トムとジェリーの大冒険

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
トムとジェリーの大冒険
Tom and Jerry: The Movie
監督 フィル・ロマン
原作 ウィリアム・ハンナ
ジョセフ・バーベラ
トムとジェリー
出演者 リチャード・カインド
デイナ・ヒル
アンディ・マカフィー
シャーロット・レイ
トニー・ジェイ
エド・ギルバート
デイビット・ランダー
ヘンリー・ギブソン
リップ・テイラー
音楽 ヘンリー・マンシーニ
配給 アメリカ合衆国の旗 ミラマックス/ライヴ・エンターテイメント
ドイツの旗 ターナー・ピクチャーズ
日本の旗 松竹/松竹富士
公開 ドイツの旗 1992年10月1日[1]
アメリカ合衆国の旗 1993年7月30日[2]
日本の旗 1995年8月19日
上映時間 84分
言語 英語
テンプレートを表示

トムとジェリーの大冒険』(トムとジェリーのだいぼうけん、原題: Tom and Jerry: The Movie)[3]は、1992年に公開された、アメリカのミュージカル冒険アニメ映画である。

フィル・ロマン英語版が制作、編集、監督を務めた。ターナー・ピクチャーズ[4]によってドイツで公開され、 アメリカ合衆国ではミラマックスとライヴ・エンターテイメントによって公開された。日本では、松竹松竹富士によって公開された。また『トムとジェリー すくえ!魔法の国オズ』における日本では、2016年11月19日ローソンHMVにてDVD独占先行販売の他、ユナイテッド・シネマ、シネプレックスにて劇場公開(独占記念上映)されたため、トムとジェリーにおける日本で劇場公開されるのは、『トムとジェリーの大冒険』以来約21年ぶりとなる[5]。猫とネズミの二人組、トムとジェリー[4]が主役の長編映画であり、また彼らの作品の中で初めてかつ唯一広く劇場版で公開された映画である。また同時にこの作品は二匹にとって映画の世界への34年ぶりの復帰も兼ねていた。初期のいくつかの作品のように、本作ではトムとジェリーは人間の言葉で会話をするが、このコンセプトは後の映画やテレビ番組には引き継がれていない。本作は、協力者のウィリアム・ハンナとともに「トムとジェリーの大冒険」を作った人物であるジョセフ・バーベラがクリエイティブコンサルタントをつとめた映画であり[4]、1996年に亡くなったデイナ・ヒルの生前の最後の作品となった。

この映画は、350万ドルの製作費に対し360万ドルしか売り上げられなかったなど興行収入の面では失敗に終わった。

ストーリー[編集]

この映画はトムと飼い主が新しい家に引っ越しをしようとするところから始まる。トムは車の後部座席で居眠りしていたが、ジェリーに気付き追いかけまわした。そうしているうちに飼い主は車を出してしまい、トムとジェリーは置き去りにされてしまった。その翌日、クレーンによって家がとりこわされている真っ最中にトムは一度家からにげだしたもののジェリーを助けるために引き返すのだった。

家をなくした二匹は食料と住まいを求めてさまよい歩いたが、何も見つけることはできない。その夜、彼らは小道で野良犬のパグシーとその友達のノミのフランキーに出会う。トムとジェリーはそれぞれ自己紹介をしたあとで、お互いが喋れたことに驚きを感じるのだった。 パグシーとフランキーはその街道で独力で生き残ることは難しいので、二匹に仲間になることを勧めた。二匹はその案に賛成し、彼らの場所で「ごちそう」を食べることにも全員が賛同した。そしてパグシーはゴミ箱の中の残飯を集めて「ビュッフェ式の食事」を作った。パグシーの皿が満杯になった時、二人の野犬捕獲人が彼とフランキーを捕まえトラックに閉じ込めた。

パグシーとフランキーが連れ去られてしまった後で、トムは路地に住み、彼を追いかける、歌う卑劣な猫の一団に襲われたがジェリーがそれを助けてくれた。 トムとジェリーはそれからロビン・スターリングという名の少女に会った。彼女の母親は彼女が幼い時に亡くなり、父親はチベットに出かけ、雪崩に巻き込まれ亡くなったとその時考えられていたので、彼女は保護者として性格の悪い叔母のプリスティン・フィッグと二人で取り残されていた。ロビンの寝室を屋根裏に移させ、フィッグは下劣な弁護士のリックブートとロビン一家の財産を盗みに取り掛かってきたのだった。ロビンは首飾りのロケットが窓から投げ捨てられた後でそこから逃げ出してきた。そのようにして彼女は家出を始めたのだった。家がないことがどんなものかを知っているトムとジェリーはフィッグおばさんも心の底ではロビンを心配していると確信していたので、彼女を家に帰るように説得しようとした。

