イースVIII

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
イースシリーズ > イースVIII
イースVIII -Lacrimosa of DANA-
ジャンル オープンワールド型アクションRPG
対応機種 PlayStation Vita
PlayStation Vita TV対応
PlayStation 4
PC
発売元 日本の旗 日本ファルコム
台湾の旗 SIET
香港の旗 SIEH
大韓民国の旗 SIEK
アメリカ合衆国の旗フランスの旗Steam NIS America
シリーズ イースシリーズ
人数 1人
メディア [PSVita]PSVitaカード / ダウンロード販売
[PS4]BD-ROM / ダウンロード販売
[PC]ダウンロード販売
発売日 日本の旗
[PSVita]2016年7月21日
[PS4]2017年5月25日
台湾の旗香港の旗
[PSVita]2016年8月11日
[PS4]2017年5月25日
大韓民国の旗
[PSVita]2016年10月27日
[PS4]2017年5月25日
アメリカ合衆国の旗フランスの旗Steam
[PS4/PSVita/PC]2017年9月13日
対象年齢 CEROB(12才以上対象)
コンテンツ
アイコン
セクシャル、暴力
売上本数 日本の旗[PSVita]9.0万本[1][PS4]5.5万本
テンプレートを表示

イースVIII -Lacrimosa of DANA-』(イースエイト ラクリモサ・オブ・ダーナ)は、日本ファルコムアクションロールプレイングゲームイースシリーズ」の第8作目で『イース8』とも表記される[2]。『イースVII』以来7年ぶりの続編。PlayStation Vita版は2016年7月21日に発売され、PlayStation 4版は2017年5月25日に発売された。SteamWindows)版は2017年9月13日に発売予定だったが、発売当日になって突然「最適化不足のため」としてリリース延期のアナウンス[3]が開発者よりなされた。以降2017年10月に入っても続報がない状態となっている。

概要[編集]

2014年にイース最新作(当時タイトルは未定)としてSCEJA Pressconfference2014にて発表。プラットフォームをPS4及びPSVitaとして発表された。以来、長らく最新情報が出ないまま沈黙状態が続いたが、2015年12月にTwitterにて正式タイトルと発売時期が両機種とも2016年夏と発表された。また、同日に公式サイトがオープンする。その後、2016年にPSVita版は7月21日に、PS4版は2017年に発売延期される事が告知される。PSVitaでは2012年に発売された前作『イース セルセタの樹海』に続き2作目のイースシリーズであり、PS4版はファルコム初のPS4タイトルとなる。

ゲームシステムは『セルセタの樹海』を継承している。『セルセタの樹海』で好評だったマッピングを継承したり、「記憶の欠片」の要素を発展させ、シリーズでお馴染みのアドルと新キャラのダーナのダブル主人公制となっている。

ストーリー[編集]

赤毛の冒険家アドル・クリスティンは客船のロンバルディア号にてエレシア大陸へと向かっていた。しかし、その旅の途中で巨大な海洋生物に襲われ船は沈没してしまう。海に投げ出されたアドルは九死に一生を得て呪われた島・セイレン島へと漂着する。この島には独自の進化を遂げた様々な生物が住みついていた。アドルは漂着した仲間とともに拠点となる村を築いていく。そして、アドルは夢の中で青い髪の少女・ダーナと出会う。アドルとダーナの冒険が描かれる。

登場人物[編集]

メインキャラクター[編集]

アドル=クリスティン
- 梶裕貴
シリーズかつ本作の主人公である冒険家。本作では21歳。
ダーナ=イクルシア
声 - 大西沙織
アドルが見る夢に現れる少女で、もう一人の主人公にしてメインヒロイン。性格は明るく、トラブルにあいやすい。また、身長はアドルとほぼ同じだが、夢の中における周囲の人物に比べ小柄な体格である。"大樹の巫女"というものに選ばれた素質の持ち主。武器は半月刀。

パーティキャラクター[編集]

ラクシャ=フォン=ロズウェル
声 - 高森奈津美
ロムン帝国の貴族、ロズウェル男爵家の長女。19歳。ある理由により男性に不信感を抱いており、アドルやサハドに対しても辛辣な態度をとる。とりわけアドルには一線を引いており、常にフルネームで呼ぶ。武器はレイピア。
サハド=ノートラス
声 - 木内秀信
グリーク地方出身の漁師。41歳。がさつな面があるが義理人情に篤く、アドルやラクシャに友好的に接する。美人の妻と娘がいるらしい。一方で、立派な体躯に反して臆病な面もある。武器は錨。ただの漁師なので武器など扱ったことはなく、錨というのも護身用に拾ったものをただ振るっているだけである。
ヒュンメル=トラバルト
声 - KENN
物品の輸送を請け負っている運び屋の一族「トラバルト家」の一員。24歳。何らかの輸送を目的としてセイレン島で行動している、クールな性格の青年。ただし、生真面目が過ぎて若干ずれているところもある他、やや現代でいう中二病のような気質も持つ。武器は銃剣(正確には、銃にナイフを括り付けている)。なお、この時代では銃は開発されたばかりの最新兵器である。
リコッタ=ベルダイン
声 - 山本希望
アドルたちより先にセイレン島で暮らしているという天真爛漫な少女。年齢不詳。一人で生活しているわけではなく、「父上」、「ししょー」、「センパイ」といった知り合いがいる。武器はウィップメイス。

世界観[編集]

セイレン島
アドルが流れ着いた島。

ゲームシステム[編集]

冒険具[編集]

セイレン島の探索中、または特定の条件を満たすと入手できる、特殊な道具"冒険具"がある。 探索には欠かせない道具が勢揃いである。

ロンバルディア号[編集]

物語の序盤となる舞台で、最初はここでの船旅がメインとなる。 船の整備や、他の乗客たちと会話することができる。

漂流村[編集]

他の漂流者は、拠点として漂流村を作る事がある。 その際、村を発展させる事が可能である。 また、漂流者たちが増えれば、ダンジョンにおいて通常では壊せない障害物も壊せるようになる。

出典[編集]

外部リンク[編集]