仲村秀生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
なかむら しゅうせい
仲村 秀生
プロフィール
本名 中村 秀男
なかむら ひでお
性別 男性
出生地 日本の旗 日本東京府(現:東京都[1]
生年月日 (1935-03-09) 1935年3月9日
没年月日 (2014-07-30) 2014年7月30日(79歳没)
血液型 O型[1]
職業 声優俳優
公称サイズ([2]時点)
身長 / 体重 165 cm / 58 kg
声優活動
活動期間 1959年 - 1990年代
2011年 - 2012年
ジャンル アニメ吹き替えナレーション
デビュー作ローハイド[3]
俳優活動
活動期間 1956年 - 2000年代
ジャンル テレビドラマ映画舞台
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

仲村 秀生(なかむら しゅうせい、本名:中村 秀男、1935年3月9日[4] - 2014年7月30日[5])は日本声優俳優ナレーター。現役時は、同人舎プロダクション[3]ぷろだくしょんバオバブを経て81プロデュース[2]に所属していた。声質は端正なバリトン。血液型はO型。特技はスキー合気道[2]

来歴・人物[編集]

東京府(現:東京都)生まれ。両親の郷里・長野県上田市に戦中疎開。長野県上田高等学校を経て、信州大学を卒業[6]

水谷八重子毛利菊枝等を育てた演出家・竹中荘吉主宰の京都の「劇団くるみ座」にて俳優修行を積む。

1956年、新劇演出家を目指して上京し[7]舞台芸術学院にて演出家・程島武夫の指導を受ける。1957年3月下村正夫主宰「新演劇研究所」に入所[3]スタニスラフスキー・システムを学ぶ。

「新演劇研究所」の発展的解消に伴い、劇団「新演」創立に参加。

同じ劇団に所属していた寺島幹夫が『アンタッチャブル』で声優の仕事をしていたことがきっかけで、1959年より放送されたアメリカの西部劇ドラマ『ローハイド』の吹き替えで声優デビュー[3]

民放テレビ局が続々と開局するに伴い、太平洋テレビ芸能部に在籍しマスコミ出演を始め、1960年には東京俳優生活協同組合創立に参加。以後、劇団解散などの事情もあり、外画、アニメ、CMナレーション・ナレーターなど声の仕事を中心としていった[7]

1969年から放送の『鬼警部アイアンサイド』ではドン・ギャロウェイ演じるエド役でパイロット版から7年にわたって出演した。主演作に『外科医ギャノン』[3]

アニメでも草創期から声優として活躍し、1974年に始まった『宇宙戦艦ヤマト』シリーズの島大介役が有名である。端正な声質から理知的な役柄が多かったが、1970年から放送の『あしたのジョー』の力石徹役は低くくぐもった声で演じていた。シリーズ完結編として制作された1983年公開の『宇宙戦艦ヤマト 完結編』は胃潰瘍で体調を崩して最後まで演じ切ることができず、島大介の代役はささきいさおが担当。1988年末からリリース開始のOVA『銀河英雄伝説』のロムスキー役で、古代進役の富山敬と『宇宙戦艦ヤマト 完結編』以来11年ぶりに共演した。

1990年代後半には劇団魚座を旗揚げして演劇活動に再び打ち込み、東京アナウンス学院代々木アニメーション学院の講師としても後進の育成にも積極的に力を入れるようになる[7]。しかし一方、私生活ではアルコール依存症躁鬱病を発症し、統合失調症妄想性人格障害のような症状も併発させ、闘病生活を送るようになっていた[8]

この影響により、90年代以降は声優活動での持ち役の多くを降板し、70歳を越えてからは事実上休業状態に入っていた[8]。そのため、2008年4月6日放送のテレビ朝日大胆MAP』にて取材を受けた際には、声優業を引退していると報じられている。

2011年に完成した自主制作の記録映画『甦る里山』でナレーションを担当し、久々の出演作となった。その後、2012年4月6日CS放送ファミリー劇場で放映された『宇宙戦艦ヤマト2199公開記念特別番組〜新生ヤマト発進宣言〜』でナレーションを務め、これが公的な出演作で最晩年の作品となった[9]

2014年6月に体調を崩して再び療養生活を送るようになり、7月30日、入院先の東京都立松沢病院で入浴中に溺死した[8]。79歳没[6]。死去が報じられた際には、関係者の意向により死因は伏せられ、告別式密葬で行われた。

後任[編集]

仲村の声優活動停止に伴い、アニメ、吹き替えの持ち役を継いだ声優は以下の通り。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

テレビアニメ[編集]