そのころ、フィッグは家で泣いていた。ロビンを失ったことにおびえ、彼女を安全に探し出すことを地元警察官に懇願するのだった。しかし、いったん警官が帰ってしまうと、冷酷でお金に飢えた自分勝手な人柄に戻った。そののち、その警官はロビン、トム、ジェリーを見つけフィッグの家に届けた。はじめ、フィッグはトムとジェリーが滞在することを許可するが、フィッグの犬のファーディナンドとの追いかけっこによってキッチンが大破してしまったためフィッグはトムとジェリーを、実はフランキーたちを捕まえた二人の野犬捕獲人の雇用者であり、虐待的な牢屋のような収容所の所有者でもあるドクター・アップルチークが経営する動物収容施設に無理やり連れていく。トムとジェリーはそこでパグシーとフランキーに再会した。そしてドルーピーら何匹かの他の犬からの助けをかり、彼らは脱出に成功した。 そうしている一方で、ロビンはトムとジェリーに再会し、彼女の父親が生きているということを電報を通じて知った。そして彼を探すために二匹とともにその家から脱出するが、フィッグがこの脱走を知ってしまうのだった。ロビンの安全が明らかになるまでロビンの父親がフィッグへの資金提供を打ち切ってしまったため、フィッグはリックブートの案でロビンに100万ドルの懸賞金をかけて探すことにした。だが、見つけた人に実際に懸賞金を払うつもりはなかった。その一方でロビンの父ピーター・スターリングは娘が逃げたことを知らされすぐに彼女を探すためアメリカに引き返すのだった。

トムとジェリーはロビンとともに乗っていたいかだが船に衝突したことで、ロビンとはぐれてしまった。ロビンは地元の遊園地の所有者、キディ船長と彼の喋る手踊り人形のスクウォークによって発見され助けられる。しかし、キディとスクウォークはその賞金についての広告でロビンの顔を見たためフィッグに電話をし、ロビンがいることを伝えた。その後、彼らは彼女を捕まえ解放に伴う身代金を手にする計画を立て、観覧車でロビンを罠にかけ捕まえた。アップルチークはその電話の会話を盗み聞きし、一番初めにロビンのもとにつくためのレースが始まった。しかし、トラックで追いかけている途中、アップルチークが二人の野良犬捕獲者にロビンにかけられている賞金を分け与えることを拒んだので、彼らはアップルチークをトラックから放り出した。トムとジェリーはちょうどフィッグとアップルチークが到着したときに遊園地でロビンを見つけた。トムとジェリーとロビンは野良犬捕獲者を観覧車で罠にかけてとらえ、蒸気船に乗ってフィッグ、アップルチーク、リックブット、キディに追われながら川を上って逃げた。結局フィッグとリックブートの乗っていた1955年製のオースチン・ヒーリー100は農場の泥にはまってしまった。彼らはいったん抜け出したものの、ペットのファーディナンドのローラーボードをひきずりながら橋を渡ったことで橋が壊れたため、彼らのうしろから車で追っていたアップルチークは川に落ち、ボートでロビンたちを追いかける途中で橋の下を通過していたキディとスクウォークに衝突した。 ついにトムとジェリーとロビンはロビンとその父のものである古い夏用の丸木小屋についた。しかし、彼らは無理やりロビンを家につれ帰そうとするフィッグとリックブートの待ち伏せを受ける。抵抗するロビンと、ロビンを強引に連れ帰そうとするフィッグとリックブートの争いの結果、石油ランプが壊れ、家が燃え始め、山火事のようになってしまう。トムとジェリーは屋根の上に登りロープでロビンを家の中から救出する。そしてフィッグとリックブートは彼ら自身につまずきよろめいて、ファーディナンドが運転するボートの見晴らし台に落ちていった。

最終的にその小屋が焼け落ちるとき、ロビンの父親がヘリコプターで到着し、ロビンを救助した。しかしその小屋が倒壊する前にトムとジェリーのところに行くことはできなかった。しかし二匹はその倒壊から生き残り、ロビンとその父親とともに彼らの家に住むために連れていってもらえた。パグシーとフランキーはこの出来事を新聞で見て最終的にトムとジェリーが友情を見いだしたことに満足した。しかし家ではロビンとピーターが見えなくなるとすぐに、トムとジェリーは彼らの友情ができすぎたものであることを喜びのうちに気づきつつ、いつものように追いかけっこを再開するのだった。

