レナード・ニモイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
レナード・ニモイ
Leonard Nimoy
レナード・ニモイLeonard Nimoy
本名 Leonard Simon Nimoy
生年月日 1931年3月26日
没年月日 2015年2月27日(満83歳没)
出生地 マサチューセッツ州ボストン
死没地 カリフォルニア州ロサンゼルス
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 俳優
映画監督
活動期間 1951年 - 2013年
配偶者 Sandra Zober (1954–1987)
Susan Bay (1988– )
主な作品
スタートレック』シリーズ

レナード・ニモイLeonard Nimoy/ˈniːmɔɪ/、本名Leonard Simon Nimoy, 1931年3月26日 - 2015年2月27日)は、アメリカ俳優映画監督

経歴[編集]

1972年頃に撮られた写真(左がニモイ)
2011年のフェニックスコミコン(コミックコンベンション)にて。バルカン人のヴァルカン式挨拶を行っている

マサチューセッツ州ボストン出身。ユダヤ系ロシア移民の家庭に生まれる。8歳のとき、ボストンのボウディン劇場で映画『ノートルダムのせむし男』を観る。そこでチャールズ・ロートン演じるカジモドに感情移入をしたのが、役者になるきっかけだったとしている。のちにボストンカレッジを中退してカリフォルニアへ移り、役者として生活するようになる。『キッド・モンク・バローニ』で映画俳優として主演デビューする。

アメリカSFテレビドラマシリーズ『スタートレック』に登場するバルカン人Mr.スポック役の俳優として有名である。『スタートレックIII ミスター・スポックを探せ!』と『スタートレックIV 故郷への長い道』では監督、『スタートレックVI 未知の世界』では原作製作総指揮も務めている。『スパイ大作戦』では第4シーズンと第5シーズンにグレート・パリス役でレギュラー出演もしている。TVシリーズ以外の作品としては1978年の『SF/ボディ・スナッチャー』での出演が知られる。優れた演技者でもあり、監督としても、数多くの作品でメガホンを取った。

2010年4月21日、俳優業引退を発表[1]したが、2011年の『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』で復帰した[2]。また、テレビドラマ『FRINGE』の第4シーズン最終話(2012年5月放送)などにもゲスト出演している。2013年に公開された『スター・トレック イントゥ・ダークネス』が最後の出演作品となった[3]

2014年、30年以上喫煙をやめていたが慢性閉塞性肺疾患(COPD)と診断されたことをツイッター上で表明[4]。2015年2月19日、同疾患による胸の痛みが原因でロサンゼルス市内の病院に搬送され[5]、同月27日にCOPDのため自宅で83歳で死去した[6][7]。最後のツイートは“A life is like a garden. Perfect moments can be had, but not preserved, except in memory. LLAP”(人生は庭園のようなものだ。ときに完璧な瞬間があっても、それは束の間で、思い出に残るのみ。長寿と繁栄を)だった[8]

家族[編集]

ニモイは2度の結婚歴があり、1954年に女優のサンドラ・ゾーバーと結婚、アダム・ニモイとジュリー・ニモイを儲けたが、1987年に離婚した。1988年に映画監督マイケル・ベイの従姉妹で女優のスーザン・ベイと再婚した。息子のアダムは後に監督となった。

主な出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

演劇[編集]

1980年頃に開催されたスタートレック・コンベンションのサイン会にて

映画[編集]

アニメ[編集]

ゲーム[編集]

CM出演[編集]

ミュージックビデオ[編集]

監督作品[編集]

主な著書[編集]

音楽作品[編集]

  • Mr. Spock's Music from Outer Space (1967年) - ナレーションや選曲に加えてボーカルも担当している。
  • The Two Sides of Leonard Nimoy (1968).
  • The Way I Feel (1968).
  • The Touch of Leonard Nimoy (1969).
  • The New World of Leonard Nimoy (1970).

脚注[編集]

  1. ^ 「スター・トレック」のミスター・スポックが俳優を引退!レナード・ニモイ60年間の俳優生活に幕 - シネマトゥデイ映画ニュース、2010年4月21日
  2. ^ 「スター・トレック」のミスター・スポックが引退を撤回!『トランスフォーマー』新作でセンチネル・プライム声優に - シネマトゥデイ映画ニュース、2011年4月2日
  3. ^ “「ミスター・スポック」永遠の旅へ 「スタートレック」L・ニモイさん死去”. 東京新聞. (2015年2月28日). http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2015022802000237.html 2015年3月1日閲覧。 
  4. ^ “元祖「ミスター・スポック」が肺疾患に、禁煙を呼び掛け”. ロイター (ロイター通信社). (2014年2月7日). http://jp.reuters.com/article/entertainmentNews/idJPTYEA1602920140207 2014年2月9日閲覧。 
  5. ^ “『スター・トレック』ミスター・スポック役のレナード・ニモイ、胸の痛みを訴え病院へ緊急搬送” (日本語). 海外ドラマNAVI. (2015年2月26日). http://dramanavi.net/news/2015/02/post-3480.php 2015年2月28日閲覧。 
  6. ^ “Leonard Nimoy, Spock of ‘Star Trek,’ Dies at 83” (英語). The New York Times. (2015年2月27日). http://www.nytimes.com/2015/02/27/arts/television/leonard-nimoy-spock-of-star-trek-dies-at-83.html 2015年2月28日閲覧。 
  7. ^ “米俳優レナード・ニモイさん死去 ミスター・スポック役”. 共同通信社. 47NEWS. (2015年2月28日). http://www.47news.jp/CN/201502/CN2015022801001148.html 2015年2月28日閲覧。 
  8. ^ J. Freedom du Lac (2015年2月27日). “Leonard Nimoy’s final public words: ‘Live long and prosper’” (英語). The Washington Post. http://www.washingtonpost.com/blogs/style-blog/wp/2015/02/27/leonard-nimoys-final-public-words-live-long-and-prosper/ 2015年3月26日閲覧。 

外部リンク[編集]