Kinect: ディズニーランド・アドベンチャーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Kinect: ディズニーランド・アドベンチャーズ
ジャンル アドベンチャー
対応機種 Xbox 360
開発元 Frontier Developments
発売元 日本マイクロソフト
発売日 日本の旗 2011年12月8日
対象年齢 CEROA(全年齢対象)
デバイス Kinect専用ソフト
その他 ドルビーデジタル5.1ch
テンプレートを表示

Kinect: ディズニーランド・アドベンチャーズ』(キネクト ディズニーランド・アドベンチャーズ、Kinect: Disneyland Adventures)は、開発はKinect アニマルズを制作したFrontier Developments、販売はマイクロソフトより2011年12月8日に発売された、Xbox 360 Kinectセンサー専用のアクションアドベンチャーゲームである。

概要[編集]

ディズニーの全面協力を受けて実現したKinect 専用ゲームタイトル。忠実に再現された米国・アナハイムのディズニーランド・パークを舞台に、プレイヤーはこの広大なオープンワールドのパーク内を自由に冒険しながら、ミッキーマウスや白雪姫、ダッフィーといった40以上のディズニーの仲間たちとの触れ合いのひとときを楽しんだり、いろいろなお願いを聞いて助けてあげたりすることができる。

また、パーク内には様々なアトラクションが用意され、「ピーターパン空の旅」や「不思議の国のアリス」といったファンタジーの世界に飛び込んだり、「カリブの海賊」や「ジャングルクルーズ」「ホーンテッドマンション」といったおなじみのアトラクション、さらには「マッターホーン・ボブスレー」といったカリフォルニアのディズニーランド・パークにしかないアトラクションを楽しめる。カルーセル等にも乗ることができるが、東京ディズニーランドのようなシンデレラをモチーフにしたものではなくアーサー王王様の剣)をモチーフにしたキングアーサー・カルーセルである。

ゲーム内容[編集]

Kinectセンサーがプレイヤーを認識し自分の分身となるキャラクターを操作して、まるで本物のディズニーランドにいるかのような体験が可能となっている。小さな子でもすぐに基本操作を覚えて遊ぶことができる。

例えばミッキーマウス等のディズニーキャラクターとハグやハイタッチ、ダンス等をすることができたり、パーク内のアトラクションでは実際に体を動かして遊ぶといった体験が出来る。パーク内で写真を撮ったり、サインやピン、隠れミッキー等を集めたり、自分がショーの主役になったりすることも可能となっている。また、パーク内のガイドスタッフに声を掛けるとディズニーランドの様々なトリビア等を教えてくれる。パーク内の店では集めたコインでショッピング等も楽しむことが出来る。

もう1人プレーヤーが入れば自動認識し、2人で協力してプレイすることも可能。Kinectセンサーの音声認識機能にも対応。例えば子供がプレイしていて手助けをしてあげたい場面に遭遇したとき、親がボイスコマンドやゲームに飛び入り参加して一緒にプレイすることでフォローすることができる。

収録エリア[編集]

収録アトラクション[編集]

現在判明している収録ショー[編集]

声の出演[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]