ラリー・ハグマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ラリー・ハグマン
Larry Hagman
ラリー・ハグマン Larry Hagman
2010年撮影
本名 Larry Martin Hagman
生年月日 (1931-09-21) 1931年9月21日
没年月日 (2012-11-23) 2012年11月23日(81歳没)
出生地 アメリカ合衆国の旗テキサス州フォートワース
死没地 アメリカ合衆国の旗テキサス州ダラス
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 俳優
活動期間 1950年 - 2012年
主な作品
映画
ハリーとトント
テレビドラマ
かわいい魔女ジニー
ダラス
テンプレートを表示

ラリー・ハグマンLarry Hagman1931年9月21日 - 2012年11月23日)は、アメリカ合衆国の映画およびテレビ俳優、監督、プロデューサー。女優メアリー・マーティンの息子である。1978年から1991年にかけてプライムタイムに放送されたソープオペラ『ダラス』の冷酷非情な石油王J.R.・ユーイング役、1965年から1970年にかけて放送されたシットコム『かわいい魔女ジニー』のジニーに振り回される宇宙飛行士アンソニー・ネルソン少佐役で知られる。『未知への飛行』、『ハリーとトント』、『S.O.B.』、『ニクソン』、『パーフェクト・カップル』など多くの映画で助演もこなしていた。1950年代後半から2012年に亡くなるまで、多くのテレビ番組にゲスト出演しており、2012年版『ダラス (2012年のテレビドラマ)英語版』でハグマンにとって代表的な役柄であるJ.R.・ユーイング役を再演した。テレビにおいてプロデューサーおよびディレクターとしても活躍した。1995年、命に係わる肝移植を受けた。2012年11月23日、急性骨髄性白血病の合併症で亡くなった[1][2]

来歴[編集]

テキサス州フォートワース出身。父親はスウェーデン系[3][4]弁護士[5][6][7]、母親は後にブロードウェイミュージカル女優として活躍したメアリー・マーティン。5歳の時に両親が離婚したため、彼はカリフォルニア州とテキサス州の祖母のもとで暮らした。

バード大学卒業。朝鮮戦争中は軍に入隊、のちロンドンに配属され、1956年に除隊。除隊後、ニューヨークに渡り、ブロードウェイに出演する。その後テレビドラマから出演の幅を広げていき、1965年に放映が開始されたコメディー・ドラマ『かわいい魔女ジニー』で魔女に翻弄される宇宙飛行士トニー役を演じ、人気を博した。さらに、1978年からスタートした『ダラス』で冷酷非情な野心家の主人公ジョン・ロス (J・R) ・ユーイングを演じて、その人気を不動のものにする。その続編シリーズにも出演した。

ハリウッド・ウォーク・オブ・フェームに名前が刻まれている。

1992年肝硬変と診断され、長年にわたる大量の飲酒を明らかにしていた。1995年には悪性腫瘍が肝臓に見つかり、臓器移植を受けた。

政治的にはリベラルな立場で、1960年代から平和自由党の支持者だった[8]。また、同じテキサス州出身のジョージ・W・ブッシュ大統領を「あまり良い教育を受けていない哀れな人物」、「アメリカをファシズムに導こうとしている」などと全く評価していなかった[9]

2012年11月23日咽頭癌による合併症のため死去。81歳[10][11][12]。「ニューヨーク・タイムズ」は彼を『ダラス』で演じたJ・R・ユーイング役に因み、「テレビで最も愛された悪役の一人」と追悼した[13]

『ダラス』[編集]

1973年

1978年、『The Waverly Wonders』と、ユーイング家の長男で狡猾なビジネスマンのJ.R.役となる『ダラス』の2つの番組からオファーを受けた。妻の薦めで『ダラス』の脚本を読み、自分に合っていると感じた。若かりし頃に勤務したアンテロープ・ツール・カンパニーの後継者争いで長男が勝利した記憶から役作りを行なった[14]

『ダラス』は90ヶ国で放送され世界中で成功を収め、特にイギリスでヒットし[15]イギリス王室の人々も好んで視聴するほどであり[16]、複数のスピンオフもヒットした[17]。当時、ハグマンは最も知られるテレビ俳優の1人となった。プロデューサーらはJ.R.の家族の愛憎劇を最大限に表現しようと、1980年3月21日のシーズン3最終回「A House Divided」において、クリフハンガーとしてJ.R.が何者かに撃たれて世界中に「Who shot J.R.?(誰がJ.R.を撃ったのか)」現象を巻き起こすなど最高潮に達した[18]

