような栄養補給は必要とせず、寿命がない。人間の前では動かないが、これは、全てのおもちゃに共通するルールで、人前では動いたり、人に動ける事を勘づかれてはいけないという掟がある(例外として1作目で悪童シドを懲らしめるためウッディがオモチャ達を指揮して動かし、3作目ではやはりウッディがアンディにメッセージを書き残す)、そのため、人目がつく場所や人が遊んでる時は動かないようにし、持ち主や人が部屋に戻っ来た時には定位置に戻る。ただし、身の危険を感じる場合は人目を盗んで動いたり、危険な定位置やポテトヘッドのようにパーツがバラバラの状態の場合はやむを得ず、違う場所に移動する事もある。おもちゃに装備されている機能には逆らうことができない。感覚の範囲は不明で、1ではウッディが背中のヒモをひっかけ、本人が気づかずにそれを伸ばしてしまったことがある。腕がもげても痛がったりせず、腕がもげたことに対するショックで叫んでいるだけなので、痛覚はあまりない様子。本体から分離されたパーツは動くことができないが、例外的にMr.ポテトヘッドは目や口だけのパーツで動くことができ(ただしそれだけで浮いて飛ぶようなことはできない)、そのパーツを自ら別の物体に挿し込めばその物体を体として扱うことができる模様(3より)[7]。おもちゃによって個体差はあるが、力は相当なもので、犬に対してドアで押し勝ったり、庭を挟んだ別の家にクリスマスツリーのライトを放り投げたりすることができる。

評価[編集]

興行収入[編集]

作品名 全米公開日 興行収入 歴代興収順位 製作費 出典
アメリカ アメリカ以外 全世界 アメリカ 全世界
トイ・ストーリー 1995年11月22日 $191,796,233 $170,162,503 $361,958,736 #110 #152 $30,000,000 [2][8]
トイ・ストーリー2 1999年11月24日 $245,852,179 $239,163,000 $485,015,179 #58 #76 $90,000,000 [9]
トイ・ストーリー1&2 3D 2009年10月2日 $30,702,446 $941,336 $31,643,782 #1,848 N/A N/A [10]
トイ・ストーリー3 2010年6月18日 $415,004,880 $648,167,031 $1,063,171,911 #13 #12 $200,000,000 [11]
シリーズ合算 $883,355,738 $1,058,433,870 $1,941,789,608   $320,000,000

レビュー[編集]

作品名 Rotten Tomatoes Meta Critic IMDb
トイ・ストーリー 100% [1] 92 [12] 8.1/10 [13]
トイ・ストーリー2 100% [14] 88 [15] 8.0/10 [16]
トイ・ストーリー3 99% [17] 91 [18] TBA

キャスト(声の出演)[編集]

原語版ではスタッフの声優起用が割と多く、脚本家のジョー・ランフトアンドリュー・スタントンの他に、3ではリー・アンクリッチ監督が登場する。

原語版[編集]

役名 声優名
トイ・ストーリー トイ・ストーリー2 トイ・ストーリー3
ウッディ トム・ハンクス
バズ・ライトイヤー ティム・アレン
ジェシー   ジョーン・キューザック
(『2』のヨーデル:メアリー・ケイ・バーグマン
レックス ウォーレス・ショーン
ハム ジョン・ラッツェンバーガー
ミスター・ポテトヘッド ドン・リックルズ
ミセス・ポテトヘッド   エステル・ハリス
スリンキー・ドッグ ジム・パーニー ブレイク・クラーク
ボー・ビープ アニー・ポッツ  
エイリアンたち
(リトル・グリーン・メン)
ジェフ・ピジョン
軍曹
(グリーン・アーミーメン)
R・リー・アーメイ
ウィージー   ジョー・ランフト  
バービー   ジョディ・ベンソン
レニー ジョー・ランフト  
プロスペクター   ケルシー・グラマー  
ザーグ   アンドリュー・スタントン  
ロッツォ   ネッド・ビーティ
ケン   マイケル・キートン
ストレッチ   ウーピー・ゴールドバーグ
Mr.プリックルパンツ   ティモシー・ダルトン
バターカップ   ジェフ・ガーリン
トリクシー   クリスティン・スカール
ドーリー   ボニー・ハント
チャッター・テレフォン   テディ・ニュートン
アンディ ジョン・モリス(『3』の幼少期:チャーリー・ブライト)
アンディのママ ローリー・メトカーフ
モリー ハンナ・アンクリッチ ベアトリス・ミラー
シド エリック・フォン・デットン   エリック・フォン・デットン
ハンナ サラ・フリーマン  
アル   ウェイン・ナイト  
修理屋   ジョナサン・ハリス  
ボニー   エミリー・ハント

日本語吹き替え版[編集]

