ポケモンジェネレーションズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(Pokemonのeにアクセント記号アキュート・アクセント」がついた(é)もの)が含まれています詳細
ポケモンジェネレーションズ
アニメ
監督 冨安大貴
脚本 冨岡淳広
音楽 OLM MUSIC, Inc
アニメーション制作 OLM team Kato
配信サイト YouTube
配信期間 2016年9月16日 - 12月23日
話数 全18話
テンプレート - ノート
プロジェクト アニメ
ポータル アニメ

ポケモンジェネレーションズ』(Pokémon Generations)は、2016年9月16日から12月23日までYouTubeで配信されたポケットモンスターシリーズのWebアニメ[1][2]。全18話。

本作はサトシ主人公アニメシリーズとは無関係であり、ゲームの内容を基に制作されている。2016年12月8日から2017年2月2日まで日本語吹き替え版が配信された。

ストーリー[編集]

第1話 「冒険」
舞台はカントー地方の「トキワの森」、一人の少年トレーナーはピカチュウをゲットし、共にジョウトホウエンシンオウイッシュカロスポケモンと戦い旅をする。そんな彼らの前に巨大なポケモンが姿を現す。
第2話 「追跡」
国際警察官のハンサムが、元ジムリーダーでロケット団のボス・サカキを追跡していた。しかし、ハンサムが現場に着いた時には既にもぬけの殻だった。そして、サカキは別の道を進むかのようにその場を去っていった。
第3話 「挑戦者」
すべてのジムバッジを集め、セキエリーグに挑戦する挑戦者。四天王を次々と倒し、挑戦者ついに頂点に立つ。そこに新たな挑戦者が姿を現す。
第4話 「いかりの湖」
四天王のチャンピオン・ワタルが「いかりの湖」で暴れる「あかいギャラドス」の原因を暴こうと、解散したはずのロケット団のアジトに潜入する。ワタルとカイリューはロケット団のポケモンを次々と蹴散らし、この事件の原因である発電室に入り込む。そこにはマルマインの電力を利用していたマシンがあった。それを破壊し、ロケット団の陰謀を阻止したワタルはギャラドスが去っていくのを見守っていた。
第5話 「継承」
サカキの息子の前に現れたのはハンサムだった。サカキの息子はハンサムから「ラジオ継承事件」を聞く。そして、サカキがロケット団を辞めたことを思い出し、「俺は親父のようにはならない、一人で強くなってみせる」と決意し、リーグに挑戦する。
第6話 「再生」
スイクンを探し求めて歩く青年・ミナキは「やけた塔」の伝説を調べるために、エンジュシティへ向かっていた。伝説によると「3匹のポケモンが塔と共に焼かれて死んでしまった」らしく、「虹色に輝くポケモンによってエンテイライコウ・スイクンとして生まれ変わった」ことを語る。全てを語り終えた彼は悔しそうに肩を落とすも、その時スイクンが現れ彼を励ますかのように去っていく。ミナキも安心して静かに帰って行った。そして、帰ったあとには一枚の「にじいろのはね」が落ちていた。
第7話 「ビジョン」
マグマ団はグラードンの眠る、海底洞窟へ向かおうとしていた。それを阻止しようと、少年トレーナーが侵入する。ボスのマツブサは女性幹部のカガリに「お前はここにいて、あいつを足止めしろ」と命令する。一人残されたカガリは「ビジョンが成功する」と思いながら想像する。その想像にはゲンシグラードンが目覚め、マツブサ達に攻撃をしてくる光景があった。その想像を不安がるカガリに少年トレーナーが現れ、今カガリとのバトルが始まろうとしていた。
第8話 「海底洞窟」
海底洞窟へ向かった、アクア団のボス・アオギリとその部下たち。洞窟の奥にはカイオーガがいた。アオギリは「自分の望む世界」を作ろうと「あいいろのたま」でカイオーガを目覚めさせ、カイオーガはゲンシカイオーガへとゲンシカイキし、飛び出していった。ゲンシカイオーガが飛び出すとあたりは急な嵐に見舞われ、ポケモンたちは慌てて逃げ出していた。アオギリはそれとも知らずに、高笑いをあげるも、部下のウシオから世界沈没と聞いて驚き、イズミからも「私たちの世界は消えてしまったの」と言われさらに愕然。アオギリはカイオーガにやめるよう説得するも、カイオーガは話を聞く様子もなく、アオギリ達に襲い掛かってきた。