1980年11月7日にシーズン4が開始し[19]、視聴者だけでなく出演者たちも誰がJ.R.を撃ったのかを推理するなど、フィクションのドラマで最も議論された番組の1つとなった。メディアも騒ぎ立て、ハグマンは契約交渉の渦中にありシーズン4の撮影への復帰が遅れた。より高い出演料を希望し、1話目は最後の数分のみの出演となった。プロデューサーらはハグマンの出演料を大幅に上げるべきか、J.R.の出番をなくすか迷った。制作のロリマー・プロダクションズはハグマンなしの撮影を開始した。交渉中の7月、ハグマンは家族を連れてロンドンへ休暇に向かった[14]。ハグマンは要求を通すために交渉を続け、局の上層部はJ.R.が『ダラス』に必要だと認めた。これにより最も出演料の高いテレビ俳優の1人となった。シーズン4開始当初、脚本家らはJ.R.を撃ったのが実際に誰かわかるまで出演者たちにあらすじを明かさないよう緘口令が敷かれ、1980年11月21日、犯人が明らかになり、視聴率は最高記録となった。

1980年および1981年、J.R.・ユーイングを演じたハグマンはエミー賞主演男優賞にノミネートされたが、受賞はできなかった。1981年から1985年の間に4回、ゴールデングローブ賞にノミネートされた。ソープオペラ・ダイジェスト賞において悪役賞、主演男優賞、カップル賞、コミカル俳優賞で計7回ノミネートされ、5回受賞した。1981年、ダラスで行なわれたアカデミー・オブ・アチーブメントのアチーブメント・サミットでアカデミー会員のレイ・リー・ハントからゴールデンプレート賞を受賞した[20]

シーズン6終盤の1983年3月、ミス・エリ―役のバーバラ・ベル・ゲデス冠動脈大動脈バイパス移植術を受けたことで契約上問題となり、1984年、降板した。この時ハグマンは実の母である女優のメアリー・マーティンにミス・エリ―役の後継を提案したがマーティンはこれを断った。1984年から1985年のシーズン8のみの短期間、ドナ・リードがミス・エリ―役を演じた。1985年のシーズン9でベル・ゲデスは体調が回復し復帰した。

1991年のシーズン14終盤までに視聴率は下降し、CBSは『ダラス』の打ち切りを決めた。ハグマンは出演者で唯一全357エピソードに出演した。1980年代初頭、スピンオフの『Knots Landing』にも5回ゲスト出演した。『ダラス』最終回から数年後、その後を描いたテレビ映画で1996年の『J.R. Returns』、1998年の『War of the Ewings』に出演した。2012年初頭、TNTダラス (2012年のテレビドラマ)英語版』でJ.R.・ユーイング役を再演した[21][22]。2011年、2012年版撮影中、ハグマンは「もちろん悪役を演じるのは楽しい」と語った[23]。2012年にハグマンが亡くなり、新版『ダラス』シーズン2でJ.R.も亡くなったことになった。2014年のシーズン3にて、ハグマン出演の未公開映像はストーリー・アークとして使用された。

共演者との交友関係[編集]

かわいい魔女ジニー』で相手役となるジーニー役、『ダラス』でリアン・デラ・ヴェガ役を演じたバーバラ・イーデンとは長年の友人であり、「ラリーはこれまで共演した俳優の中でも最も知的な俳優の1人。役柄以上に演じ切る。他の俳優と共演してもかみ合わない。さらにラリーは私とは違いビジネスに長けている」と語った[24]。オーストラリアのニュース10でのインタビューにおいて、イーデンは『かわいい魔女ジニー』での共演について「タイミングが良く、説明しづらいが素晴らしかった」と語った[25]

『ダラス』でスー・エレン役を演じたリンダ・グレイはハグマンについて「35年来の親友」とし、グレイのエージェントがBBCに語ったところによると、グレイはハグマンが亡くなる病床のそばにいた。ハグマンの死に際し「彼は人生におけるハーメルンの笛吹き男であり、彼の知り合い全てに喜びを与えてくれる。創造力に富み、寛大で、才能があり、楽しく、愛すべき人物で、亡くなったことは非常に寂しい。唯一無二の存在で、天寿を全うした」と声明を出した[26][27]

