デイジーダック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
デイジーダック
Daisy Duck
Harikalar Diyari Duck 06022 nevit.jpg
初登場 ドナルドのメキシカン・ドライブ(1937)
原語版声優 トレス・マクニール(現在)
日本語版声優
BVHE
土井美加
詳細情報
種族 アヒル
性別
テンプレートを表示

デイジーダック (Daisy Duck) は、アヒルをモチーフにしたディズニーアニメキャラクタードナルドダックのガールフレンド。後頭部の大きなピンク色のリボンが特徴。

声優[編集]

作品 声優
クラシック短編映画1937年1940年 クラレンス・ナッシュ
クラシック短編映画(1945年 - 1954年 グロリア・ブロンデル英語版
ルース・クリフォード(『ドナルドの夢の声』)
ジューン・フォレイ英語版(『ドナルドの日記帳』)
ミッキーのクリスマス・キャロル1983年 パトリシア・パリス英語版
クワック・パック1996年 キャス・スーシー
ミッキーマウス・ワークス(1999年 - ) トレス・マクニール

日本語吹き替え[編集]

  • ポニー版、バンダイ版のVHS(廃盤)では後藤真寿美
  • ポニー版、バンダイ版のVHS(廃盤)、BVHE版のVHS・DVD・BDでは土井美加が演じている。

来歴[編集]

1937年1月9日公開の短編映画『ドナルドのメキシカン・ドライブ』で初登場。この時は、ドンナ・ダックDonna Duck)という名前だったが、1940年の映画『ドナルドのダンス狂』から現在の名前になる。

性格[編集]

勝気な性格であるためか、短気な性格のドナルドダックとケンカすることもしばしばだが仲は良くウエイター役をやっていたグーフィーに「似た者同士、お似合いのカップルだね」と言われた。ミニーマウスとは親友であるが、ミニーがキュート系なしっかり者に対して、デイジーは大人っぽいセクシー系である。また、東京ディズニーランドのトゥーンタウンにあるミニーの家にある留守電話のメッセージから、(ドナルドに対して)ツンデレっぽい一面がある。短編作品では仲良くする回もあれば、ケンカをしてひどい場合は絶交までした回も存在しており(ある意味ではデイジーもドナルドの天敵とも言える)、当時はそっちのほうが多かったが現在はそういうことはまったくなくむしろ前より仲が良くなっており、『ミッキー、ドナルド、グーフィーの三銃士』の2人の関係は短編作品から現在の二人そのもので最初は甲斐性なしだったドナルドに素っ気無かったが勇気を出して救ってくれた彼のことが好きになり、相思相愛の仲になった。短編作品では主演作品はあったがメインとしての作品はなかったが「ハウス・オブ・マウス」では、ほかのキャラ同様メインとして出演する回が増えた。また『ハウス・オブ・マウス』・『ミッキーマウス クラブハウス』・『ミッキーマウスとロードレーサーズ』ではそれぞれ形は違えど、ポニーテールを生やしている。

ショッピングが好きで目立ちたがり屋でもある。テレビシリーズの「ハウス・オブ・マウス」ではたびたびステージを乗っ取り、ディズニーの曲の替え歌を歌っていた。ミッキーばかりチヤホヤされることを不満に思っているドナルドを励ましたり、助けたりするなど彼を思うことが多い。お母さんキャラの様なところもある。

家族[編集]

ドナルドダックに三つ子の甥(ヒューイ・デューイ・ルーイ)がいるのと同様に、三つ子の姪がいて、名前はエイプリル、メイ、ジュンである。

出演作品数[編集]

映画の出演作品数は14本と非常に少ないものの、ミニーマウスと並んで女性を中心に人気が高い。

ベビィデイジーダック[編集]

デイジーダックは、赤ちゃんの頃はベビィデイジーだった。

グッズ[編集]

2006年1月17日~2006年4月4日に東京ディズニーランドで開催されたディズニープリンセス・デイズでは、1月17日限定でデイジーダックのイラストをあしらったカップ付デザートが販売された。販売個数が少なかったせいもあり、販売開始数時間で売り切れとなっている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]