アンタッチャブル (テレビドラマ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンタッチャブル
The Untouchables
フォーマット 犯罪
テレビドラマ
製作者 アラン・A・アーマー
デジ・アーナズ
出演者 ロバート・スタック
アベル・フェルナンデス
ニコラス・ジョージアーデ
ポール・ピサーニ
ネヴィル・ブランド
主題曲作者 ネルソン・リドル
音楽 ネルソン・リドル
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
シーズン数 4
話数 116&パイロット版2話
製作
放送時間 45-48分
放送
放送局 ABC (1959-1963)
放送期間 1959年10月16日 (1959-10-16) – 1963年5月21日 (1963-5-21)
現況 終了

アンタッチャブル』(原題:The Untouchables)は、 アメリカ合衆国テレビドラマ海外ドラマ)。ABCテレビ1959年10月16日から1963年5月21日まで放送された。全116回とパイロット版が2回。モノクロ作品。日本ではNET(現・テレビ朝日)で放映された(ライオン歯磨一社提供[1]

概要[編集]

1930年代禁酒法時代のアメリカを舞台に、FBI特別捜査班の捜査官・エリオット・ネスが、シカゴ、ニューヨークなどのギャングや犯罪者を摘発する姿を描いた。

 原作は1957年に刊行された同名の本。UPI通信のスポーツライターだったオスカー・フレイリー(Oscar Fraley)が、エリオット・ネスへのインタビューと提供された資料を基に自伝としてまとめたもの。[:en:The Untouchables (1957 book)|The Untouchables]]」 自伝によれば、ネスは司法省禁酒局のシカゴの酒類取締局に勤務していたが、当時、シカゴでは密造酒の販売で成功したアル・カポネ率いる犯罪組織が暗躍していた。ネスは選抜メンバーからなる禁酒法取締り特別捜査班の設立を提言し、特別捜査班が設立されると主任捜査官となった。彼らはカポネら犯罪組織の脅しや買収にも屈せず、「アンタッチャブル」(悪に犯されないという意味)と呼ばれた。組織の活躍によって、違法な密造酒が次々と摘発され、ついにカポネは逮捕、収監された。 なお日本で刊行されている多くの資料が、ネスを財務省の特別捜査班リーダーと紹介しているが誤りである。自伝の中でもハッキリ司法省と自己紹介している。 自伝は大成功を収めるが、ネスは出版直前に急死し、その成功を見ることはなかった。その後、デシルプロダクションにより、テレビドラマ化が企画された。当初、主役のエリオット・ネスの候補に上がったのは、バン・ジョンソン、バン・ヘフリンだったが、ジョンソンは夫人がテレビドラマへの出演に反対し、ヘフリンは健康上の理由から見送られた。最終的に起用されたのは、ロバート・スタックだった。スタックはかつての主演スターだが当時は人気も下り坂だった。この経緯は、スタックが自伝の中で明らかにしている。当時のテレビ雑誌によると、ネスの未亡人は、スタックが夫にそっくりと喜んでいたという。 テレビ・シリーズの放送に先駆けてABCテレビの「デシル劇場」の中で、原作に基づき、特別捜査班がカポネを逮捕するまでのストーリーが前後編で放映された。一般にパイロット版と呼ばれる。日本では『ザ・アンタッチャブル/どてっ腹に穴をあけろ』のタイトルで劇場公開された。上映時間93分。 パイロット版の成功を受け、10月15日にテレビ・シリーズが放送開始された。シリーズ化にあたっては、エリオット・ネスを、アメリカ連邦警察、すなわちFBI特別捜査班の主任捜査官と設定し、シカゴ、ニューヨークを中心に実在の有名ギャングや犯罪者と戦う一話完結(二つのエピソードは前後編)の犯罪実録ドラマとして制作された。FBIの設定は、ネスにアメリカ中を駆け巡らせるには、シカゴの禁酒法取締り特別捜査班の役職では不適当と判断されたためと思われる。

