天外魔境III NAMIDA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
天外魔境III NAMIDA
ジャンル ロールプレイングゲーム
対応機種 プレイステーション2
開発元 ハドソンレッド・エンタテインメント
発売元 ハドソン
人数 1人
メディア DVD-ROM
発売日 2005年4月14日
対象年齢 CERO:12歳以上対象
その他 ASIN B00076YLT8
テンプレートを表示

天外魔境III NAMIDA』(てんがいまきょうスリー なみだ)は、2005年4月14日ハドソン(現・コナミデジタルエンタテインメント)から発売されたプレイステーション2コンピュータゲームソフト。ジャンルはロールプレイングゲーム(RPG)

発売までの経緯[編集]

本作は当初SUPER CD-ROM²での製作が発表されたが、後にPCエンジン用の周辺機器『アーケードカード』が発表されたことを受けてアーケードカード専用ソフトへと移行した。1995年6月頃には桝田省治シナリオを完成させた[1]。だが時代は既にプレイステーションセガサターンを初めとするいわゆる次世代機の発売を控えた時期であったため、ハドソンとNEC-HEが推進していた次世代機であるPC-FXキラーソフトとするべく、PC-FX専用ソフトとして三度目のプラットフォーム変更が決定した。しかしPC-FXの普及が芳しくなかったこともあり制作は中断し、結果として自然消滅的に発売中止となった。そして天外魔境シリーズ自体も1997年にセガサターンで発売された『天外魔境 第四の黙示録』を最後に、ハドソンの発売予定のラインナップから姿を消すこととなる。

その後、本作の発売を期待してアーケードカードやPC-FXを購入したファンを中心に、たのみこむ等を利用した発売運動が行われたこともあったが、桝田や広井王子は「決定権はハドソンにある」と答えるにとどまり、そのハドソンは沈黙を守り続けたため、ファンの中でも諦めの声が多数を占めるようになっていった(のちに広井自身も「もう『〜III』は作れないものと諦めていた」と語っている[2])。2002年10月頃、桝田が代表取締役を勤めるゲーム制作会社「MARS」の公式サイト掲示板において「今後、天外魔境シリーズと関わることはないだろうという見解を著作権側と合意した」ことが桝田本人から報告された[3]。これによってハドソンに天外魔境の権利関係を整理する動きのあることが推察された。(なお桝田との合意は口頭による確認に留まっており、文書による契約は否定している[4])。

翌年6月、プレイステーション2(以下PS2)、およびゲームキューブ(以下GC)用ソフトとして『天外魔境III NAMIDA』の2004年春発売が発表された(同時にPS2とGCで『天外魔境II 卍MARU』のリメイク版が2003年秋に発売されることも発表)。その後、製作の進行状況やリメイク版『〜II』の両ハードの販売状況の内訳などを受け、GC版の開発を中止してプラットフォームをPS2に一本化、当初の予定を1年ほど過ぎた2005年4月の発売に至る。

戦闘システム[編集]

本作の戦闘は3Dになったため、敵も味方も全て戦闘画面でも見えるようになった。『天外魔境ZERO』と同様、全員が「瀕死」状態になるとゲームオーバーとなり、記録した時点からのやり直しとなる。

登場人物[編集]

パーティーキャラクター[編集]

アミ(大将)[編集]

アミ(その他)[編集]

火の一族[編集]

竜人族[編集]

獣人族[編集]

鬼族[編集]

その他[編集]

スタッフ[編集]

PC-FX版[編集]

PS2で発売された本作はPC-FX用に準備されていたものとは異なる作品だが、当時のPCエンジン専門誌などでPC-FX用の情報が一部公開されていた。

メインキャラクター[編集]

  • ナミダ(南弥陀)
  • マユ
  • ヒミコ(卑弥呼)
  • セツナ

シナリオ関連[編集]

シナリオを基にして桝田自身が小説化している。

シナリオの大まかな内容を記述している。

  • 『ゲームデザイン脳 -桝田省治の発想とワザ-』( 2010年3月12日発売、発売元:技術評論社) ISBN 978-4-7741-4192-3

関連作品[編集]

本作に直接関係する作品のみ。続編やシリーズ作品とそれらの関連作品は「天外魔境」および各ゲームタイトルの記事を参照のこと。

限定版[編集]

『天外魔境III NAMIDA〜宝箱(デラックスパック)〜』
同梱内容
  • PS2ソフト『天外魔境III NAMIDA』
  • 天外魔境オリジナル開運厄除け絵馬
  • DVD天外魔境 自来也おぼろ変
  • 広井王子デザイン護符ステッカー
  • トンカラリンフィギュア付き携帯ストラップ
  • イラスト集『天外魔境III NAMIDA 設定資料集』

攻略本[編集]

『天外魔境III NAMIDA 公式ガイドブック』(2005年4月14日発売、発売元:エンターブレイン)
『天外魔境III NAMIDA 公式完全攻略絵巻』(2005年6月4日発売、発売元:エンターブレイン)

CD[編集]

『天外魔境III NAMIDA オリジナル・サウンドトラック』(2005年4月13日発売、発売元:東芝EMI
本作のサウンドトラック(2枚組)。
『ハレム アルティメイト・エディション』(サラ・ブライトマン、2004年6月9日発売、発売元:東芝EMI)
本作の主題歌『NAMIDA』も収録されているアルバム(CCCD)。
『ドラマCD 天外飯店』
本作の予約特典。脚本は広井王子。
キャスト

DVD[編集]

『天外魔境III メイキングDVD』
PS2・GC版『天外魔境II MANJIMARU』の予約特典。主要スタッフのインタビューの他、「天外魔境ヒストリー」として『天外魔境 ZIRIA』や『天外魔境II 卍MARU』の映像も収録されている。

脚注[編集]

  1. ^ PCエンジン版『リンダキューブ』の取扱説明書より。
  2. ^ 本作の限定版に付属している設定資料集に収録された座談会より。
  3. ^ MARS公式サイト内「企画中のソフトBBSコーナー」(現在は投稿不可)での投稿より。
  4. ^ 2010年9月19日の桝田省治本人のTwitterアカウントからの発言より。

外部リンク[編集]