アングリー・ビーバーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アングリー・ビーバーズ』(英語The Angry Beavers)とは、ミッチェル・シャウアー原作、Gunther Wahl productions製作のテレビアニメ。1997年4月から2001年3月までアメリカ合衆国のニコロデオンで放送されており、現在ケーブルテレビ『NICKTOON』で放送中。日本及び、各国のニコロデオンチャンネルでは、現在も放送中である(2006年1月現在)。

概要[編集]

低学年層向けとして放送が開始されたアングリー・ビーバーズであるが、レトロな感覚と1960 - 70年代のダンスミュージックとB級ホラー映画をパロディしたネタは、子供のみならず大人世代からも絶大な支持を受けた。後の『スポンジ・ボブ』や『ジミー・ニュートロン 僕は天才発明家!』にも多大な影響を与えたとも評される。当時のラジオ局では主人公ダゲットの口癖やフレーズ「That was nuts!」などを使っていた。1997年にはアニー賞を受賞。

1998年、エピソード24(日本では23話)の『ALLEY OOPS』においてノーバートがダグに対し「Oh,shut up,Dag!(ああ、黙れ、ダグ!)」と発言した際、この台詞が「You stink!(くそ!)」にも似た、幼児向け番組に相応しくない台詞と批判され、その後「Shush up、stupid!(シッ、バカ!)」という台詞に差し替えられた。 シーズン3から4までの間にも小さな小競り合いらしきものはあったようだが、詳細は不明。最終回となるエピソード63『BYE BYE BEAVERS』(日本未放送)ではノーブがニコロデオンから手紙を受け取り、番組が終了することをダグに伝えた。

登場人物[編集]

ダゲット (Daggett Doofus Beaver)
声 - 水木一郎/英 - リチャード・ホーヴィッツ
ノーブの弟。弟ということに対して非常に感情的。衝動的で、とても神経質、かつ集中力が低い。トゲトゲしたイライラのかたまりのような存在でもある。
ノーブ (Norbert Foster Beaver)
声 - 志村けん/英 - ニック・ベケイ
ビーバー兄弟の兄(ダゲットより4分だけ年上)。温厚だがいつも主導権を持ちたがっており、ずるがしこい。ひとりよがりな面では、ノーブはダゲットと同じくらい心もとないが、その臆病な面を隠すのが上手。 大冒険へ真っ先に飛び出すというよりもゆっくりと座ってココアを飲むタイプ。

サブタイトル[編集]

  • 第63話:BYE BYE BEAVERS

関連項目[編集]

外部リンク[編集]