 ドラマの内容は大きく分けて三つに分けられる。メインとなったのは、エルオット・ネス率いるFBI特別捜査班が、シカゴでカポネの後継者、ジェイク・グージックやフランク・ニティ、カポネの後釜を狙うギャングらの様々な犯罪や陰謀を粉砕するエピソード。ニューヨークのギャングと対決することもある。ニューヨークが舞台の場合、背後にはダッジ・シャルツやチャーリー・ラッキー・ルチアーノ、レプケ・バコルダーらが率いるシンジケートが控えていたという設定も少なくない。もうひとつは、実在の有名ギャング、ダッジ・シャルツやビンセント・マッドドッグ・コール、マ・パーカーら実在の有名ギャングの逮捕や末路を描いた伝記ドラマとでもいうべきエピソード。初期の頃に多く、実録ドラマとしての性格を強く打ち出してている。さらにシカゴの敏腕記者のリングル殺害事件、ルーズベルト大統領暗殺未遂事件、アル・カポネのアルカトラズ刑務所護送などの有名事件の顛末も扱われている。ナレーターには人気コラムニストのウォルター・ウィンチェルが起用され、あたかも実際にあった出来事がそのまま再現されているような臨場感を演出した。またドラマの制作のために、撮影スタジオには、事件の舞台となる30年代の市街地が再現され、当時の自動車も多数集められた。 新聞や雑誌で騒がれた実在の有名ギャングが次々と登場しエリオット・ネスと対決する実録タッチのストーリー。さらにギャング対ギャング、あるいはギャング対特別捜査班でトミーガンをぶっ放す過激な銃撃シーンが話題を呼び、全米では40%という高視聴率をマーク、主人公エリオット・ネス役のロバート・スタックは、1960年に第12回プライムタイム・エミー賞を受賞した[2]。スタックは主演スターとしてカムバックに成功した。スタックは自伝の中で、「駅馬車」の名優、トーマス・ミッチェルがゲスト出演していることを挙げ、「彼のテレヒドラマ出演は、これだけだ」と、ドラマの人気を誇らしげに書いている。カポネの後継者、フランク・ニティに扮したのは、ブロードウェイの経験もある実力俳優、ブルース・ゴードンだったが、シリーズが延長されるとセミレギュラーとして最後まで出演し、シカゴでネスと対決した。スタックはゴードンの演技の素晴らしさを自伝の中で手放しで賞賛しており、「アンタッチャブル」の成功の要因となり、ゴードンにとっても出世作となった。 なお実録タッチではあるが、実際にはフィクションに近い。ダッジ・シャルツ、フランク・ニティの末路を描いたエピソードなどは、事実関係がハッキリしている事件や人物を扱っているため、フィクションであることがハッキリ分かる。次々に当時のギャングや犯罪者を登場させ、ネスによって逮捕されたり最期を遂げたことにしているイメージが強い。 アメリカでは、犯罪実録ドラマの草分けとして今もなお評価されている。日本での放送も爆発的なヒットとなり、「アンタッチャブル」という言葉が流行した。日本の刑事ドラマの古典的名作「特別機動捜査隊」は、実録タッチのナレーションなど明らかに「アンタッチャブル」を意識している。

 一方、カポネをはじめ悪者のほとんどがイタリア系だった事から、放送当時はイタリア系アメリカ人がABC本社前でのデモや、番組のスポンサーとなっている企業の製品の不買運動を行なった[3]。イタリア系の歌手・俳優のフランク・シナトラも番組を批判している[4]。またカポネの未亡人と息子も制作関係者に対して「名誉棄損」で裁判を起こしているが、結局敗訴となっている。

1987年リメイク映画アンタッチャブル』が、1993年にリメイクテレビドラマ『新・アンタッチャブル』が制作された。

キャスト[編集]

レギュラー・準レギュラー[編集]

注・レギュラーの声を担当していた声優は、日下と黒沢以外は、ゲストや脇役の声も担当していた。上記以外にも、松宮五郎、富田耕生、近石真介らが準レギュラーとして参加し、毎回違った役を演じていた。  なおカポネ役が小林清志と紹介されていることが多いが、小林がカポネの声を担当したのは、日本で最終エピソードとして放映された「暗黒の帝王カポネ」のみで、そもそもカポネはレギュラー放送では、回想シーンを除いてはこのエピソードだけしか登場しない。小林は、レギュラー声優としてゲストの声やセミレギュラーであるシカゴ警察のジェイコプ署長の声を富田耕生と交代で担当していた。

