親泊朝省

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
親泊 朝省
生誕 1903年9月18日
沖縄県
死没 (1945-09-03) 1945年9月3日(41歳没)
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1921 - 1945
最終階級 陸軍大佐
テンプレートを表示

親泊 朝省(おやどまり ちょうせい、1903年明治36年)9月18日 - 1945年昭和20年)9月3日)は、日本陸軍軍人。最終階級は陸軍大佐沖縄県出身。大本営陸軍部報道部部長、内閣情報局情報官。

略歴[編集]

比島決戦の歌[編集]

フィリピン戦を目前にして国民の士気を煽る必要から、敵将ニミッツマッカーサーの名前を入れるように要望があった。しかし打ち合わせで西條八十がそれを断ると出席していた陸軍報道部の親泊中佐がその場で「いざ来いニミッツ、マッカーサー出てくりゃ地獄に逆落とし」と代筆してこの曲が出来上がった。

後にレコード会社が古関裕而の全集を発売する時、この歌のレコードと楽譜が見つからず、古関本人に尋ねたところ「もうこの歌だけは勘弁してくれ」とレコード化を拒否されたという。

親族[編集]

姪に料理記者の岸朝子がいる。