サル・ミネオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
サル・ミネオ
Sal Mineo
Sal Mineo
本名 Salvatore Mineo, Jr.
別名義 The Switchblade Kid[1]
生年月日 (1939-01-10) 1939年1月10日
没年月日 (1976-02-12) 1976年2月12日(37歳没)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニュー・ヨーク州ニュー・ヨークブロンクス
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州ウェスト・ハリウッド
身長  172.72cm (5’8″)
職業 俳優

サル・ミネオ(Sal Mineo, 1939年1月10日 - 1976年2月12日)は、アメリカ合衆国出身の俳優で、本名はサルヴァトーレ・ミネオ・ジュニア (Salvatore Mineo, Jr.)である[2]。1955年の映画『理由なき反抗』のプレイトウ役で知られていて、『理由なき反抗』と『栄光への脱出』の2作品で、アカデミー助演男優賞に2度ノミネートされている。

経歴[編集]

初期のキャリア[編集]

サル・ミネオはブロンクスで生まれた。両親は棺メーカーであり、父はイタリアシチリア島から移住してきたサルヴァトーレ・ミネオ・シニアで、母はイタリア系であるがアメリカ合衆国生まれのジョセフィーンである[3][4]。母は早くからミネオに演技とダンスの学校で学ばせていた [5]。ミネオが最初にステージに登場したのは1951年で、テネシー・ウィリアムズの『バラの刺青』のサルヴァトーレ役であった[6]。そして次は、ユル・ブリンナーが出演するミュージカル作品、『王様と私』でのチュラロンコーン王子としての出演であった。ユル・ブリンナーは、ミネオの俳優としてのキャリア向上への助力者となった[7]

ミネオは8歳でストリート・ギャングに加わっていて、10歳のときに強盗の容疑で逮捕されたことがあった。判事は両親に、ミネオが少年院に入るか、アカデミーでダンスや歌の授業を続けさせるかとの提案をして、一家はアカデミーでの授業の継続を選択した[8][9]

ミネオがテーンエイジャーのころに、ABCで放映していた、音楽クイズ番組『Jukebox Jury』の1953年-1954年シーズンに出演した。また、1955年にジョセフ・ペヴニー監督の『六つの橋を渡る男』で映画でのデビューをする前にも、いくつかのTV出演をしていた。この『六つの橋を渡る男』での役は、クリント・イーストウッドとオーディションで競ったものだった[10]。またミネオは、チャールトン・ヘストンが出演した1955年の映画『ベンソン少佐の個人的な戦争』に、オーディションを受けたうえでシルヴェスター役で出演した[11]

『理由なき反抗』以降のキャリア[編集]

ミネオは、1955年のジェームズ・ディーンがジム・スターク役で出演した映画、『理由なき反抗』で、繊細なプルトウの役を演じてブレイクした[6]。ミネオの演技は、アカデミー助演男優賞にノミネートされて、人気が急速に高まっていった。ミネオの伝記の著者ポール・ジェファーズは、「若い女性のファン達から何千ものファン・レターを送られて、公に姿を現した時には彼女達に取り巻かれた」そして、「ハリウッドとニュー・ヨークで、常に美人とデートしていた」と述べている[7][12]

1956年の映画『ジャイアンツ』でミネオは、第2次世界大戦で亡くなったメキシコの少年、アンヘル2世の役を演じた。しかし、その後の役のほとんどは『理由なき反抗』で演じたプルトウ役のヴァリエーションで、トラブルを抱えたティーンのタイプキャストであった[13]。1958年のディズニー映画『最後の一人まで』では、ミネオはホワイト・ブルの役で登場し、トンカという名前の、澄んだ目をした荒い気性の野生の馬を、捕らえて飼いならしたスー族の一員を演じた。トンカというのは、リトル・ビッグホーンの戦いで唯一生き延びた、有名なコマンチ族の1人の名前に由来している。

ダグラス・ブロードは著書、『Multiculturalism and the Mouse: Race and Sex in Disney Entertainment』の中で、「ミネオは、ホワイト・ブルの役で、再びホモセクシャルの背後の意味に形を与えた」と記述している。ミネオは1950年代の終わりには、時には、映画『暴力の季節』からの名前、"Switchblade Kid"で呼ばれたメジャーな有名人であった[7]