主なゲスト出演者[編集]

後に有名ドラマで主演を張る俳優が多数ゲスト出演している。


左からアベル・フェルナンデス、ニコラス・ジョージアーデ、ポール・ピサーニ、ロバート・スタック(手前の座っている人物)

スタッフ[編集]

放映リスト(日本放映版)[編集]

日本放映版とアメリカ放映版は若干放送順が異なる。また、“The Unhired Assassin Part1&2”は日本では放映を見合わせた。フロリダで起きたルーズベルト大統領暗殺未遂事件を扱ったエピソードだが、演説会場で暗殺を図るという内容が、当時、日本で起きた社会党の浅沼委員長暗殺事件を連想させる内容のためと思われる。

  • ()括弧内は通算放送回
放送回 題名 原題
Pt どてっ腹に穴を開けろ Pilot
第1シーズン(1st Season/1959-1960)
1(1) 血で血を洗え The Empty Chair
2(2) 暗黒の誘拐 The George "Bugs" Moran Story
3(3) 真面目な奴は死ね You Can't Pick the Number
4(4) 死を賭けた情報 The Jake Lingle Killing
5(5) 地獄の聖歌 Ma Barker and Her Boys
6(6) 暗黒街の掟 The Dutch Schultz Story
7(7) 地底の叫び The Tommy Karpeles Story
8(8) 明日なき出獄 One-Armed Bandit
9(9) 宿命の復讐 The St. Louis Story
10(10) 裏切りの三叉路 Head of Fire, Feet of Clay
11(11) 恐怖の秘密結社 The Noise of Death
12(12) 密告者をばらせ The Organization
13(13) 折れた牙 The Big Squeeze
14(14) 証人を消せ Star Witness
15(15) 大都会の墓場 The Frank Nitti Story
16(16) 血ぬられた鍵 The Doreen Maney Story
17(17) 歪んだ罠 Nicky
18(18) 絞首台への契 The Artichoke King
19(19) 恐怖のハイウェイ The Tri-State Gang
20(20) 崩れた顔 The Underground Railway
21(21) 狂犬 Vincent "Mad Dog" Coll
22(22) 野望の果て The Rusty Heller Story
23(23) 汚れた街 Little Egypt
24(24) 白い奴隷 White Slavers
25(25) 悪業の報酬 Portrait of a Thief
26(26) 三千人の容疑者 3000 Suspects
27(27) 終局 A Seat on the Fence
28(28) 血と機関銃と酒と The Waxey Gordon Story
第2シーズン(2nd Season/1960-1961)
1(29) 復讐 Jack "Legs" Diamond
2(30) 地底の掟 The Mark of Cain
3(31) 失われた栄光 The Otto Frick Story
4(32) 野獣の饗宴 Jamaica Ginger Story
5(33) 腐敗 Syndicate Sanctuary
6(34) 血ぬられた恋 Underworld Bank
7(35) 地獄の断層 Ain't We Got Fun?
8(36) 報いなき死闘 The Purple Gang
9(37) 幻の一億ドル Mr. Moon
10(38) 死神に憑れた女 Kiss of Death Girl
11(39) 破滅への策謀 The Larry Fay Story
12(40) 絶滅への誘い The Nick Moses Story
13(41) 地獄への疾走 Mexican Stake Out
14(42) 失われた水平線 The Underground Court
15(43) 魔性の女 The Lily Dallas Story
16(44) 暴かれた秘密 Ring of Terror
17(45) 死を賭けた証言 Testimony of Evil
18(46) 歪んだ野望 The Antidote
19(47) 狂乱のカーニバル Murder under Glass
20(48) 死を商う男 Death for Sale
21(49) 死人の復讐 Stranglehold
22(50) 死への跳躍台 King of Champagne
23(51) 血に飢えた男 The Seventh Vote
24(52) 暗黒のスラム街 Augie "The Banker" Ciamino
25(53) 絶命への復讐 The Masterpiece
26(54) 真昼の虐殺 The Nero Rankin Story
27(55) 裏切りの報酬 The Nick Acropolis Story
28(56) 死への逃避行 Power Play
29(57) 策謀のパイプライン The Matt Bass Scheme
30(58) 炎の女 90 Proof Dame
