理由なき反抗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
理由なき反抗
Rebel Without a Cause
Rebel Without a Cause (1955 poster).jpg
ポスター(1955)
監督 ニコラス・レイ
脚本 スチュワート・スターン
アーヴィング・シュルマン
原案 ニコラス・レイ
製作 デヴィッド・ワイスバート
出演者 ジェームズ・ディーン
音楽 レナード・ローゼンマン
撮影 アーネスト・ホーラー
編集 ウィリアム・H・ジーグラー
配給 ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗 1955年10月26日
日本の旗 1956年4月18日
上映時間 111分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $1,500,000
テンプレートを表示

理由なき反抗』(りゆうなきはんこう、原題:英語: Rebel Without a Cause)は、1955年製作・公開のアメリカ映画である。主演を務めたジェームズ・ディーンの代表的作品。

ニコラス・レイの原作を、自らが監督を務め映画化した作品。若者達のチキンゲームが話題となり、題名が当時の若者たちを表す代名詞として流行語になった。ディーンは、本作公開の約1ヶ月前の9月30日に交通事故により死去した。

制作期間は1955年3月28日から5月25日、初公開は1955年10月26日。

あらすじ[編集]

17歳の少年ジム(ジェームズ・ディーン)はケンカをしたかどで警察に連行された。彼は、そこで夜間外出で保護を受けた少女ジュディ(ナタリー・ウッド)や、仔犬を撃ち殺したといって連れてこられたプレイトウ少年(サル・ミネオ)と知り合う。3人はそれぞれ説諭ののち帰宅を許される。 ジムの一家は転居続きで、つい最近この街へ来たばかりだった。彼の父親(ジム・バッカス)は意志薄弱で、家庭は気の強い母親(アン・ドーラン)が、取り仕切っていた。

翌朝、新しい学校であるドウスン・ハイ・スクールへ登校の途中、ジムはジュディに会ったが、彼女は不良学生のバズ(コリー・アレン)、ムーズ(ニック・アダムス)、クランチ(フランク・マッゾラ)らと一緒であった。その日の午後、学校の校外学習でプラネタリウムに出掛けたが、不良仲間に目をつけられたジムは彼らのリーダーのバズに喧嘩を売られる。2人はプラネタリウムの建物の外でナイフを手に喧嘩をはじめたが、守衛に見つかり止められたため、その夜“チキン・ラン"と称する度胸試しをすることになる。

人気のない崖の周りに少年たちが集まり、ジムとバズは、盗んだ中古自動車に乗り崖に向かってフル・スピードで車を走らせた。ジュディやバズの不良仲間が見守る中、ジムは巧く落ちる直前に車から脱出したが、飛び出しそこねたバズは、自動車ごとそのまま谷底へ落ちていった。呆然自失となったジムはプレイトウとジュディとともにその場を後にし、家へ戻る。 ジムは警察へ届けようとしたが、両親は反対した。 両親を振り切って警察に出向いたジムは、少年保護係レイ(エドワード・プラット)の不在を知り、警察を出て、ジュディを連れ、プレイトウに教えてもらった空き家で秘かに空き家へ行く。ムーズとクランチはジムが警察に届けるのを恐れ、プレイトウを脅してジムの居所を知る。プレイトウはジムに警告するため、父親の拳銃を持ち出し、家を飛び出していった。プレイトウも空き家に着き、ジムとジュディとは空き家の中や庭で しばらくしてジムとジュディはプレイトウを1室に残し、別室で激しい抱擁を重ねた。 数刻後、ジムを追うムーズたちが空き家を見つけ、一人で残されたプレイトウが見つかり、追い回される。 信頼しかけたジムとジュディに一人にされ、見放されたと思い込んだプレイトウはパニックに陥り、家から持ち出した拳銃を追手に放ち、クランチを撃った。間もなく空き家についた灯りに巡回中の警官が気付き、ジムの家族やプレイトウのメイド、少年保護係のレイも駈けつける。ジムとジュディは近くのプラネタリウムに駈け込んだプレイトウを制止しようとする。

半狂乱のプレイトウはジムに拳銃を向け、警官に射殺される。ジムの両親は死体に寄りすがって泣き叫ぶ我が子を慰め、この悲劇にもお互いの理解によって、ついに終止符が打たれた。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
NET TBS
ジム・スターク ジェームズ・ディーン 堀勝之祐[1] 池田秀一
ジュディ ナタリー・ウッド 渋沢詩子 潘恵子
プレイトウ サル・ミネオ 関根信昭 龍田直樹
フランク・スターク ジム・バッカス 島宇志夫 宮川洋一
キャロル・スターク アン・ドーラン 荒木道子 谷育子
バズ・グンダーソン コリー・アレン 内海賢二 玄田哲章
ジュディの父親 ウィリアム・ホッパー 家弓家正 嶋俊介
ジュディの母親 ロチェル・ハドソン 島美弥子
グーン デニス・ホッパー 仲村秀生 鈴置洋孝
ジムの祖母 ヴァージニア・ブリサック 中村紀子子 京田尚子
レイ・フレミック エドワード・プラット 宮川洋一 阪脩
クランチ フランク・マッゾラ 野島昭生
ムーズ ニック・アダムス

製作[編集]

  • 舞台になったグリフィス天文台を世界に知らせたとして、天文台の館外にジェームズ・ディーンの胸像が建てられた。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 1980年9月26日(金)にもテレビ朝日ウィークエンドシアター』で吹替放映されているが前述の『日曜洋画劇場』や下記のTBSと同じ吹替音源での放映なのかは不明
  2. ^ 1999年12月29日 テレビ東京『20世紀名作シネマ』で放映された際もこちらの吹替音源を流用

出典[編集]

  1. ^ 当初、市川染五郎石坂浩二にオファーしたものの実現せず、ディーンのムードに似ているという理由で堀が抜擢された。

外部リンク[編集]