トバル2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トバル2
TOBAL 2
ジャンル 格闘アクション
対応機種 プレイステーション
開発元 ドリームファクトリー
発売元 日本の旗スクウェア
日本の旗LH版:スクウェア・エニックス
人数 1 - 2人(対戦)
メディア CD-ROM1枚
発売日 日本の旗1997年4月25日
日本の旗LH版:2007年1月25日
対象年齢 LH版:CERO:A(全年齢対象)
その他 LH版=レジェンダリーヒッツ
テンプレートを表示

トバル2』(Tobal 2、トバル ツー)は、1997年4月25日スクウェア(現スクウェア・エニックス)から発売されたプレイステーション3D対戦型格闘ゲーム。制作はドリームファクトリー

概要[編集]

トバルNo.1』の続編として発売された。前作とは異なり、日本国内のみの発売となった。約40万本を売り上げたが前作には及ばなかった。2007年1月25日には廉価版レジェンダリーヒッツ」としてスクウェア・エニックスから再発売された。

前作はシェーディングをかけない角ばった生のポリゴンだったが、今作ではグーローシェーディングという技術を採用し、滑らかなキャラクターになっている。ジャストフレームコンボや必殺技といった要素も追加された。

クエストモードをプレイするとキャラクターを増やすことができるため、総キャラクター数は100体以上にもなる。この数は格闘ゲームとしては前代未聞であった。

キャラクターデザインは前作に続き鳥山明が担当し、新キャラクターも登場する。

初回購入特典として、『ファイナルファンタジーVII』のイメージビデオが付属している。

地球暦2045年、第99回闘技大会の物語が惑星トバルを舞台として展開される。

キャラクター[編集]

チュージ・ウー
年齢18歳、身長175cm、体重70kg。地球出身で、幼いころに惑星トバルに移り住んだ。学校に通いながら炭鉱で働いている。前回大会ではグリンに敗れて優勝を逃す。新たな技を身につけて参加した。カッツ財団の態度に腹を立て、グリンに因縁をつける。
派手な技が多い。奥義は気弾を前方に押し出す技。
エポン
年齢19歳、身長167cm(説明書では165cm)、体重50kg。惑星トバルの衛星であるキッタイク星出身。強気な女性である。エポンの父親はかつて幼かった自分を救うためどうしてもお金が必要であり、汚い方法で勝利し、スーパートバルマンになったことがあった。そんな父親を世間は卑怯者呼ばわりしたが、それが自分のためだったことを知っているため、父親の汚名を返上するために大会に参加した。
パワーはないがスピードが速く、手数の多さで勝負する。奥義は気弾を押し出す技。
オライムス
年齢20歳、身長198cm、体重110kg。キエンタック星出身。その風貌から、「ニワトリさん」と呼ばれている。心優しい性格で、2人の子供と1個の卵の父親である。一族の誇りをエポンの父親に汚され、その娘であるエポンを倒すことで名誉を回復するために大会に参加した。
発達した筋肉を生かした強力な打撃を得意とする。また、跳躍力が高く、遠くまでジャンプできる。奥義は頭のトサカを飛ばす技。
ホム
製造年数21年、身長180cm(攻略本では203cm)、体重150kg。炭鉱で働くロボットとして生まれたが、フェイ・プウ・スーの弟子となり、格闘術を身につけた。前回大会では敗れ、その間に磨いた技で師匠を見返すために大会に参加した。
トリッキーな技を使いこなす。前作に引き続き、あるコマンドを入力すると機能停止してしまう。奥義は光線を発射する技。
フェイ・プウ・スー
年齢不詳、身長161cm、体重50kg。第66回大会でウダン皇帝を倒して優勝し、見事史上2人目のナンバーワンの座についた地球出身の格闘家。再び大会に出場することになった。優勝したときにもらった「王者の石」をホムの動力源とした。最近のホムの様子を見て新たな王者の石を得ることを決意、大会に参加した。
年老いているが技の切れは健在で、スピードの速い技を繰り出す。奥義はバウンドする黒い玉を前方に飛ばす技。
マリー・イボンスカヤ
年齢33歳、身長189cm、体重140kg。地球人でロシア系フランス人。スーパープロレスのチャンピオン。カッツ家の執事にグリンの優勝阻止を依頼され、報酬を得るために大会に参加した。
プロレス仕込みの破壊力ある打撃・投げを得意とする。奥義は砲丸投げの要領で気弾を投げる技。
イール・ゴガ
年齢不詳、身長201cm、体重180kg。惑星トバルの衛星であるワコイバヤイ星の出身。恋愛を成就させるために大会に参加した。グリンに一目ぼれしてしまった彼女の心を取り戻すために大会に参加した。
見た目どおりのパワーが魅力。尻尾を使った攻撃も強烈。奥義は衝撃波を発射する技。
グリン・カッツ
年齢18歳、身長175cm、体重70kg。地球出身で、イギリスの大富豪カッツ家の次男。頭脳明晰で格闘技の天才。前回大会では並み居るライバル達を打倒し、見事スーパートバルマンの称号を手にしたが、ウダン皇帝に敗れ、ナンバーワンにはなれなかった。トレーニング中にカッツ財団の不穏なうわさを聞き、真実を確かめるために大会に参加した。
切れ味鋭い技と多彩なコンビネーションが武器。奥義は足からブーメラン状の衝撃波を飛ばす技。
ドクターV
年齢32歳、身長202cm、体重105kg。地球出身の医者でムエタイの使い手。研究材料となる王者の石を手に入れるために大会に参加した。
技のリーチが長めで力も強め。ナジームスタンスというノーガード戦法をとることができる。奥義は気弾を前方に発射する技。
チャコ・ユタニ(湯谷茶子)
年齢23歳、身長174cm、体重58kg。地球出身で惑星トバルに派遣された宇宙パトロール。八極拳の使い手。カッツ財団の内情を探るため、自らの腕試しのため、同時に一目ぼれしたグリンに接近するために大会に参加した。
パワーはないがスピードが速くリーチが長め。奥義はハート型の弾を飛ばす技。
ムーフー
惑星トバルから遠く離れたジャルング星の出身。身長210cm、体重60kg。前回大会に続き参加。
リーチの長いパンチ・キックで相手を寄せ付けない。奥義は使えない。
ノーク
イルドアーボ星の出身。身長304cm、体重350kg。前回大会に続き参加。
破壊力がすさまじく、短時間で相手をねじ伏せる。前作とは異なり、ノークが使用可能になる。奥義は使えない。
ウダン皇帝
身長152cm、体重45kg。惑星トバルの支配者にして最強の格闘家。この大会の主催者。前回大会に引き続き最後の壁として挑戦者に立ちはだかる。
小柄な体格で切れ味鋭い技を次々と繰り出す。奥義は使えない。
チョコボ
ファイナルファンタジーシリーズからのゲスト出演。クエストモードを進めると使用可能になる。
くちばしでつつく攻撃、足でのキックが主な攻撃手段。奥義は使えない。
クエストモードを進めると使用可能になる。
前足、後足でのキックのほか、突進攻撃や噛み付き攻撃も使える。奥義は使えない。
魔王マーク第1形態
魔物たちの親玉。ウダン皇帝を上回る強さを持つ。遺跡ダンジョンで初めて姿を現す。カポエイラのような動きで足技を繰り出す。
クエストモードを進めると使用可能になる。奥義は足からブーメラン状の衝撃波を飛ばす技。
魔王マーク第2形態
魔物たちの親玉。封印の迷宮で倒された魔王マークが変身し、真の姿を現したもの。足技に加えて尻尾も振り回す。
クエストモードを進めると使用可能になる。奥義は口から光線を発射する技。
クエストモードの魔物たち
悪しき力に染まったものたち。ダンジョンの中でプレイヤーを待ち受ける。その種類は亜人種、人型ロボット、工作機械、トカゲ、恐竜、鳥など多彩。
恐竜はシッポ、鳥はくちばし、工作機械はドリルというように能力をフルに利用して襲ってくる。