1957年に、ミネオは、少しのシングルとアルバムでポップ・ミュージックの世界に容易に進出した。2曲のシングルは、Billboard Hot 100のTop 40に入り、"Start Movin'(In My Direction)"は最高位9まで上昇し、100万枚を超えた売り上げでゴールド・ディスクに認定された[14][15]。また1958年のドン・ウェイス監督による映画『ジーン・クルーパ物語』には、スーザン・コーナージェ-ムズ・ダーレン、そしてスーザン・オリヴァーと共にジーン・クルーパ役で出演した。1957年のクイズ番組『What's My Line?』にドラムスが趣味であるとして、チャレンジャーへの特別ゲストとして登場した[16]

ミネオはタイプキャストから抜け出そうとして努力した。確かな演技とエキゾチックで整った容貌で、『最後の一人まで』でのネイティブ・アメリカンの少年、『ジャイアンツ』でのメキシコの少年、再びアカデミー助演男優賞にノミネートされたオットー・プレミンジャー監督の1960年の映画『栄光への脱出』で、ホロコーストを生き延びたユダヤ人少年に配役されていて、それぞれの役を演じていた。この『栄光への脱出』でのドヴ・ランダウ役ではゴールデン・グローブ賞助演男優賞を受賞した。

キャリアの低迷[編集]

1960年代初頭には、ミネオは、今までに有名になっていたタイプの役柄を演じるには、年齢が上であったし、同性愛者であるという噂は、主役には適切ではないとみなされていた。一例としては、デイヴィッド・リーン監督の1962年の映画『アラビアのロレンス』のオーデションを受けたが、採用されなかった[17]。またミネオは1962年の映画『史上最大の作戦』に、サン・メール・エグリーゼ上陸後にドイツ兵に殺された一等兵の役で出演した。

ミネオは突然の人気の低迷に悩まされていて、「1分の間に、自分の手に余るオファーが来たと思えたものだったが、次の瞬間には、もう誰も自分を望んでいなかった」と後に語っている。この次期に重要だった映画は、1962年の『偉大な生涯の物語』のユーライア役での出演だった。また、1965年『パティ・デューク・ショー』の2シーズンでドン・ウェイス監督の"Patty Meets a Celebrity"のエピソードでセレブとしてのTV出演が行われた。

ミネオのキャリアを復活させるために、フランシス・フォード・コッポラの家の前の芝生にキャンプをしようという話があった。実際に1972年のゴッドファーザーでフレド・コルレオーネの役を得るチャンスがあったが、その役はジョン・カザールが演じることになった。ミネオは、1964年から、ABCのTVシリーズ『コンバット!』のエピソードに登場した。殺人を好むGIの役と、フェルナンド・ラマスとの共演を含めて、全3話にゲスト出演していた[18]

1965年の映画『Who Killed Teddy Bear?』で、ミネオはジュリエット・プラウズと共演した。ミネオが演じたローレンスはストーカーで、助けになるようには見えなかったが、その演技は批評家から高く評価されて、ミネオはこの役で、自分の新しい、危険な犯罪者のタイプキャストを見つけた。ミネオはその後も、このキャラクターのからの影響を無視できなかった。彼のキャリアの最後の1つはチャールズ・マンソンと同様のカルト・リーダーを演ずる、1975年のTVシリーズ『特別狙撃隊S.W.A.T.』でのゲスト出演だった。

1969年にミネオはL.A.で、LGBTがテーマの演劇『Fortune and Men's Eyes』のプロデフュースと演出をするためにステージに戻った。当時は無名だったドン・ジョンソンをスミッティに起用してミネオはロッキーを演じた。この劇は、1967年の初演では、ステージ上で演じられることのなかった刑務所でのレイプ・シーンを、ステージ上で演じられるヌードを含んだ演出に変更したため、おおむね肯定的な評価を受けたが、レイプ・シーンは度が過ぎていて無意味であると批判された。

1970年、ミネオはボザール・アーツ・ボールのキングに選ばれ、そのクイーンがマドレーヌ・ル・ルーだったので、2人は一緒に出席した[19]

