キャメルトライ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
キャメルトライ
ジャンル アクションゲーム
対応機種 アーケード[AC]
X68000[X68K]
スーパーファミコン[SFC]
PlayStation 2[PS2]
EZアプリ(BREW
PlayStation Portable
iPhone / iPod touch
開発元 タイトー
発売元 タイトー
人数 1~2人交互プレイ
発売日 [AC]:1989年
[SFC]:1992年6月26日
[EZ]:2005年5月19日
[PS2]:2005年7月28日
[PSP]:2006年1月5日
[iPhone]:2009年3月9日
対象年齢 CERO:A(全年齢対象)
デバイス [AC]:パドルコントローラ
その他 PS2版はタイトーメモリーズ 上巻に、PSP版はタイトーメモリーズ ポケットに収録
テンプレートを表示

キャメルトライ』(Cameltry)は1989年タイトーから発売されたアーケードゲーム。 制限時間内に迷路の奥にあるゴールまでボールを導く不思議感覚アクションゲーム

キャメルとは英語でラクダの事で、ラクダのコブの上をボールが転がっている様がタイトルロゴにデザインされている。

ゲーム概要[編集]

画面中央に表示されるボールを制限時間内にゴールへ誘導することがこのゲームの目的である。このゲームを際立った特徴は、ボール自体を操作するのではなく、背景の迷路部分を回す操作により常に画面中央に位置するボールを移動させるという手段である。迷路には重力が存在し、常に画面の上から下へとボールは移動しようとし、画面はボールを中心に保つようにスクロールする。迷路を回転させると画面の下方向へ常に重力が働くため画面を180度回転させると重力の方向も逆となる。

操作方法やゲームの内容は単純であるが、実際にプレイするとボールではなく背景を操作するという逆転した感覚に慣れるまでに時間がかかるために、のめり込むプレイヤーとそうでないプレイヤーの差がはっきりと出た。

基本的操作[編集]

アルカノイドなどで使われた物と同様のパドルコントローラと1ボタンで操作する。

コントローラで迷路を自由に回転させることが出来、落下方向を制御する。ボタンは迷路のシェイクボタンで、ボールが迷路の壁に接地している場合はボールが壁の反対方向へジャンプするように飛び出す(ピンボールで言うナッジ)。また、押している間はボールの速度が増し、壁にぶつかった時大きく跳ねるようになる。

ボールは何も無い場所では常に画面下方向へと進む性質があり、自然に落下させるよりも外壁等を使用して転がした方がスピードが速い。壁などにぶつかるとボールは弾き飛ばされてしまうが、一部の壁はボールが勢い良くぶつかると壊れる事で道を新たに作ったり、アイテムを取得できたりする。

ボールが転がっている状態の場合にシェイクボタンを押すと進行方向に勢い良くジャンプし、遠くまで勢い良く飛ぶ事ができる。ジャンプを使いこなす事がこのゲームの肝とも言える。

コース[編集]

スタート後、トレーニングコース、ビギナーコース、エキスパートコース、スペシャルコースの4種類のコースから1つを選択してゲームを開始する。各コースの全ステージをクリアすることでエンディングとなる。迷路内には色々な仕掛けがあり、それらを乗り越えてゴールへと向かう。

各コースのステージ数
トレーニング、ビギナー…全6ステージ
エキスパート…全8ステージ
スペシャル…全10ステージ
外壁
迷路を構成する外壁。これに沿ってボールが転がり、壊す事は出来ない。
外壁には石の外壁と木の外壁2種類があり、石の壁は転がるスピードが早く止まりにくくぶつかると大きく弾かれる性質があり操作はし難い。木の壁は石の壁よりも転がるスピードは遅いものの止まりやすい等の性質があり、操作はし易い。

2人プレイ[編集]

2人プレイの時、早くゴールを競うラップマッチとなる。早くゴールすればプレイヤーの勝利となり、TIMEが5秒加算する。ドローだと10秒(スペシャルコースは除く)。

ボーナス[編集]

迷路の仕掛けにはピンボールを模した仕掛けがあるが、ボーナスもピンボールでよく使われているシステムを模している。

ナンバーマッチ
ゲームオーバー時の救済サービス。タイムが0になるとタイムオーバーとなるが、このとき行われるルーレットの数字がスコアの下2桁と一致すれば、30秒(工場出荷時設定)加算され、ゲームが続行可能となる。1クレジットあたり1回のみのサービスである。ナンバーマッチ成功時の加算秒数はディップスイッチ設定によって、20秒、25秒、40秒に変更可能である。
スロット
残りタイムが10以下の時にスロットが出現。スロットを止めればタイムが大幅に回復する。但し、スペシャルコースではスロットは出現しない。
ゾロ目
スコアの、10の位から100000の位までの5桁がゾロ目になると、ボーナスがもらえる。

隠しキャラクター[編集]

ゲーム開始時にスタートボタンを押しながらステージ選択をすると、プレイヤーキャラクターを選ぶことができる。 通常の玉よりも重く落ちるスピードが速い(実際には重力の法則に反している)ハイスコアを狙える鉄球や、雑君保プの漫画キャラクターなどが選択出来た。

移植作品[編集]

  • キャメルトライ(X68000)
1991年9月発売。酒井潔により作成され、電波新聞社へ持ち込まれた後、製品化された。[1]
パドル操作を実現するため、マウスに装着するアタッチメントの「XPDL-1」が付属していた。
ハードウェアとしては回転機能を持っていないが、スプライトダブラによる、スプライトの見た目の増加と、表示パターンの書き換えにより、擬似的に回転表示を実現している。
1992年6月26日発売。スーパーファミコンの回転機能を生かしてアーケード版をほぼ忠実に移植。
逆重力ステージなど、スーパーファミコン版独自のオリジナルステージが大幅に追加された。
1994年発売。電波新聞社による移植。
2005年7月28日発売。過去にタイトーが発売したアーケードゲームを多数収録したオムニバスソフトの中に収録された。
ただ、キャメルトライを含めた一部のゲームが最初から遊べないシークレット仕様になっている為、ロックを解除するには特定の条件を満たすか、隠しコマンドを入力する必要がある。これが不評だったのか、後に発売された廉価版の「TAITO BEST(2006年7月6日)」と、「エターナルヒッツ(2007年6月28日)」ではシークレット仕様が撤廃され、最初から全てのタイトルがプレイ可能な状態に仕様変更された。
2006年1月5日発売。上記のPlayStation 2版と同じく、過去にタイトーがリリースしたアーケードゲームを多数収録したオムニバスソフトの中に収録。現代向けにアレンジしたバージョンも収録されている。
2005年12月1日発売。キャメルトライをニンテンドーDS向けに改題・アレンジして製作されたもの。
基本ルールなどはほぼ同じで、タッチペン操作で迷路を回転させることができる。ボタンのみでも操作可能。
  • キャメルトライ -ザ・ラビリンス・オブ・エニグマ-(iPhone / iPod touch)
2009年3月9日発売。デザインを変更し、タッチパネルや加速度センサーを利用した操作になっている。

関連作品[編集]

2007年4月19日発売。
Wiiリモコンを使用して遊ぶミニゲームの1つとして収録された。

脚注[編集]

  1. ^ ゲームコレクター・酒缶のリコレクションアーカイブス第9回:キャラクターを語るならキャラクターを表現しないとダメ「海腹川背・旬 セカンドエディション」酒井潔氏(前編)

外部リンク[編集]