声の出演[編集]

  • トム:リチャード・カインド
  • ジェリー:デイナ・ヒル
  • ロビン:アンディ・マカフィー
  • フィッグおばさん:シャーロット・レイ
  • アップルチーク博士:ヘンリー・ギブソン
  • パグシー、ロビンの父親:エド・ギルバート
  • ノミのフランキー:デイビット・ランダー
  • リックブート:トニー・ジェイ
  • キャプテン・キディ:リップ・テイラー
  • スクウォーク:ハワード・モリス
  • ファーディナンド:マイケル・ベル
  • トムの飼い主:B. J. ワード
  • 引越し屋さん:グレッグ・バルソン
  • ドルーピー:ドン・メシック

日本語版吹き替え[編集]

ミュージカルの曲目[編集]

  1. "Friends to the End" - パグシー、フランキー、 トム、 ジェリー
  2. "What Do We Care? (The Alley Cats Song)" - 路地の猫たち
  3. "Money Is Such a Beautiful Word" - フィッグ、 リックブット
  4. "God's Little Creatures" - アップルチーク医師
  5. "I Miss You (Robyn's Song)" - ロビン
  6. "I've Done It All" - キディ、スクウォーク
  7. "Finale (Friends to the End)"
  8. "I Miss You" (End Title) - ステファニー・ミルズ英語: Stephanie Mills
  9. "All in How Much We Give" - ステファニー・ミルズ英語: Stephanie Mills

反響[編集]

批評と議論[編集]

1940、50年代のいくつかのアニメ作品においてトムとジェリーが人間の言葉で交わす場面は存在したものの、本作は普段言葉をしゃべらないトムとジェリーが対話をしている点に対して極めて否定的な批評を受けた。 雑誌バラエティの ジョゼフ・マクブライドはこう述べている。「トムとジェリーのおしゃべりは、『アンナ・クリスティ』の「ガルボがしゃべる!」という惹句に匹敵するものとして映画の歴史に名を刻むことはないだろう」[1]ロサンゼルスタイムズのチャールズ・ソロモンは映画の曲を批判し、またフィル・ロマンを演出について酷評した[6]ワシントンポストのハル・ヒンソンは猫とネズミの間の会話に苦言を呈し、声がトムとジェリーのキャラクターに適していないと言った。

また、ヒンソンは「ミュージカルの曲が過度に快活で陽気すぎるので忘れられやすい」とも言っている[7]。ジーン・シスケルとロジャー・イーバートはSiskel & Ebertという番組でこの映画に二つ星を与え、アニメーション、見かけと元のアニメから引き継いだ正確な芸術的デザインを賞賛した。その一方で二人はトムとジェリーが会話をすること、昔の漫画に比べてドタバタ喜劇が少ないこと、そして物語がつまらないことはよくないとし、さらにはトムやジェリーよりもロビンがより目立ってしまっていたことにまで言及した。

しかし、ニューヨーク・タイムズのヴィンセント・キャンビーは肯定的な見解をこの映画に寄せている。キャンビーはヘンリー・マンシーニの映画音楽とミュージカルの曲目をほめている。キャンビーは後にこう言い続けている。「トムとジェリーの大冒険のキャラクターは魅力的だ」[8]。2015年の4月の映画レビューをまとめているサイトであるロッテン・トマト における11件の批評に基づくと批評家の18%が肯定的な見解を示している[9]

興行収入[編集]

この映画は1993年の7月30日にアメリカ合衆国カナダで初公開された。その公開と同じ週に『ライジング・サン』、『ロビン・フッド/キング・オブ・タイツ』そして『ハネムーンは命がけ』が公開された[10]。公開してから14週目の週末の時点で、北アメリカで3,560,469ドルの興行収入を得た。そしてそれは財政的に失敗作であった[10][11]

サウンドトラック[編集]

トムとジェリーの大冒険サウンドトラック
サウンドトラック
リリース
録音 1991
ジャンル 映画のサウンドトラック
レーベル MCAレコード
プロデュース ヘンリー・マンシーニ
レスリー・ブリカス
テンプレートを表示

サウンドトラックのアルバムは1992年にMCAレコードによって発売された。それにはヘンリー・マンシーニが作曲した映画での歌と歌詞のない楽曲がどちらも含まれている[12]