ミネオの最後の映画である1971年の『新・猿の惑星』では、チンパンジーのマイロ博士の役で出演した。

1975年、ミネオは、NBC-TVの『刑事コロンボ』のエピソード「ハッサン・サラーの反逆」に、殺害された中東の国の総領事の事件で、その助手であるラックマン・ハビーブとして出演した。このエピソードは、サイレント映画の伝説となっているハロルド・ロイドの遺産であるグリーン・エーカーズですべて撮影された。撮影の直後に、このグリーン・エーカーズは12のロットに細分化されて売却された。ミネオはまた1968年と1975年に、Tvシリーズ『ハワイ5-0』の2つのエピソードに出演した。

私生活[編集]

ミネオは女優のジル・ハワースと『栄光への脱出』で出会って、2人は若い恋人同士を演じた。ミネオはこの役でゴールデン・グローブ賞を受賞し、アカデミー最優秀助演賞にノミネートされた。ミネオとハワースは何年もの間、結婚を目的とした婚約関係にあって、オンとオフを繰り返していた。しかし、ハワースはミネオがボビー・シャーマンと特別な関係にあったのを知って、婚約を取り消した。それでも2人は、ミネオの死まで変わらない友人関係を保っていた[20][21]

ミネオは、ハワースとTVプロデューサーのアーロン・スペリングとの関係に不満を持っていた。ハワースは20歳、スペリングは42歳で、短い間の関係だったが、ある夜ミネオがハワースとスペリングがベヴァリー・ヒルズのナイトクラブに個人的に居合わせたの見つけて、歩いていってスペリングの顔にパンチをあびせて、「彼女は何歳か知っていますか?あなたの年齢で?」と言ったと話している[20]

1972年のボーズ・ハドリーとのインタヴューで、ミネオは自身のバイセクシュアルについてハドリーと議論を交わした[22]。ミネオの死までの6年間、俳優のコートニー・バー3世とは特別な関係にあって、生活を共にしていたとのことである[20][23]

マイケル・G・ミショーはミネオの伝記を書いていて、ハワースとの関係とバーとの関係の、大部分の情報を得ることが出来た。彼の伝記では、ミネオはティーン・アイドルだったボビー・シャーマンとは性的関係があったが、ジェームズ・ディーンドン・ジョンソンと性的な関係はなかったと主張している。ジョンソンとミネオはルームメイトとして友人関係になっていた。またミネオはティーン・アイドルのデイヴィッド・キャシディとも親しい友人同士だった[20][24]

ミネオは死後にゲイのアイコンになっている。ミネオ自身がバイセクシュアルであると言っているにもかかわらず、主にLGBTコミュニティ内では、何人かがミネオをホモセクシュアルに位置付けていて、ハワースとは親しい友人であって偽装された関係("his beard")であったと主張している[22][25]。ミショーはこれを否定して、ミネオとハワースの関係は正常な異性関係であって、ミネオはハワースに恋をして、人生の中で最も重要な人物とみなしていた、と述べている。

突然の死[編集]

ミネオの俳優としてのキャリアは変化していた[26]。コメディ作品『P.S. Your Cat Is Dead』を1975年にサン・フランシスコで上演して、この作品でミネオが演じたバイセクシャルな強盗ヴィトーの役が好評だった。そこで1976年2月20日から、今度はLAウエストウッド・プレイハウスでの上演が計画されていて、ミネオは同じ役での出演が予定されていた。

1976年2月12日に、この作品のブロードウェイ公演のキャストであったキア・デュリアとのリハーサルを終えて、ウェスト・ハリウッドのサンセット・ストリップから1ブロック離れたアパートに、シェヴェルを運転して帰って来て、アパート裏の駐車場で車から降りたところを刺されて亡くなった[27][28]。ミネオが叫び声をあげて、犯人が逃げていったので1度刺されただけであったが、ナイフの刃が心臓に達していたため、それが致死傷となった。

ミネオ自身もゲイだと疑われていて、住んでいたウエスト・ハリウッド一帯がゲイ・タウンであったため、そのセクシャリティやドラッグなどの、多くの憶測がなされ、事件の早急な解決は難しかった[29]