『ダラス』でボビー・ユーイング役を演じたパトリック・ダフィもハグマンの亡くなる病床のそばにいた。ハグマンの死に際し「金曜日、私は私の人生に多大な影響を与えてくれた大親友の1人を失った。寂しさだけが問題だ。ラリーの穏やかさや心地よさが自分にはいつも大事だった。彼は障害を乗り越えようと、友人のためにも戦った。私は彼の友情に敬意を表する」と語った[28][29]

主な出演作品[編集]

映画[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1964 ミスタア・パルバー
Ensign Pulver
ビリングス
未知への飛行
Fail-Safe
バック
1965 危険な道
In Harm's Way
クライン中尉
1966 グループ
The Group
ハラルド・ピーターソン
1971 さすらいのカウボーイ
The Hired Hand
保安官 テレビ版のみ、クレジットなし
大統領のスキャンダル
The Vanished
ジェリー・フライターク テレビ映画
悪魔のエイリアン
Beware! The Blob
ヤング・ホーボー 兼監督
1974 ハリーとトント
Harry and Tonto
エディ
1975 青い渇き
Sarah T. - Portrait of a Teenage Alcoholic
ジェリー・トラヴィス テレビ映画
1976 弾丸特急ジェット・バス
The Big Bus
医師
鷲は舞いおりた
The Eagle Has Landed
クラレンス・E・ピッツ大佐
走れ走れ!救急車!
Mother, Jugs & Speed
マードック
アドベンチャー・ラリー
Checkered Flag or Crash
ボー・コクラン
1978 スーパーマン
Superman
市長 カメオ出演
1981 S.O.B.
S.O.B.
ディック・ベンソン
1982 戦うヘリコプター
Deadly Encounter
サム テレビ映画
1995 ニクソン
Nixon
ジャック・ジョーンズ
1996 ダラス/J.R.リターンズ
Dallas: J.R. Returns
J・R・ユーイング テレビ映画
1997 第三双生児
The Third Twin
ベリントン・ジョーンズ テレビ映画
1998 パーフェクト・カップル
Primary Colors
フレッド・ピッカー知事
ダラス/新たなる野望
Dallas: War of the Ewings
J・R・ユーイング テレビ映画

テレビドラマ[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1965-1970 かわいい魔女ジニー
I Dreamed of Jeannie
アンソニー“トニー”・ネルソン少佐 レギュラー出演 、139エピソード
1971 底抜けおとぼけ運転手
Good Life
アルバート・ミラー 主演、15エピソード
1978-1991 ダラス
Dallas
J・R・ユーイング 主演、357エピソード
2006 NIP/TUCK マイアミ整形外科医
Nip/Tuck
バート・ランドー 5エピソード
2011 デスパレートな妻たち
Desperate Housewives
フランク・カミンスキー 2エピソード
2012-2013 ダラス
Dallas
J・R・ユーイング 12エピソード

脚注[編集]