システム[編集]

前作同様、リングを自由に動くことができる。上段攻撃、中段攻撃、下段攻撃というボタンが引き続き採用され、つかんでからのパンチ、キック、投げも健在である。

前作とは違い、リングの重力が惑星トバル固有のものに改められた。これによって相手を高く浮かせることができるようになった。

「ジャストフレーム」と呼ばれる技が存在する。この技はボタンを一定のタイミングで押さないと出ないので、出すのが難しい。

前作では使えなかった「奥義」と呼ばれる技を使えるようになった。この技は体力を消耗して攻撃力に変える技で、出るのが遅いがガードされることはない。

オプション設定を変更すればクエストモード以外の対戦をメモリーカードに保存できる。保存した試合は後で再生できる。

トーナメント[編集]

選択したプレイヤーキャラクター以外のキャラクターと対戦を重ねていく。終盤にはムーフー、ノーク、ウダン皇帝という3体のボスが出現し、ウダン皇帝に勝利するとエンディングとなる。

対戦モード[編集]

2人で対戦することができる。使用できるキャラクターはトーナメント、クエストモードをプレイすると増やすことができる。 クエストモードで使用可能になったモンスターは自分で操作して戦うほか、コンピューターに任せて戦うことができる。これを利用すると対コンピューター戦もできる。

他のメモリーカードからモンスターデータを読み出して使用したり、試合の記録データからモンスターを生み出して戦わせることもできる。

トレーニングモード[編集]

技の動作確認などを行うモード。相手の動作はこちらからある程度指示できる。

クエストモード[編集]

前作でも好評だったダンジョン探索モード「クエストモード」がさらに進化したもの。

トーナメントで好成績を残した格闘家がウダン皇帝に魔物退治の命を受け、ダンジョンに進入していく。

キャラクターを腕力・脚力など、体の部位別に成長させることができ、腕力を上げるとパンチが強くなり、脚力を上げるとキックが強くなる。

石を5個まで装備することができ、能力値を上げられる。石は装備するまで修正値がわからず、マイナス数値のついた呪われた石は白い薬を飲むまで外せない。

ダンジョン内には薬が出現し、種類によってさまざまな効果をもたらす。薬は自分で飲むほか、モンスターに投げつけても効果を発揮する。薬は一度使うまで種類がわからない。

薬・石同士をぶつけると合成ができる。石の場合は修正値をあわせることができ、薬の場合はまったく違う種類の薬を生み出すことができる。

行動するたびに満腹度が減っていき、これが0になると体力が減っていく。食料を食べることで満腹度を回復できる。

ダンジョン内には多数のモンスターが出現する。モンスターは赤い火の玉の姿をしていて、近づくと正体を現す。青白い火の玉の姿をしたモンスターは動き回っていて、不意をつかれることがある。モンスターが出現すると通路が封鎖されるため、モンスターから逃げることはできない。モンスターは弱らせてから「捕獲の石」を投げることによって捕まえることができ、クエストモード以外でプレイヤーキャラクターとして使用できる。

スタッフ[編集]

声優[編集]

  • ムーフー:声(龍田直樹)Naoki Tatsuta ※龍田と佐藤のクレジットが逆になっていた
  • ノーク:声(佐藤正治)Masaharu Sato
  • ウダン皇帝:声(沼田祐介)Yusuke Numata
  • 魔王マーク:声(速水奨)Sho Hayami

関連項目[編集]

外部リンク[編集]