2年経って、妻の証言を契機としてピザの配達員でアフリカ系のライオネル・レイ・ウィリアムズが、ミネオを殺したとして逮捕された。ウィリアムズはミネオの殺人と、同じ地域での10件の強盗を行っていたとして、1979年3月に57年の懲役刑を宣告された[30]

ミネオが殺害された夜は暗闇の中だったので、ウィリアムズはミネオが誰であるか全く知らなかったと主張し、目撃者の証言にはかなりの混乱があった。また、ウィリアムズはモート・ハーバートによって弁護されていた。しかし、ミシガン刑務所の受刑者であったウィリアムズは、同性愛者を殺したという仲間の囚人たちに自慢していて、「ウィリアムズは殺傷時には分かっていた」と、後に刑務官は証言した[31]。ウィリアムズは1990年に仮出所したものの、その後も犯罪を起こして、また逮捕されている[32]

ニュー・ヨークでの葬儀の後、ミネオの遺体はホーソーンにあるゲ-ト・オブ・ヘヴン・セメタリーで、父の墓の隣に埋葬された[33]

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  • "Start Movin' in My Direction" (1957 - Epic Records)
  • "Love Affair" (1957 - Epic Records)
  • "Lasting Love" (1957 - Epic Records)
  • "Party Time" (1957 - Epic Records)
  • "Seven Steps to Love" (1958 - Epic Records)
  • "Cuttin' In / Little Pigeon" (1958 - Epic Records)
  • "Baby Face" (1958 - Epic Records)
  • "Make Believe Baby" (1959 - Epic Records)
  • "Young as We Are" (1959 - Epic Records)

アルバム[編集]

  • "Sal" (1958 - Epic Records)

出演作品[編集]

映画作品[編集]

公開年 題名
原題
役名
原表記
備考
1955 六つの橋を渡る男
Six Bridges To Cross
ジェリー(少年)
Jerry (boy)
(Screen début)
ベンソン少佐の個人的な戦争
The Private War of Major Benson
シルヴェスター
Cadet Col. Sylvester Dusik
理由なき反抗
Rebel Without A Cause
プレイトウ
John "Plato" Crawford
1956 暴力の季節
Crime In The Streets
ベイビー
Angelo "Baby" Gioia, a.k.a. Bambino
傷だらけの栄光
Somebody Up There Likes Me
ロモロ
Romolo
ジャイアンツ
Giant
アンヘル2世
Angel Obregón II
Rock, Pretty Baby Angelo Barrato
1957 Dino Dino Minetta
The Young Don't Cry Leslie "Les" Henderson
1958 最後の一人まで
Tonka
ホワイト・ブル
White Bull
1959 A Private's Affair Luigi Maresi
ジーン・クルーパ物語
The Gene Krupa Story
ジーン・クルーパ
Gene Krupa
1960 栄光への脱出
Exodus
ドヴ・ランダウ
Dov Landau
ゴールデン・グローブ賞 助演男優賞 受賞
1962 史上最大の作戦
The Longest Day
"マティーニ"一等兵
Pvt. Martini
ザーレンからの脱出
Escape From Zhrain
アハメド
Ahmed
1964 シャイアン
Cheyenne Autumn
レッド・シャツ
Red Shirt
偉大な生涯の物語
The Greatest Story Ever Told
ユーライア
Uriah
1965 Who Killed Teddy Bear? Lawrence Sherman
1969 ジャワの東
Krakatoa, East of Java
レオンカヴァッロ・ボルゲーゼ
Leoncavallo Borghese
80歩大行進
80 Steps to Jonah
ジェリー
Jerry Taggart
1971 新・猿の惑星
Escape from the Planet of the Apes
マイロ博士
Dr. Milo

TV作品[編集]