  1. ^ Larry Hagman's manager shares details of actor's final days”. KENS5.com. 2012年11月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年11月28日閲覧。
  2. ^ Larry Hagman Delayed Potentially Life Saving Cancer Treatment To Film Dallas”. radaronline.com. 2012年11月27日閲覧。
  3. ^ Martin, Mary (1976). My Heart Belongs. Morrow. ISBN 0688030092. http://books.google.ca/books?id=tSuJ9Z6pDiQC&q=%22BENJAMIN+JACKSON%22+hagman+swedish&dq=%22BENJAMIN+JACKSON%22+hagman+swedish&hl=en 2012年11月24日閲覧。 
  4. ^ Star mothers: the moms behind the celebrities”. Books.google.ca. 2012年11月24日閲覧。
  5. ^ Ancestry of Larry Hagman”. Genealogy.com. 2011年1月12日閲覧。
  6. ^ A city comes out: how celebrities made Palm Springs a gay and lesbian paradise”. Books.google.ca. 2012年11月24日閲覧。
  7. ^ Larry Hagman's Southern Roots”. Genealogymagazine.com. 2012年11月24日閲覧。
  8. ^ Massey, David (1980年11月21日). “Official Dallas website-Larry Hagman biography”. Ultimatedallas.com. 2012年11月24日閲覧。
  9. ^ 'J.R. Ewing' slams Bush as 'sad figure'”. Worldnetdaily.com. 2011年1月12日閲覧。
  10. ^ Peppard, Alan (2012年11月23日). “Actor Larry Hagman, notorious as 'Dallas' villain J.R. Ewing, dies”. Dallas Morning News. 2012年11月24日閲覧。
  11. ^ Memmott, Carol (2012年11月24日). “Larry Hagman dead at 81”. USA Today. 2012年11月24日閲覧。
  12. ^ “「ダラス」のラリー・ハグマンさん、咽頭がんの合併症で死去 - シネマトゥデイ”. シネマトゥデイ. (2012年11月25日). http://www.cinematoday.jp/page/N0048054 
  13. ^ Nemy, Enid; Carter, Bill; Santora, Marc (2012年11月25日). “Larry Hagman, Who Played J.R. Ewing in ‘Dallas,’ Dies at 81”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2012/11/25/arts/television/larry-hagman-who-played-jr-ewing-on-dallas-dies-at-81.html 2012年11月24日閲覧。 
  14. ^ a b Hurt, Harry III (2012年6月). “Larry Hagman's Curtain Call”. Texas Monthly. http://www.texasmonthly.com/cms/printthis.php?file=feature.php&issue=2012-06-01 2012年11月26日閲覧。 
  15. ^ bfi | Features | Britain's Most Watched TV: 1980s” (2005年11月22日). 2005年11月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年5月16日閲覧。
  16. ^ “'Dallas' Star Larry Hagman Recalled When the Queen Mother Asked Him to Reveal 'Who Shot J.R.?'” (英語). Showbiz Cheat Sheet. (2020年11月17日). https://www.cheatsheet.com/entertainment/dallas-star-larry-hagman-recalled-when-the-queen-mother-asked-him-to-reveal-who-shot-j-r.html/ 2021年5月16日閲覧。 
  17. ^ 14 Big Facts About Dallas” (英語). www.mentalfloss.com (2016年5月3日). 2021年5月16日閲覧。
  18. ^ Richard Corliss "The 'Dallas' Shot That Was Heard Round the World: Television: Three hundred million viewers found out 'Who Shot J.R.?' 10 years ago this week on the soap opera that embodied the '80s", Los Angeles Times, November 23, 1990
  19. ^ Season four going by DVD listings - prior to the DVD releases, the first five episodes of Dallas were a part of what was called "the miniseries" rather than being season one. Therefore, the season four DVD was originally season three.
  20. ^ Golden Plate Awardees of the American Academy of Achievement”. www.achievement.org. American Academy of Achievement. 25 April 2022‎閲覧。
  21. ^ Hagman Signs Dallas Remake Deal”. Contactmusic.com (2011年2月2日). 2012年11月24日閲覧。
  22. ^ Dallas”. Tnt.tv. 2012年4月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年11月24日閲覧。
  23. ^ Memmott, Carol (2012年11月24日). “Larry Hagman dead at 81”. USA Today. 2012年11月24日閲覧。
  24. ^ Linda Gray's Final Deathbed Conversation With Larry Hagman | Hollywood Reporter”. www.hollywoodreporter.com (2012年11月28日). 2020年11月9日閲覧。
  25. ^ Nolasco, Stephanie (2019年3月26日). “'I Dream of Jeannie' star Barbara Eden recalls on-screen chemistry with Larry Hagman: 'It was wonderful'” (英語). Fox News. 2020年11月9日閲覧。
  26. ^ Batty, David (2012年11月24日). “Larry Hagman, Dallas' JR Ewing, dies aged 81”. The Guardian (UK). https://www.theguardian.com/tv-and-radio/2012/nov/24/larry-hagman-jr-ewing-dies 2012年11月24日閲覧。 
  27. ^ Larry Hagman dies at 81”. Los Angeles Times (2012年11月24日). 2012年11月26日閲覧。
  28. ^ Hibberd, James (2012年11月25日). “Patrick Duffy's heartfelt reaction to Larry Hagman's death”. Entertainment Weekly. http://insidetv.ew.com/2012/11/25/patrick-duffy-larry-hagman 2012年11月26日閲覧。 
  29. ^ Dallas Actor Larry Hagman dies aged 81”. Daily Telegraph UK. 2022年1月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年11月26日閲覧。

外部リンク[編集]