ダーティハリー2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ダーティハリー2
Magnum Force
監督 テッド・ポスト
脚本 ジョン・ミリアス
マイケル・チミノ
製作 ロバート・デイリー
出演者 クリント・イーストウッド
音楽 ラロ・シフリン
撮影 フランク・スタンリー
編集 フェリス・ウェブスター
配給 ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗 1973年12月25日
日本の旗 1974年2月9日
上映時間 124分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $39,768,000[1]
配給収入 5億6000万円[2] 日本の旗
前作 ダーティハリー
次作 ダーティハリー3
テンプレートを表示

ダーティハリー2』(原題 Magnum Force)は、1973年製作のアメリカ映画ワーナー・ブラザース配給。

『ダーティハリー』シリーズの2作目。前作を超えるヒットを記録する。監督のテッド・ポストは1968年のイーストウッドの主演作『奴らを高く吊るせ!』の監督も務めている。

あらすじ[編集]

サンフランシスコ市警察本部のハリー・キャラハン刑事はある事件を追っていた。それは法の網をかいくぐるマフィアの大物ばかりを狙った殺人事件であった。当初、ハリーは酒びたりの同僚、チャーリー・マッコイを疑って捜査を開始するが、逆に彼は事件に巻き込まれ殺されてしまう。やがてハリーは交通課所属の4人の新人警官、ジョン・デイヴィス、マイク・グライムズ、フィル・スイート、レッド・アストラカンの存在を掴む。

次々と犯罪者の処刑が続く中、市警察の射撃大会が開催される。ハリーと決勝戦で対戦したのは4人のうちの1人、デイヴィスであった。ハリーはデイヴィスの拳銃を借りて的を故意に外して撃ち、秘かにその弾を回収する。チャーリーを撃った弾とデイヴィスの弾は一致し、マフィアの大物を狙っているのは4人の新人警官であることが確実になった。ハリーは彼らを連れてマフィアの摘発に向かうが、情報漏洩によって待ち伏せされ、スイートが射殺される。ハリーはこれを、自分を殺すためにスイートを犠牲にして仕掛けられた罠だと見抜く。

デイヴィスら3人はハリーを仲間に引き込もうとするが、ハリーはその誘いを一蹴。その日からハリーは彼らから命を狙われるようになる。自宅の郵便受けに爆弾が仕掛けられ、ハリー自身は爆弾を見破ってことなきを得るが、ハリーの相棒、アールが同じように自宅の郵便受けに仕掛けられた爆弾で犠牲になる。ハリーが上司のブリッグス警部補に連絡すると、ブリックスはハリーの自宅まで来て「これから市警察本部で事情聴取するから一緒に来てくれ」とハリーを車に乗せ、市警本部へ向かう。

しかし道中でブリッグスは銃を抜き、さらにデイヴィスら3人が現れて襲撃を仕掛けてくる。実は新人警官たちを裏で指揮している黒幕はブリッグスであった。ハリーは廃棄された空母へと3人を誘い込み、一発も銃を撃つことなく退ける。最後に残ったブリッグスは、あくまでも法律に従うハリーへの意趣返しとして、ハリーを警官殺しで起訴するためにその場を離れようとするが、密かにハリーがスイッチを入れていた爆弾によって爆死。生き延びたハリーは、一人その場を立ち去る。

登場人物[編集]

ハリー・キャラハン

ハリー・キャラハンの周辺人物[編集]

アーリー・スミス
市警察本部捜査課の刑事。ハリーの相棒。
妻帯者。アフリカ系。犯人が自宅の郵便受けに仕掛けた爆弾で死亡。
使用武器はコルト・パイソン
チャーリー・マッコイ
市警察本部交通課白バイ隊員。ハリーとは10年来の友人だが、犯罪を撲滅するには犯罪者の抹殺もやむを得ないという過激な正義感の持ち主であり、そのためにハリーから疑いを掛けられる。ハリーは彼を犯人だと推理し上司に進言するが、その直前に真犯人に殺害されていた。
フランク・ディジョージオ
市警察本部捜査課の刑事。ベテランでハリーの友人。
ニール・ブリッグス
市警察本部捜査課の警部補。主任刑事。デスク上に息子と思われる人物の写真を飾っている。刑事になってから一度も拳銃を使ったことがないことを誇りにしており、物語冒頭から全編を通じてハリーと対立する。
サニー
ハリーと同じアパートの住人で日系人女性。字幕ではソニーと呼ばれている。アパートに仕掛けられた爆弾で危うく死亡するところをハリーに助けられる。

犯人[編集]

ジョン・デイヴィス、マイク・グライムズ、フィル・スイート、レッド・アストラカン
新人の白バイ隊員。法の網を掻い潜ってのさばる悪党たちを問答無用で殺害していく。「似たような捜査をしている」からとハリーに仲間になるよう要求するが、彼らの考えに同意できないハリーはそれを断る。
全員コルト・パイソンの4インチを使用。一部では消音器を装着していた。他にもS&W M76サブマシンガン)を使用していた。
ニール・ブリッグス
市警察本部の捜査課警部補としてマフィア関係者連続殺人事件を捜査指揮していたが、実は彼こそがデイヴィスらを動かしていた黒幕だった。
使用武器はS&W M19コルト・パイソン