放映年 題名
原題
役名
原表記
備考
1952 The Vision of Father Flanagan Les TV Movie
A Woman For The Ages Charles TV Movie
1953 Omnibus Paco "The Capitol of the World"
1954 Janet Dean, Registered Nurse Tommy Angelo "The Magic Horn"
1955 Big Town "Juvenile Gangs"
Omnibus "The Bad Men"
The Philco Television Playhouse "The Trees"
Frontiers of Faith "The Man on the 6:02"
1956 Look Up and Live "Nothing to Do"
The Alcoa Hour Paco "The Capitol of the World", "The Magic Horn"
Westinghouse Studio One "Dino"
Look Up and Live "Nothing to Do"
Lux Video Theatre "Tabloid"
Screen Directors Playhouse "The Dream"
Climax! Miguel "Island in the City"
1957 エド・サリヴァン・ショー
The Ed Sullivan Show
ミネオ本人
Himself
Episodes 10.42, 10.48
Kraft Suspense Theatre Tony Russo "Barefoot Soldier", "Drummer Man"
Kraft Music Hall Himself Episode 10.8
1958 The DuPont Show of the Month Aladdin "Cole Porter's Aladdin"
Pursuit Jose Garcia "The Garcia Story"
1959 The Ann Sothern Show Nicky Silvero "The Sal Mineo Story"
1962 The DuPont Show of the Week Coke "A Sound of Hunting"
1963 The Greatest Show on Earth Billy Archer "The Loser"
1964 Kraft Suspense Theatre Ernie "The World I Want"
Dr. Kildare Carlos Mendoza "Tomorrow is a Fickle Girl"
コンバット!
Combat!
コーガン
Private Kogan
第66話「軍曹が死んだ」
Season 3 Epidode 6 "The Hard Way Back"
1965 パティ・デューク・ショー
The Patty Duke Show
ミネオ本人
Himself
"Patty Meets a Celebrity"
バークにまかせろ
Burke's Law
リュー・ディクソン
Lew Dixon
"Who Killed the Rabbit's Husband?"
1966 コンバット!
Combat!
ヴィニック
Vinnick
第118話「謎の兵隊」
Season 4 Episode 21 "Nothing to Lose"
コンバット!
Combat!
マーセル
Marcel Paulon
第132話「銃口の前で」
Season 5 Episode 4 "The Brothers"
Mona McCluskey "The General Swings at Dawn"
Run for Your Life Tonio "Sequestro!: Parts 1 and 2"
Court Martial Lt. Tony Bianchi "The House Where He Lived"
西部の一匹狼
The Dangerous Days of Kiowa Jones
ボビー・ジャック・ウィルクス
Bobby Jack Wilkes
TV Movie
1967 Bob Hope Presents the Chrysler Theatre Doctoroff "A Song Called Revenge"
太陽の流れ者
Stranger on the Run
ジョージ・ブレイロック
George Blaylock
TV Movie
1968 ハワイ5-0
Hawaii Five-O
ボビー・ジョージ
Bobby George
"Tiger By The Tail"
1969 The Name Of The Game Sheldon "A Hard Case Of The Blues"
1970 スパイ大作戦
Mission Impossible
メル・ブラッケン
Mel Bracken
Flip Side
The Challengers Angel de Angelo TV Movie
The Name of the Game Wade Hillary "So Long, Baby, and Amen"
1971 My Three Sons Jim Bell "The Liberty Bell"
The Immortal Tsinnajinni "Sanctuary"
Dan August Mort Downes "The Worst Crime"
In Search of America Nick TV Movie
ジェット機奪回指令
How to Steal an Airplane
ルイス・オルテガ
Luis Ortega
TV Movie
1972 The Family Rico Nick Rico TV Movie
1973 Griff President Gamal Zaki "Marked for Murder"
追跡者
Harry O
ウォルター・シェーラー
Walter Scheerer
"Such Dust as Dreams Are Made On"
1974 Tenafly Jerry Farmer "Man Running"
Police Story Stippy "The Hunters"
1975 刑事コロンボ
Columbo
ラフマーン・ハビーブ
Rachman Habib
ハッサン・サラーの反逆
"A Case of Immunity"
ハワイ5-0
Hawaii Five-O
Eddie "Hit Gun for Sale"
追跡者
Harry O
ブローカー
Broker
"Elegy for a Cop"
特別狙撃隊S.W.A.T.
SWAT
ロイ
Roy
海底の大捜査線/SWAT緊急出動せよ!
"Deadly Tide: Parts 1 and 2"
特別狙撃隊S.W.A.T.
SWAT
ジョーイ・ホッパー
Joey Hopper
"A Coven of Killers"
Police Story Fobbes "Test of Brotherhood"
1976 エラリー・クイーン
Ellery Queen
ジェームズ・ダニエロ
James Danello
"The Adventure of the Wary Witness"
Joe Forrester Parma "The Answer", (final television appearance)