#タイトル作詞作曲・編曲
1.「All in How Much We Give」(ステファニー・ミルズ)  
2.「Friends to the End」(エド・ギルバート、デイヴィッド L.ランダー、リチャード・カインド、 デイナ・ヒル)  
3.「What Do We Care (The Alley Cats' song)」(レイモンド・マクロード、ミッキー・ムーア、スコット・ウォヤーン)  
4.「God's Little Creatures」(ヘンリー・ギブソン)  
5.「(Money is Such) A Beautiful Word」(シャーロット・レイ、 トニー・ジェイ)  
6.「I Miss You (Robyn's Song)」(アンディ・マカフィー)  
7.「I've Done It All」(リップ・テイラー、ハワード・モリス)  
8.「Theme from Tom and Jerry (Main title)」  
9.「Homeless」  
10.「We Meet Robyn」  
11.「Food Fight Polka」  
12.「Meet Dr. Applecheek」  
13.「Chase」  
14.「Escape From The Fire」  
15.「Finale (Friends to the End)」  
16.「Theme from Tom and Jerry (Pop version)」  

家庭用メディアでのリリース[編集]

この映画ははじめファミリー・ホーム・エンターテイメント[13]によってVHSとレーザーディスクで1993年の8月26日にリリースされた。それから1999年3月2日にVHSで再リリースされ、2002年3月26日にはワーナー・ホーム・ビデオによってはじめてDVDがリリースされた。しかしイギリスのVHSのリリースを受けたにもかかわらず、リージョン2のDVDは今のところまだ利用可能ではない[14]

脚注[編集]

  1. ^ a b McBride, Joseph (1992年10月1日). “Review of Tom and Jerry: The Movie. Variety (Reed Business Information). http://www.variety.com/review/VE1117900137.html?categoryid=31&cs=1&p=0 2011年9月11日閲覧。 
  2. ^ Solomon, Charles (1993年7月30日). “Movie Review: Tom and Jerry': A Bland Cat-and-Mouse Chase : The formulaic story feels like a rerun and borrows characters from many other classics.”. Los Angeles Times. http://articles.latimes.com/1993-07-30/entertainment/ca-18331_1_tom-jerry-cats 2011年10月7日閲覧。 
  3. ^ Tom and Jerry on Cartoon Network”. Cartoon Network. Cartoon Network (2015年3月28日). 2015年3月28日閲覧。
  4. ^ a b c Barbera, Joe (1992). My Life in 'Toons: From Flatbush to Bedrock in Under a Century. Atlanta, GA: Turner Publishing. pp. 234–239. ISBN 1-57036-042-1. 
  5. ^ 仲良く喧嘩!しない『トムとジェリー すくえ!魔法の国オズ』上映決定! 映画情報どっとこむ. 2016年8月10日閲覧。
  6. ^ Solomon, Charles (1993年7月30日). “MOVIE REVIEW : 'Tom and Jerry': A Bland Cat-and-Mouse Chase : The formulaic story feels like a rerun and borrows characters from many other classics”. Los Angeles Times. http://articles.latimes.com/1993-07-30/entertainment/ca-18331_1_tom-jerry-cats 2011年10月7日閲覧。 
  7. ^ Hinson, Hal (July 30, 1993). “Tom and Jerry”. The Washington Post. http://www.washingtonpost.com/wp-srv/style/longterm/movies/videos/tomandjerryghinson_a0a83d.htm 2011年10月7日閲覧。. 
  8. ^ Canby, Vincent (1993年7月30日). “Movie Review - Tom & Jerry: The Movie”. The New York Times. http://movies.nytimes.com/movie/review?res=9F0CE3D91739F933A05754C0A965958260 2011年10月7日閲覧。 
  9. ^ Tom and Jerry - The Movie”. Rotten Tomatoes. Flixster. 2011年10月7日閲覧。
  10. ^ a b “Tom and Jerry: The Movie”. Box Office Mojo (Amazon.com). http://boxofficemojo.com/movies/?id=tomandjerry.htm 2008年11月22日閲覧。 
  11. ^ “It's Tough to Stay Afloat in the Film-Cartoon Biz : Movies: Disney's hits prove that it can be done, but other firms lack marketing savvy and a competitive product, animators say.”. Los Angeles Times. http://articles.latimes.com/1994-01-04/entertainment/ca-8386_1_animated-feature 2012年5月29日閲覧。 
  12. ^ [1]
  13. ^ Tom and Jerry the Movie [VHS (1993)]”. amazon.com. 2012年1月25日閲覧。
  14. ^ Tom and Jerry - The Movie (1992)”. amazon.com. 2012年1月25日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]