第3シーズン(3rd Season/1961-1962)
1(59) 奈落の対決 Tunnel of Horrors
2(60) 暗黒の落差 Loophole
3(61) 背信の野獣 The Troubleshooter
4(62) 悪の系譜 The Genna Brothers
5(63) 切れた絆 Hammerlock
6(64) 陰謀の断点 Jigsaw
7(65) 死者との契約 Man Killer
8(66) 静かなる死斗 City without a Name
9(67) 背徳の十字路 The Canada Run
10(68) 電気椅子への代理人 Fall Guy
11(69) 復讐の十字路 Silent Partner
12(70) 死と権謀との接点 The Whitey Steele Story
13(71) 王座への挑戦 The Gang War
14(72) 死を招く愛情 Takeover
15(73) ストライカー兄弟 The Stryker Brothers
16(74) 生と死の綱渡り Element of Danger
17(75) 三代の確執 The Death Tree
18(76) 泥まみれのプリンス The Maggie Storm Story
19(77) 片腕の盗人 スロットマシン Man in the Middle
20(78) 氷の柩 The Chess Game
21(79) 完全なる告白 The Pea
22(80) 破滅への設計図 The Cooker in the Sky
23(81) 最後の目撃者 The Economist
24(82) 栄光に背く者 The Snowball
25(83) エレジー Elegy
26(84) 殺人の個人教授 Come and Kill Me
27(85) 恐怖のインコ Bird in the Hand
28(86) 最後の裏切り The Eddie O'Gara Story
29(87) 目には目を An Eye for an Eye
30(88) 死者に花束を Search for a Dead Man
31(89) 正義は金で買え A Fist of Five
32(90) 策謀の鉄路 Doublecross
33(91) 死を呼ぶ特権 The Floyd Gibbons Story
34(92) 破滅へのギャンブル The Speculator
35(93) 恐怖の神経麻痺 Jake Dance
36(94) グースに送るブルース Blues for a Gone Goose
37(95) 地球儀の秘密 Globe of Death
38(96) 殺意の焦点 Junk Man
第4シーズン(4th Season/1962-1963)
1(97) 血ぬられた聖夜 The Night They Shot Santa Claus
2(98) 裏切りへの仮出獄 The Man in the Cooler
3(99) 奪われた栄光 The Butcher's Boy
4(100) 暗黒への傾斜 Downfall
5(101) 生きていた死体 The Case against Eliot Ness
6(102) 破局への誘い The Ginnie Littlesmith Story
7(103) 泥沼の友情 The Contract
8(104) 憎悪への復讐 Pressure
9(105) 死の密入国 The Monkey Wrench
10(106) 鋼鉄の牙 Arsenal
11(107) 殺し屋の末路 The Torpedo
12(108) 死線 Line of Fire
13(109) 明日なき航路 The Spoiler
14(110) 魔の手 One Last Killing
15(111) 密告者の正体 The Giant Killer
16(112) 血の遺産 The Charlie Argos Story
17(113) 光なき死斗 A Taste for Pineapple
18(114) 狂った旋律 The Jazz Man
19(115) 暗黒の帝王カポネ(1) The Big Train (1)
20(116) 暗黒の帝王カポネ(2) The Big Train (2)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「テレビ・コマーシャルの考古学」による。
  2. ^ The Untouchables (1959) - Awards
  3. ^ BSコラムNHK 海外ドラマ ■海外ドラマ■ドラマの中の米国史 その3 by 岸川靖
  4. ^ Talese, Gay: "Frank Sinatra Has a Cold", page 27. Esquire, April 1966
  5. ^ 1961年の映画『ギャング紳士録』でもアル・カポネを演じている。

外部リンク[編集]

NET 火曜20時枠
前番組 番組名 次番組
アンタッチャブル
(1961年5月~1962年3月)
プロ野球中継
(20:00 - 21:30)
NET系 水曜20時枠
アンタッチャブル
(1962年4月~6月)
NET系 月曜20時枠
前番組 番組名 次番組
アンタッチャブル
(1963年1月~1964年6月)