シアター作品[編集]

上演年 題名
原題
役名
原表記
備考
1951 バラの刺青
The Rose Tattoo
サルヴァトーレ
Salvatore
(Salvatore Mineo)
Martin Beck Theatre
1951 - 1954 王様と私
The King and I
チュラロンコーン王子
Prince Chulalongkorn
Replacement (Sal Mineo)
Replacement/Understudy (Salvatore Mineo)
St. James Theatre,
1951 Dinosaur Wharf Boy (Salvatore Mineo)
National Theatre
1954 サロメ
Salome
エロディアスの侍童
The Page of Herodias
(Sung in English)
NBC Opera Theatre
1962 Something About a Soldier Jacob Ambassador Theatre
1969 Fortune and Men's Eyes Rocky Directed by Sal Mineo
Coronet Theatre (Los Angeles)
Fortune and Men's Eyes - Directed by Sal Mineo
Stage 73 (New York)
1972 霊媒
The Medium
トビー
Toby
Detroit Opera House
1973 The Children's Mass - Produced and Directed by Sal Mineo
Lucille Lortel Theatre
1975 P.S. Your Cat Is Dead Vito (bisexual burglar) The Montgomery Playhouse (San Francisco)

その他[編集]

アート[編集]

ミネオはハロルド・スティーヴンソンの1963年の作品『The New Adam』のモデルであった。 この絵は現在、グッゲンハイム美術館のパーマネント・コレクションになっていて、アメリカの偉大なヌードの芸術と認識されている[34][35]

オペラ[編集]

ミネオのキャリアにはオペラに関った作品が含まれていた。

1954年5月8日、カーク・ブローニング製作、ピーター・ハーマン・アドラーの指揮によるNBC Opera Theatreでのリヒャルト・シュトラウス作曲の『サロメ』の上演で、エロディアスの侍童(メゾ・ソプラノのキャロル・ジョーンズの声による)を演じた。この作品は英語による歌唱で、エレーヌ・マルビンがタイトル・ロールのサロメ役であった。

1972年12月、ミネオはジャン=カルロ・メノッティの『霊媒』の、デトロイトでの上演で演出を行った。Muriel Costa-Greensponが霊媒師フローラの役で、ミネオは黙役トビーでの出演も兼ねていた[36]

出典[編集]