役名 声優名
トイ・ストーリー トイ・ストーリー2 トイ・ストーリー3
ウッディ 唐沢寿明
バズ・ライトイヤー 所ジョージ
ジェシー   日下由美
レックス 三ツ矢雄二
ハム 大塚周夫
ミスター・ポテトヘッド 名古屋章 辻萬長
ミセス・ポテトヘッド   楠トシエ 松金よね子
スリンキー・ドッグ 永井一郎
ボー・ビープ 戸田恵子  
エイリアンたち
(リトル・グリーン・メン)
落合弘治(『2』:桜井敏治ほか)
軍曹
(グリーン・アーミーメン)
谷口節(『3』の部下:根本泰彦、綿鍋想)
ウィージー   佐古正人  
バービー   高橋理恵子
レニー 八代駿  
プロスペクター   小林修  
ザーグ   佐々木梅治  
ロッツォ   勝部演之
ケン   東地宏樹
ストレッチ   片岡富枝
チャターフォン   山路和弘
アンディ 市村浩佑 北尾亘 小野賢章
(幼少期:石坂彪流)
アンディのママ 小宮和枝
モリー 原語版流用 きゃさりん
シド 堀裕晶   不明
ハンナ 笠原清美  
アル   樋浦勉  
修理屋   佐々木梅治  
ボニー   諸星すみれ

ディズニーパークでのトイ・ストーリー[編集]

テーマランド[編集]

「トイ・ストーリー・プレイランド」 (Toy Story Playland)
フランスウォルト・ディズニー・スタジオ・パークのトゥーン・スタジオ内に、2010年8月17日にオープン。
「トイ・ストーリーランド」 (Toy Story Land)
香港香港ディズニーランドに、2011年11月18日にオープン。

アトラクション[編集]

バズ・ライトイヤーのアストロブラスター」 (Buzz Lightyear's Astro Blasters)
5つのディズニーパーク全てにあるシューティングアトラクション。内容は、アストロブラスターという光線銃でZマークを撃つというもの。パークによって名称が異なる。
なお上記とは別に、ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートのダウンタウン・ディズニー内にあるディズニークエストでは「バズ・ライトイヤーのアストロブラスター」という名前のアトラクションがあるが、カートに乗ったゲスト同士がゴムボールを当て合うという内容的には別物のものである。
トイ・ストーリー・マニア!」 (Toy Story MIDWAY MANIA!)
ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャーディズニー・ハリウッド・スタジオ東京ディズニーシーにある4-Dタイプのシューティングアトラクション。「バズ・ライトイヤーのアストロブラスター」とは違い、トイ・ストーリー全体をテーマにしており、的なども全て映像である他、当てると風などの特殊効果が出る的もある。内容は、ウッディやバズ達が作った様々なシューティングゲームを楽しむというもの。

トイ・ストーリーのテーマランド内にあるアトラクション[編集]

「RCレーサー」 (RC Racer)
ウォルト・ディズニー・スタジオ・パーク香港ディズニーランドにある、ローラーコースタータイプのアトラクション。トイ・ストーリーシリーズに登場する「RC」に乗り込み、ハーフパイプ状のコースを往復しながら垂直上昇・落下を繰り返す。アトラクションのテーマは、もしもRCがホットウィールのレールを走ったらというものであり、実際にレールもホットウィールをイメージしたものとなっている。
「トイ・ソルジャー・パラシュート・ドロップ」 (Toy Soldier Parachute Drop)
ウォルト・ディズニー・スタジオ・パークと香港ディズニーランドにあるアトラクション。映画に登場する「グリーン・アーミー・メン」のパラシュート降下訓練を擬似体験できる。足がぶら下がった状態のまま、25mの高さまで上昇・下降を繰り返す。
「スリンキー・ドッグのジグザグスピン」 (Slinky Dog Zig Zag Spin)
「スリンキー・ドッグ・スピン」 (Slinky Dog Spin)
ウォルト・ディズニー・スタジオ・パークと香港ディズニーランドにあるアトラクション。映画に登場する「スリンキー・ドッグ」の体のバネ部分に乗り、スリンキーが自分の尻尾を追いかけるように、時計回りに旋回しながら上下に動く。パークによって名称は異なるが内容は同じ。

レストラン[編集]

「ピザ・プラネット・アーケード」 (Pizza Planet Arcade)
ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートディズニー・ハリウッド・スタジオにあるレストラン。名前の通り、劇中に登場するピザ・プラネットの再現であり、ピザを販売している。
「スルーフットスーのダイヤモンドホースシュー」 (Slue Foot Sue's Diamond Horseshoe)
東京ディズニーリゾート東京ディズニーランドにあるレストラン。レストラン自体はトイ・ストーリーをテーマにしていないが、ランチショーの「ホースシュー・ラウンドアップ」では、ウッディ、ジェシー、ブルズアイが出演している。
「バズ・ライトイヤーズ・ピザ・プラネット・レストラン」 (Buzz Lightyear's Pizza Planet Restaurant)
ディズニーランド・リゾート・パリディズニーランド・パリにあるレストラン。上記の「ピザ・プラネット」同様、劇中に登場するピザ・プラネットの再現となっているが、こちらはビュッフェスタイルのレストランとなっている。

