ニック・アダムス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ニック・アダムス
Nick Adams
Nick Adams
 1960年宣伝写真
本名 Nicholas Aloysius Adamshock
生年月日 (1931-07-10) 1931年7月10日
没年月日 (1968-02-07) 1968年2月7日(36歳没)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ペンシルベニア州
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州ビバリーヒルズ
身長 170 cm[1]
職業 俳優
ジャンル テレビ・映画
活動期間 1952年 - 1968年
配偶者 キャロル・ニュージェント英語版(1959年 - 1968年) ※死別
テンプレートを表示

ニック・アダムス(Nick Adams、本名:Nicholas Aloysius Adamshock、1931年7月10日[2][3] - 1968年2月7日)は、アメリカ合衆国俳優セント・ピーターズ・カレッジ卒。

来歴[編集]

人物・エピソード[編集]

日本映画でのエピソード[編集]

  • 日本では、『フランケンシュタイン対地底怪獣』などの特撮映画への出演で特に知られる[3]。当時の「東宝新聞」[要文献特定詳細情報]では来日した彼について、「よく肥っており、明るい性格」とされ、撮影所では「ミフネ(三船敏郎)に会うのが夢だ」として、撮影所内を歩き回る姿が報じられている。日本語は出来なかったが、本多猪四郎監督も、「非常に勘がよく、演出しやすい俳優だった」と述懐している。『怪獣大戦争』で日本語吹き替えがつけられる際には、共演者の土屋嘉男に三船が声を当てるよう頼んだという[4]
  • 同列のSF映画で日本に招かれたラス・タンブリンジョゼフ・コットンなどのハリウッド俳優らが日本人スタッフと交わろうとせずに反発を受けたのに対し、ニックは積極的に交流を図り、共演者らにも人気があった[4][3][注釈 1]。日本文化にも興味を示し、日本食も進んで口にした。ダイエット中と言いながら日本食を食べまくっていたといい、ズボンのサイズが合わなくなり、『怪獣大戦争』の劇中で何度もズボンを引っ張り挙げる仕草が見られる。『フランケンシュタイン対地底怪獣』のロケでは、昼食を抜いてコーヒー1杯だけで済ませていたが、撮影中に倒れてしまい、その後豚汁を美味そうにすすっていたという[4]
  • 『怪獣大戦争』の際には、妻帯者であるにも関わらず水野久美に映画の役柄そのままに「妻とは離婚するから、結婚しよう」としつこく迫ったという[4][6][7][注釈 2]。当時ニックは離婚協議の泥仕合の最中であり、後に娘のアリソンは、このことが帰国後、父の離婚の原因のひとつになったとコメントしている[要出典]
  • 『怪獣大戦争』の宣材写真では、ゴジラや共演者(水野久美ら)と共に「シェー」のポーズをとっている[8]
  • 土屋嘉男とは特に息が合い[3]、土屋からは女性に対しての挨拶として「もうかりまっか?」、朝の挨拶として「ああ、腹減ったなあ」などの日本語を冗談で教えられ、あちこちでこれを使っていたという[9]。離日時には土屋からサインを貰い、「大事に家に飾っておくよ」と約束した。土屋は本気にしていなかったが、数年後、田中友幸が訪米した際にニックの自宅を訪ねたところ、本当に飾ってあったという[9]
  • 『怪獣大戦争』で共演した宝田明も、ニックを新宿へ遊びに連れて行っており、ニックの帰国後に映画『南太平洋』のスコアを送ってもらうなど交流があったという[10]。撮影では、それぞれ自国語を用いていたが、脚本の内容が頭に入っており、動きを合わせるだけで苦労はなかったという[11]

主な出演作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビ番組[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 『怪獣大戦争』で共演した沢井桂子は、ニックは片言の日本語で場を和ませていたと証言している[5]
  2. ^ ニックが旅館の屋根伝いに水野の部屋へやってきたという逸話については、水野は「話を作られた」として否定している[6]

出典[編集]

  1. ^ How tall was Nick Adams” (英語). How-Tall.com. 2014年3月23日閲覧。
  2. ^ a b c d e 東宝特撮映画全史 1983, p. 532, 「怪獣・SF映画俳優名鑑」
  3. ^ a b c d e f 超常識 2016, p. 125, 「Column ゴジラ映画 俳優FILE」
  4. ^ a b c d ゴジラ大全集 1994, p. 205, 「3大俳優座談会 素晴らしき東宝特撮映画」
  5. ^ 東宝特撮女優大全集 2014, pp. 104–105, 聞き手・構成 友井健人「沢井桂子インタビュー」
  6. ^ a b 東宝特撮女優大全集 2014, pp. 63–64, 聞き手:手塚昌明/構成:友井健人「水野久美インタビュー」
  7. ^ ゴジラとともに 2016, pp. 156–158, 構成・文 友井健人「水野久美」(『映画秘宝』2011年6月号)
  8. ^ [1]
  9. ^ a b ゴジラとともに 2016, pp. 44–45, 構成・文 友井健人「土屋嘉男」(『シネマバー ザ・グリソムギャング』イベント〈2009年5月〉と『新文芸坐』イベント〈2011年2月〉)
  10. ^ 円谷英二特撮世界 2001, p. 31, 「インタビュー 宝田明」
  11. ^ ゴジラとともに 2016, p. 9, 構成・文 浦山珠夫「宝田明」(『映画秘宝』2010年2月号掲載)

参考文献[編集]

  • 『東宝特撮映画全史』監修 田中友幸東宝出版事業室、1983年12月10日。ISBN 4-924609-00-5 
  • テレビマガジン特別編集 誕生40周年記念 ゴジラ大全集』構成・執筆:岩畠寿明(エープロダクション)、赤井政尚、講談社、1994年9月1日。ISBN 4-06-178417-X 
  • 『円谷英二特撮世界』勁文社、2001年8月10日。ISBN 4-7669-3848-8 
  • 別冊映画秘宝編集部 編 『<保存版>別冊映画秘宝 東宝特撮女優大全集』洋泉社、2014年9月24日。ISBN 978-4-8003-0495-7 
  • 『ゴジラの超常識』[協力] 東宝、双葉社、2016年7月24日 (原著2014年7月6日)。ISBN 978-4-575-31156-3 
  • 別冊映画秘宝編集部 編 『ゴジラとともに 東宝特撮VIPインタビュー集』洋泉社〈映画秘宝COLLECTION〉、2016年9月21日。ISBN 978-4-8003-1050-7 

外部リンク[編集]