  1. ^ Sal Mineo The SwitchBlade Kid”. 2011年6月27日閲覧。
  2. ^ Roberts, David (2006). British Hit Singles & Albums (19th ed.). London: Guinness World Records Limited. p. 368. ISBN 1-904994-10-5. 
  3. ^ Guía del cine clásico: Protagonistas - Antonio Mendez - Google Books. Books.google.ca. https://books.google.com/books?id=GFU-J_W8uRYC&pg=PA245&dq=Josephine+salvatore+mineo&hl=en&redir_esc=y 2012年4月16日閲覧。. 
  4. ^ Sal Mineo: A Biography - Michael Gregg Michaud - Google Books. Books.google.ca. https://books.google.com/books?id=dTKfEQmAnFkC&pg=PA4&dq=Josephine+Alvisi+Salvatore+Mineo&hl=en&redir_esc=y 2012年4月16日閲覧。. 
  5. ^ The Murder of Sal Mineo”. 2008年6月6日閲覧。
  6. ^ a b Holliday, Peter J.. “Mineo, Sal (1939-1976)”. 2008年7月20日閲覧。
  7. ^ a b c Bell, Rachael. “The Switchblade Kid: The Life and Death of Sal Mineo”. 2008年7月20日閲覧。
  8. ^ Comet Over Hollywood’s Gone Too Soon: Sal Mineo”. 2012年3月10日閲覧。
  9. ^ https://www.allmovie.com/artist/sal-mineo-p49470%7Ctitle=Biography by Jason Ankeny
  10. ^ McGilligan, Patrick (1999). Clint: The Life and Legend. London: Harper Collins. p. 63. ISBN 0-00-638354-8. 
  11. ^ Ellis, Chris; Ellis, Julie (27 July 2005). The Mammoth Book of Celebrity Murder: Murder Played Out in the Spotlight of Maximum Publicity. Berghahn Books. p. 415. ISBN 978-1-57181-140-0. https://books.google.com/books?id=V9pAof9Hs2YC&pg=PA415 2011年1月14日閲覧。. 
  12. ^ Jeffers, Paul (2000). Sal Mineo: His Life, Murder, and Mystery. New York: Carroll & Graf Publishers. ISBN 0-7867-0777-1. 
  13. ^ Smith, Laura C. (1995年2月10日). “Untimely End for a 'Rebel'”. Entertainment Weekly. http://www.ew.com/ew/article/0,,296009,00.html 2008年7月20日閲覧。 
  14. ^ Sal Mineo Mini biography”. salmineo.com. 2008年7月25日閲覧。
  15. ^ Murrells, Joseph (1978). The Book of Golden Discs (2nd ed.). London: Barrie and Jenkins Ltd. p. 94. ISBN 0-214-20512-6. 
  16. ^ [What's My Line? - Sal Mineo; Ernie Kovacs (panel); Martin Gabel (panel) (Jun 30, 1957)]
  17. ^ Comet Over Hollywood’s Gone Too Soon: Sal Mineo”. 2012年3月10日閲覧。
  18. ^ Davidsmeyer, Jo. “Nothing to Lose”. Combat! Fan Site. 2013年1月15日閲覧。
  19. ^ [1] Archived February 5, 2015, at the Wayback Machine.
  20. ^ a b c d Michael Gregg Michaud. “Sal Mineo: A Biography”. 2015年9月29日閲覧。
  21. ^ Michael Gregg Michaud. “The Relevance of Sal Mineo”. 2015年9月29日閲覧。
  22. ^ a b Boze Hadleigh interview with Sal Mineo, 1972”. 2015年6月2日閲覧。
  23. ^ Matthew Carey. “Book helps rediscover murdered Hollywood star”. CNN. 2015年9月29日閲覧。
  24. ^ Just Finished The New Sal Mineo Biography”. 2015年9月29日閲覧。
  25. ^ Cause Célèbre—A Review Of Sal Mineo: A Biography & Interview With The Author”. 2015年9月29日閲覧。
  26. ^ Ellis, Chris; Ellis, Julie (2005). The Mammoth Book of Celebrity Murder. New York: Carroll & Graf Publishers. pp. 419–422. ISBN 0-7867-1568-5. 
  27. ^ Obituary Variety, February 18, 1976, page 126.
  28. ^ Rachael Bell (2008年). “The Switchblade Kid: The Life and Death of Sal Mineo”. TruTV. Turner Broadcasting System, Inc.. 2008年7月12日閲覧。
  29. ^ https://www.visitwesthollywood.com/lgbtq/
  30. ^ Rachael Bell (2008年). “The Switchblade Kid: The Life and Death of Sal Mineo”. TruTV. Turner Broadcasting System, Inc.. 2008年5月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年7月12日閲覧。 “The autopsy revealed that Sal died of a single stab wound to the heart.”
  31. ^ “Actor Sal Mineo Is Stabbed to Death”. Los Angeles Times. (2006年2月12日). http://articles.latimes.com/2006/feb/12/local/me-a2anniversary12 2008年7月20日閲覧。 
  32. ^ THE MURDER OF SAL MINEO”. 2016年2月12日閲覧。
  33. ^ Wilson, Scott. Resting Places: The Burial Sites of More Than 14,000 Famous Persons, 3d ed.: 2 (Kindle Locations 32658-32659). McFarland & Company, Inc., Publishers. Kindle Edition.
  34. ^ Mann, Ted. “The New Adam at the Guggenheim Museum”. 2011年1月1日閲覧。
  35. ^ Vogel, Carol (2005年9月30日). “Exposure for a Nude”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2005/09/30/arts/design/30voge.html 2008年7月22日閲覧。 
  36. ^ http://www.salmineo.com/news/newadamarticle.html

外部リンク[編集]