ショップ[編集]

「リトル・グリーン・メン ストア・コマンド」 (Little Green Men Store Command)
ディズニーランド・リゾートディズニーランドにあるショップ。バズ・ライトイヤーのアストロブラスターの出口と直結している。
「ミッドウェイ・マーカンタイル」 (Midway Mercantile)
ディズニーランド・リゾートのディズニー・カリフォルニア・アドベンチャーにあるショップ。トイ・ストーリー・マニア!の出口と直結している。「トイ・ストーリー・マニア!」関連のグッズを売っている。
プラネットM」 (Planet M)
東京ディズニーリゾート東京ディズニーランドにあるショップ。バズ・ライトイヤーのアストロブラスターの出口と直結している。
「スリンキー・ドッグのギフトトロリー」 (Slinky Dog's Gift Trolley)
東京ディズニーリゾートの東京ディズニーシーにあるショップ。「トイ・ストーリー・マニア!」と共に7月9日オープンした。

メディアミックス[編集]

テレビ[編集]

スペースレンジャー バズ・ライトイヤー[編集]

スペースレンジャー バズ・ライトイヤー(Buzz Lightyear of Star Command)は、バズ・ライトイヤーにスポットを当てたスピンオフ作品として2000年10月にアメリカで放送された。

トイ・ストーリー・オブ・テラー[編集]

トイ・ストーリー・オブ・テラー(Toy Story of Terror)は、2013年秋のハロウィンにアメリカで放送された、シリーズ初のホラー要素を取り入れた作品となっている。日本での放送は2014年7月21日からDlifeにて放送開始。

この他、2014年春にもタイトルは不明だが新たなスペシャルアニメが放送予定となっている。

コンピュータゲーム[編集]

16ビット時代に、映画第1作を原作としたゲーム『Toy Story』が、スーパーファミコンメガドライブゲームボーイパソコンで発売された。映画第2作目のときには、NINTENDO64プレイステーションドリームキャストで『Toy Story 2: Buzz Lightyear to the Rescue』が発売された。映画第3作目でも、DS等で発売予定。

テレビのスピンオフ版を原作としたゲームもゲームボーイカラー、プレイステーション、パソコンで発売された。

脚注[編集]

  1. ^ a b Toy Story (1995)”. Rotten Tomatoes. 2010年4月10日閲覧。
  2. ^ a b Toy Story (1995)” (英語). Box Office Mojo. 2010年4月10日閲覧。
  3. ^ Richards, Olly (2008年1月24日). “Toy Story Movies Going 3D”. Empire. http://www.empireonline.com/news/story.asp?NID=21856 2009年3月11日閲覧。 
  4. ^ Toy Story news” (2009年10月12日). 2009年10月12日閲覧。
  5. ^ David Chen (2009年10月12日). “Lee Unkrich Announces Kristen Schaal and Blake Clark Cast in Toy Story 3; Toy Story 3D Double Feature To Stay in Theaters”. 2009年10月12日閲覧。
  6. ^ トイ・ストーリー3』のその後…ウッディがクレヨンで恐竜に立ち向かう!”. シネマトゥデイ (2015年11月11日). 2015年11月11日閲覧。
  7. ^ 初期のMr.ポテトヘッドは目や口のパーツを本物のジャガイモに突き刺して人形にする玩具であり、本体は後から売り出された経緯がある。
  8. ^ “Steve Jobs' Amazing Movie Adventure Disney is Betting On”. CNNMoney.com. (1995年9月18日). http://money.cnn.com/magazines/fortune/fortune_archive/1995/09/18/206099/index.htm 2010年4月10日閲覧。 
  9. ^ Toy Story 2 (1999)” (英語). Box Office Mojo. 2010年4月10日閲覧。
  10. ^ Toy Story / Toy Story 2 (3D) (2009)” (英語). Box Office Mojo. 2010年4月10日閲覧。
  11. ^ Toy Story 3” (英語). Box Office Mojo. 2014年4月10日閲覧。
  12. ^ Toy Story”. Meta Critic. 2010年4月10日閲覧。
  13. ^ Toy Story (1995)”. Internet Movie Database. 2010年4月10日閲覧。
  14. ^ Toy Story 2 (1999)”. Rotten Tomatoes. 2010年4月10日閲覧。
  15. ^ Toy Story 2”. Meta Critic. 2010年4月10日閲覧。
  16. ^ Toy Story 2 (1999)”. Internet Movie Database. 2010年4月10日閲覧。
  17. ^ Toy Story 3 (2010)”. Rotten Tomatoes. 2010年7月2日閲覧。
  18. ^ Toy Story 3”. Meta Critic. 2010年7月2日閲覧。

外部リンク[編集]