1963年
  • 鉄腕アトム (アニメ第1作)(金倉の執事C、アナウンサー、防衛庁隊員、地底人〈アトランチス人〉、記者代表、警官ロボット、天の川博士 他)
1967年
1968年
1969年
1970年
1971年
1972年
1973年
1974年
1975年
1977年
1978年
1979年
1980年
1981年
1982年
1983年
1985年
1987年
1989年

劇場アニメ[編集]

1970年
1971年
1977年
1978年
1980年
1983年
1984年
  • 地球物語 テレパス2500(ナレーター[22]

OVA[編集]

1985年
1986年
1987年
1991年
1992年
1994年

ゲーム[編集]

吹き替え[編集]

俳優[編集]

映画[編集]

ドラマ[編集]

人形劇[編集]

特撮[編集]

ラジオ[編集]

  • NHK「ラジオSFコーナー」ナレーション
  • NHK特別企画4時間ドラマ「大放浪」(ツトム・カナコワ・ホクスワース)
  • 文化放送 連続ドラマ「火の太鼓」
  • ニッポン放送「ベルサイユのばら」(ルイ14世)
  • オールナイトニッポン4時間ドラマ「宇宙戦艦ヤマト」(島大介)
  • 東京FM「プレスリー物語」(プレスリー)

ナレーション[編集]

  • 愛のサスペンス劇場愛が見えますか」(ナレーション 1976年、NTV/東京映画
  • 動物紀行(ナレーション 1994年、NHK・TVニュージーランド合作/NHK衛星第二放送・全39話)
  • 野生の驚異(ナレーション 1995年、NHK・TVニュージーランド合作/NHK衛星第一放送・全27話)
  • 甦る里山 都立野山北・六道山公園の四季(ナレーション 2011年、ドキュメンタリー映画)

CM[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 仲村秀生(なかむらしゅうせい)の解説”. goo人名事典. 2020年1月15日閲覧。
  2. ^ a b c 『日本タレント名鑑(1995年版)』VIPタイムズ社、1995年、274頁。
  3. ^ a b c d e 阿部邦雄編著『TV洋画の人気者 声のスターのすべて』近代映画社、1979年、pp.170-173。仲村秀生インタビュー
  4. ^ 『声優名鑑』、566頁、成美堂出版、1999年、ISBN 978-4415008783
  5. ^ 声優の仲村秀生さん死去 「あしたのジョー」力石徹”. 中日スポーツ (2014年8月6日). 2014年8月6日閲覧。
  6. ^ a b 声優の仲村秀生さん死去 「ジョー」力石徹、「ヤマト」島大介役 スポニチ 2014年8月7日
  7. ^ a b c 小川びい『こだわり声優事典'97』徳間書店、1997年、pp.102-103
  8. ^ a b c 「『あしたのジョー』力石徹の声優 『仲村秀生』は精神病院で亡くなった』」『週刊新潮』2014年9月4日号、pp.46-47
  9. ^ 甦る里山の自然映す”. 東京多摩. 読売新聞 (2011年11月27日). 2012年2月7日閲覧。泉健司 (2011年11月20日). “「甦る里山 都立野山北・六道山公園の四季」の上映会”. 私のポケット・ビオトープ掲示板. ぽけ・び!. 2012年2月7日閲覧。朝日新聞多摩版の記事はリンク切れのため、未確認。
  10. ^ 仲村の休業前も、『宇宙戦艦ヤマト 完結編』で仲村とのダブルキャストで演じていた。
  11. ^ “どろろ”. 手塚治虫公式サイト. http://tezukaosamu.net/jp/anime/37.html 2016年5月6日閲覧。 
  12. ^ あしたのジョー”. メディア芸術データベース. 2016年11月27日閲覧。
  13. ^ ミュンヘンへの道”. メディア芸術データベース. 2016年8月8日閲覧。
  14. ^ 草原の少女ローラ”. 日本アニメーション. 2016年6月29日閲覧。
  15. ^ 宇宙戦艦ヤマト2”. メディア芸術データベース. 2016年10月8日閲覧。
  16. ^ 宇宙戦艦ヤマト 新たなる旅立ち”. バンダイビジュアル. 2016年6月13日閲覧。
  17. ^ 宇宙戦艦ヤマトIII”. メディア芸術データベース. 2016年12月4日閲覧。
  18. ^ 宇宙戦艦ヤマト 劇場版”. バンダイビジュアル. 2016年6月13日閲覧。
  19. ^ さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち”. バンダイビジュアル. 2016年6月13日閲覧。
  20. ^ ヤマトよ永遠に”. バンダイビジュアル. 2016年6月13日閲覧。
  21. ^ 宇宙戦艦ヤマト 完結編”. バンダイビジュアル. 2016年6月13日閲覧。
  22. ^ 地球物語 テレパス2500”. メディア芸術データベース. 2016年8月18日閲覧。

外部リンク[編集]