第9話 「スクープ」
ニュースキャスターのマリとスタッフのダイが、ホウエンの宇宙センターに侵入してあるスクープを見つけ、そのデータをコピーしようとしていた。その映像には一人の少年トレーナーがメガレックウザに乗ってデオキシスと戦い、ゲットしている様子が映されていた。すっかり見とれていた二人はデータのコピーを終えて立ち去ろうとするが、この施設の管理人であるソライシ博士に見つかってしまった。マリとダイはデータコピー済みのメモリを博士に渡すふりをして油断させ、逃げ出すのだった。
第10話「森の洋館」
モミとラッキーが森の中を彷徨っていると、一軒の洋館があった。そこには一人の老紳士が二人を出迎え、彼女たちにご馳走をもてなした。しかし、そのご馳走は誰も座っていない席には豪華な分、モミとラッキーにはまるで何も載っていない皿だけ。それでも二人はただ美味しそうなご馳走だと思い、それを食べるだけだった。やがて食べ終わると老紳士は二人を寝室へ案内しようとした。ところが二人がついて行こうとすると、老紳士はいつの間にか二人の後ろに、そして再びついていこうとすると、老紳士はドロドロに溶けて消えていった。すると二人の後ろに不気味な影が迫り、逃げ出す二人はやがて追いつかれ、その影に飲み込まれてしまった。ふと目を覚ますと二人はボロボロの洋館で眠っていた。おそらく、今までの出来事はすべて夢だったようだ。そんな彼女たちの前に一枚の手紙が。手紙にはこう書いてあった。「あんな・えたいのしれ・に・を・もっていく」と。モミは手紙を読み終えると彼女たちの前に一人の少女が現れた。その少女の顔は不気味に変化し、モミとラッキーの悲鳴が森中に響き渡った…
第11話「新しい世界」
やりのはしらでギンガ団とそのボス・アカギが新しい世界を作ろうとする計画を実行させようとしていた。そして異空間から拘束された、ディアルガとパルキアを呼び出して、それらを利用しようとしたその時、チャンピオン・シロナが現れた。するとどこからともなく、ギラティナが現れた。ギラティナはアカギと共に反転世界へと潜り込んでいった。アカギが目を覚ますと、そこにはオリジンフォルムのギラティナがいた。アカギはギラティナの世界に残ることを誓い、部下のサターンに「私を探すな」と台詞を残すと通信を切った。
第12話「火山のおき石」
ギンガ団のプルートがハードマウンテンでヒードランを目覚めさせようとしていた。暴走するヒードランにバクとネンドールが対戦するが、ヒードランのパワーにネンドールは圧倒されてしまう。そこへ、国際警官のハンサムが現れた。バクはハンサムに協力するように言うが、ハンサムはバクに考えるように言うので、バクは頭を抱えてしまう。そこでバクは「かざんのおき石」を戻せばいいとひらめき、ネンドールのサイコパワーを利用してなんとかヒードランをかわし、おき石を戻すことに成功。するとヒードランは光に包まれ、消滅していった。ギンガ団の陰謀を阻止したバクはハンサムに勝負を挑む。
第13話「反乱」
イッシュ地方のチャンピオンロード。そこにはプラズマ団幹部とジャロを始める七賢人がいた。そこへサンヨウジムの3兄弟を除いたイッシュ地方のジムリーダーたちが現れ、今ジムリーダーとプラズマ団の壮絶な戦いが始まろうとしていた。
第14話「凍える世界」
プラズマ団の科学者・アクロマが街全体を氷の世界に変えようとする。そこへジムリーダーのシャガが現れた。その結果は…
第15話「帰還」
