古賀伝太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

古賀 伝太郎(こが でんたろう、1880年3月1日 - 1932年1月9日)は、日本陸軍軍人。最終階級は陸軍大佐。しばしば「古賀聯隊長」とよばれる。旧姓、野方。

経歴[編集]

佐賀県佐賀郡生まれ。野方房次の五男として生れ、古賀家の養子となる。佐賀中学校卒を経て、1901年明治34年)12月、士官候補生(15期)として騎兵第3連隊に入隊。1903年(明治36年)11月、陸軍士官学校を卒業。1904年(明治37年)3月、騎兵少尉に任官、騎兵第3連隊付としてただちに日露戦争に出征し、随所で戦って戦功あり。奥保鞏軍司令官から個人感状を授与された。

以後、1910年(明治43年)9月、騎兵第3連隊副官となり、同中隊長、騎兵第22連隊中隊長、同連隊副官、騎兵第2旅団副官などを歴任し、累進して1927年昭和2年)7月、騎兵中佐に任じ、翌年8月、騎兵第27連隊長に補せられた。

1931年(昭和6年)12月、満州事変に混成第38旅団に属し出動した。翌年1月9日朝、匪賊掃蕩のため部下の聯隊総員約130名を率いて錦西を出発し、その西方の上坡子付近で俄然、優勢な敵の射撃を受け戦闘を開始したが、戦況はなはだ不利。おりしも敵兵5、600が軍旗所在地の錦西に前進中であるのを目撃し、直ちに隊をまとめて錦西に疾駆し、市街西側部落で激しい白兵戦を敢行したが、敵の数弾をうけて戦死した。

錦西の小部隊は衆敵を受けて一時は軍旗も危殆に瀕したが、かろうじて堪え忍び、増援隊が来るに及んでようやく危機を脱した。

古賀は翌日、大佐に任ぜられた。

親族[編集]

  • 兄 野方英次郎(陸軍大尉)・野方芳太郎(陸軍大佐)
  • 三男 古賀尚(陸軍少佐)
  • ひ孫 古賀及子(デイリーポータルZライター[1]

古賀伝太郎をとりあげた作品[編集]

  • 音楽作品「古賀連隊長」「噫!古賀連隊」「噫々軍神古賀連隊長」
  • 映画「護国の鬼古賀連隊長」(1932年)

脚注[編集]

参考文献[編集]