レニ・サントーニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
レニ・サントーニ
Reni Santoni
Reni Santoni
1973年のサントーニ
生年月日 (1939-04-21) 1939年4月21日(78歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗アメリカニューヨーク
ジャンル 映画、テレビドラマ(俳優声優
活動期間 1962年-

レニ・サントーニ (Reni Santoni1939年4月21日 - ) は、アメリカ合衆国の映画、テレビで活躍する俳優及び声優


履歴[編集]

生い立ちとキャリア[編集]

フランススペインの血筋を持つサントーニは、ニューヨークで生まれる。彼のキャリアの始まりは、オフブロードウェイの劇場。彼の映画初出演作品はノンクレジットではあるが、1964年の『質屋』(主演:ロッド・スタイガー)で、タイトルロールである質屋にラジオを売りに来たジャンキー役を演じた。

サントーニは、1967年のカール・ライナー監督の『Enter Laughing』で初主演を飾る。そして1971年の『ダーティハリー』で、クリント・イーストウッド演じるハリー・キャラハンの相棒チコ・ゴンザレス役で世間に認知されるようになる。また、1983年のショーン・ペン主演『バッド・ボーイズ』での刑務所の監守ラモン・エレーラ役、1986年のシルヴェスター・スタローン主演の『コブラ』で、相棒のトニー・ゴンザレス役などで注目を浴びる。

彼はまた、テレビドラマゲスト出演も増え、1971年の『おかしなカップル』、1973年-1974年の『名探偵ジョーンズ』、1977年の『事件記者ルー・グラント』、1978年の『ハワイ5-0』、1985年の『探偵ハード&マック』、1984年-1986年の『ヒルストリート・ブルース』、1989年-1991年の『ミッドナイト・コーラー』、1996年の『炎のテキサス・レンジャー』などの人気作品に出演する。そして、1973年の『Owen Marshall: Counselor at Law』では、準主演を果たした。

サントーニは、現在も精力的に映画やテレビで俳優活動を続けている。注目すべき役割は、 1994年-1998年『となりのサインフェルド』のポッピー役、1998年『ドクター・ドリトル』では声優としてねずみの声を演じている。

フィルモグラフィ[編集]

映画[編集]

テレビ[編集]

※:テレビドラマの()内の数字は、出演年度、及び出演期間のみの表示。

外部リンク[編集]