乱暴者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
乱暴者
The Wild One
Triumph Thunderbird from the movie "The Wild One" (1953).jpg
映画で使用されたバイクのレプリカ
監督 ラズロ・ベネディク
脚本 ジョン・パクストン
原作 フランク・ルーニー
製作 スタンリー・クレイマー
出演者 マーロン・ブランド
音楽 リース・スティーヴンス
撮影 ハル・モーア
編集 アル・クラーク
配給 コロンビア映画
公開 1953年12月30日 アメリカ合衆国の旗
1954年2月25日 日本の旗
上映時間 79分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

乱暴者』(あばれもの、原題:The Wild One)は、1953年に公開された、暴走族を題材として取り扱った初めてのアメリカ合衆国の映画

概要[編集]

マーロン・ブランドが暴走族の頭、ジョニー・ステイブラーを演じている。リー・マーヴィンが対立する暴走族の頭という敵役を演じ、メリー・マーフィヒロインであるウェイトレスのキャシーを演じる。監督ラズロ・ベネディクで、脚本はジョン・パクストンによる。

1947年7月4日独立記念日に、『ライフ』誌に掲載された、かなり誇張されたカリフォルニア州ホリスターであったバイカーの集会の記事と写真を元に、フランク・ルーニーが『The Cyclists' Raid』という短編小説を『ハーパーズ』誌に発表した。この作品の映画化権をコロムビア映画スタンリー・クレイマーが買い取ったが、犯罪者の映画を取ることに反発もあり、低予算で撮られることになる。このため、全ての撮影は撮影所の中で行われ、映画の舞台はアメリカ中部の架空の街になっている。

ホリスターの集会は、翌年のバイク集団、ヘルズ・エンジェルズの結成につながっていった。

その反社会的な内容から、イギリスでは1968年まで公開を認められなかった[1]

ストーリー[編集]

キャスト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Gary Robertson (2007). Gangs of Dundee. Luath Press Ltd. p. 22. 

外部リンク[編集]