アニメドキュメント ミュンヘンへの道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アニメドキュメント ミュンヘンへの道
ジャンル ドキュメンタリー
アニメ
監督 大隅正秋
アニメーション制作 日本テレビ動画
放送局 TBS
放送期間 1972年4月23日 - 1972年9月24日
話数 全16話(特別編1話)
テンプレート - ノート

アニメドキュメント ミュンヘンへの道』(アニメドキュメント ミュンヘンへのみち)は、1972年4月23日から8月20日、および特別編として同年9月24日不二家の時間TBS)で放送されたドキュメンタリーアニメーションを一体化させた番組である。

概要[編集]

番組はバレーボール日本代表が、ミュンヘンオリンピック(1972年8月開幕)へ向けて取り組む様をチーム全体、あるいは選手個々のエピソードを交えて取り上げたもので、エピソード部分はアニメーション、また練習の模様などは実写映像を使って放送された。

当時、日本オリンピック委員会はアマチュア選手のテレビ出演を厳しく規制していたこともあって、選手エピソード部分についてはアニメーションを利用したものと考えられている。一方、アニメ部分の監督を務めた吉川惣司は、日本代表監督の松平康隆がチームの知名度向上を目指して広告代理店経由でTBSに企画を持ち込んだもので、実写番組では視聴率を見込めないことから「アニメと組み合わせるしかない」という判断になったと証言している[1]

原作は小泉志津男[2]の『嵐と太陽』(日本文化出版)および松平康隆の『負けてたまるか!』(柴田書店)。

松平康隆役の声優は小林昭二が担当した。毎回、猫田勝敏南将之森田淳悟横田忠義大古誠司ら、チーム全員12人を主役としてストーリーを編み、当時の日本バレーボール界をリードした選手が実名で登場している。

1971年タツノコプロ制作、日本テレビで放映した『アニメンタリー 決断』に次ぐ「アニメによるドキュメンタリー作品」であるが、『決断』が太平洋戦争を題材にした歴史ものだったのに対し、『ミュンヘンへの道』はオリンピックに関連した同時進行ドキュメントであった。日本代表チームが本当に金メダルを取れるのかという視聴者の興味を盛り上げながら、オリンピック前哨戦の試合と連動させることで、メディアミックスともいえる演出効果が見込まれた。通常放送の最終回は、オリンピックでのバレーボール競技が開始される1週間前で、オリンピックでの優勝決定後の9月24日に、優勝を記念する形で総集編的な「特別編」を放映している。

当時の実写フィルム映像は、のちに2013年3月NHK BS12014年3月にNHK総合テレビジョンで放送された「ヒーローたちの名勝負・ミュンヘンの軌跡 男子バレー金メダル」で一部紹介されている。

声の出演[編集]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

「ミュンヘンへの道」
作詞 - 阿久悠 / 作曲 - 渡辺岳夫 / 歌 - ハニー・ナイツビクターレコード
挿入歌 - 「燃える青春」
作詞 - 阿久悠 / 作曲 - 渡辺岳夫 / 歌 - ハニー・ナイツ(ビクターレコード)

漫画[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 安藤健二『封印作品の憂鬱』洋泉社、2008年、p.75
  2. ^ スポーツ紙記者を経てイトーヨーカ堂女子バレーボール部最高顧問を務め、『アタッカーYOU!』『ドン・チャック物語』の原作も手がけた。
TBS 不二家の時間
前番組 番組名 次番組
アニメドキュメント
ミュンヘンへの道
※本作より再びアニメ枠