マフィア関係者[編集]

カーマイン・リッカ
有力マフィアのボス。表の顔は労働組合の幹部で、組合員の殺人容疑で逮捕されたが保釈される。デイヴィスらの『処刑』の最初のターゲットとなり、保釈されたばかりのところをボディガード、弁護士、運転手もろとも射殺される。
JJウィルソン
ポン引き。売り上げを誤魔化した売春婦を苛性ソーダで殺害したものの、翌日に射殺される。演じているのは前作(ノンクレジット)で冒頭に登場する銀行強盗犯で、ハリーから名台詞『well do you punk !』を投げかけられたアルバート・ポップウェルである。
ルー・ガズマン
マフィアの組長で、麻薬王。情婦とともにコンドミニアムにいたところを射殺された。
フランク・パランシオ
輸入食品会社を装ったマフィアの組長。リッカと敵対していたためブリッグスの誘導によりリッカ殺しの嫌疑をかけられたうえ、部下とともにオフィスにいたところを「偽警官による襲撃がある」との電話を受けたため、逮捕状を執行しに来たスイートを偽警官と思い込み射殺してしまい銃撃戦となる。車で包囲網の突破を図ったがハンドル操作を誤り、道路脇のクレーンに突っ込んで死亡した。

出演[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
フジテレビ テレビ朝日
WOWOW版追加録音部分)
ハリー・キャラハン クリント・イーストウッド 山田康雄 山田康雄
多田野曜平
ニール・ブリッグス警部補 ハル・ホルブルック 井上孝雄 仲村秀生
大川透
アーリー・“アール”・スミス フェルトン・ペリー 山田昌人 井上和彦
(井上和彦)
ジョン・デイヴィス デヴィッド・ソウル 野沢那智 仲木隆司
木下浩之
マイク・グライムズ ロバート・ユーリック 津嘉山正種 幹本雄之
レッド・アストラハン キップ・ニーヴェン 小川真司 屋良有作
フィル・スウィート ティム・マシスン 中尾隆聖 堀川りょう
チャーリー・マッコイ ミッチェル・ライアン 小林勝彦 (不明)
シドニー アルバート・ポップウェル 内海賢二 飯塚昭三
フランク・パランシオ トニー・ジョージオ 阪脩 池田勝
キャロル・マッコイ クリスティーン・ホワイト 出演シーンカット (不明)
サニー アデル・ヨシオカ 芝田清子 溝口綾
斉藤恵理
カーマイン・リッカ リチャード・デヴォン 加藤精三 加藤正之
高岡瓶々
ウォルター ジャック・コスリィ 小林勝彦 石森達幸
売春婦 マーガレット・エイブリィ 松金よね子 高木早苗
ナット・ワインスタイン モーリス・アージェント 谷津勲 浦山迅
フランク・ディジョージオ ジョン・ミッチャム 長堀芳夫 藤本譲
ルウ・ガズマン クリフォード・A・ペロー 増岡弘 加藤正之
タクシー運転手 ボブ・マーケリング 宮村義人 伊井篤史
リッカの運転手・ティノ ラス・モロ 阪脩 徳丸完
青山穣
エスタ・ブロック ボブ・マーテ 出演シーンカット (不明)
警部 丸山詠二 清川元夢
(不明)
ハイジャック 笹岡繁蔵 (不明)
黒部鉄 (不明)
ガズマンの愛人 小宮和枝 つかせのりこ
(不明)
検視官、ビル 藤本譲 増岡弘
(不明)
リポーター、空港職員 西村知道 (不明)
プールの女 スザンヌ・ソマーズ
翻訳:飯嶋永昭、演出:小林守夫、 調整:平野富夫、 効果:遠藤尭雄 、選曲:重秀彦、 配給:ワーナー・ブラザース・テレビジョン、 担当:富岡文枝、製作:東北新社
その他の声の出演:池田勝中村秀利
その他の声の出演:稲葉実山口健広瀬正志目黒光祐
演出:春日正伸(追加録音:伊達康将)、翻訳:鈴木導、調整:中村修、効果:南部満治/大橋勝次、選曲:河合直、制作:ザック・プロモーション

Blu-ray Discのダーティハリー アルティメット・コレクターズ・エディションには吹き替えキャストがフジテレビ版が表記されているが、実際はテレビ朝日版が収録されている。

  • WOWOWでの放送ではソフト収録されているテレビ朝日版に追加録音したものが放送されたが、イマジカBSではフジテレビ初回版が放送された。

シリーズ作品[編集]

余談[編集]

  • 当初映画では空母でのアクションシーンの予定は無かった、1973年の撮影時点にサンフランシスコ港の一角に退役後も解体されずに存在していた、退役空母「シボニー」を使い、空母でのアクションシーンを追加した。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ http://www.boxofficemojo.com/movies/?id=magnumforce.htm
  2. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)322頁

関連項目[編集]

外部リンク[編集]