ジャイアントホールといった洞窟でキュレムとプラズマ団の総幹部・ゲーチスがいた。するとそこへレシラムに乗った青年・Nが現れた。Nはゲーチスに「イッシュが好きだ」と言い、それをゲーチスは「お前が王になるよう教育したのは無駄ではなかった」と喜ぶが、自分の計画を邪魔された恨みを晴らそうと、「いでんしのくさび」を出す。すると、レシラムはキュレムに吸収され、ホワイトキュレムと化する。ゲーチスはキュレムにNを氷漬けにするよう命令するが、Nに諭されて攻撃ができない。これに焦り激怒するゲーチス。Nは一度もゲーチスを父親と思っていなかったが、今から父親として慕い改心させようとした。しかし、これを聞いたゲーチスは完全に激怒し、怒声を上げ、キュレムに命令して攻撃させる。そこへ、ゼクロムに乗ったトレーナーが現れて、キュレムの攻撃を止めた。今、Nとゲーチスの戦いが始まろうとしていた。
第16話「永遠の美」
カロス地方のフラダリ・ラボ。そこへフラダリ・ラボの代表・フラダリがマジシャンの如く登場し、カエンジシの炎で燃やされるも、そこへ本物のフラダリが現れる。というのも先ほどのフラダリはホログラムだった。そして、フラダリは自らが開発したホロキャスターを説明する。その後、彼はとある喫茶店で女優を務めるカルネに「すべてを永遠の美しさにする」と語っていた。翌日、ホロキャスターが人気となり、フラダリ・ラボはホロキャスターの増産を決定したと、ニュースキャスターのパキラが語る。さらにポケモンセンターで健康治療の発表をしたとのこと。フラダリはラボに戻ると新たなプロジェクトを実行しようとしていたが、それが何なのかまだはっきりしておらず、フラダリは言おうとしない。そして、フラダリはとある場所へ向かう。そこにはイベルタルの繭が。そして、イベルタルが目覚めようとしていた…
第17話「捜査」
カロス地方で突然ポケモンが盗まれるという事件が続いていた。国際警察のハンサムは犯人を捕まえようとする。ところが、もこおと呼ばれる一匹のニャスパーがなぜか犯人に近づこうとするが、蹴飛ばされてしまう。その様子を見たハンサムは、その仕草に気づく。過去に行き場をなくした一人の少女・マチェールと出会い、彼が事務所を引き取ったのだった。そしてマチェールはハンサムの優秀な助手となった。しかし、彼女はハンサムに行き場を教えずに去ることが多かった。「まさか、彼女が連続ポケモン盗難事件の犯人か?」そう疑うハンサム。そしてとうとう、彼女を追い詰めたハンサム。そして、もこおは彼女にたいあたりすると、彼女のかぶっていたヘルメットを破壊する。すると、マチェールが顔を出した。マチェールはその場で倒れ、悲しむハンサムともこおを不思議がっていた。彼女は自分が事件の犯人だとは知らなかったようだ。
第18話 「贖い」
カロスリーグで殿堂入りしたトレーナーがお祝いされていた。それを見る母子。するとそこへ、AZという男が現れた。それを見た娘は「絵本の人と同じ人」だという。その男は殿堂入りしたトレーナーに勝負を挑む。それを見た母は、娘に絵本で話した伝説をすべて語る。その男はポケモンをとても大切にしていた。しかし、戦争が始まり、男もそのポケモンも戦争に巻き込まれてしまった。数年後、男はひとつの箱を渡され、愛するポケモンを生き返らせたいと願った。そして、彼は命を作る機械を作って、そのポケモンを生き返らせることに成功した。ポケモンは永遠の命を手に入れて蘇ったのだった。しかし、男は悲しみのあまり、怒りが収まらず、争いを続けることが許せずにいた。彼は最終兵器を作り、破壊の神と呼ばれた。そして、戦争は終わったのだが、永遠の命を手に入れたポケモンはこうなることを知っていたのだった。自分の命を手に入れ、ほかのポケモンは犠牲となることを。そして、生き返ったポケモンは涙を流して去っていた。彼もポケモンを探し求め探し続けた。話が終わると同時に、AZとトレーナーとの戦いも終わっていた。結果はAZの敗北に終わった。敗れたAZはお礼を言い、最終兵器を作った悲しい過去の自分を忘れられたことを語っていた。すると、そこへ謎の光に包まれて、フラエッテが姿を現した。実はこのフラエッテが戦争時代にAZに蘇らせ別れたポケモンだったのだ。AZとフラエッテは互いに3000年ぶりの再会を果たし、喜び合うのだった。その様子を見た母子も安心してその様子を見ていた。

日本語吹き替え版キャスト[編集]

★マークは英語版と同じ

スタッフ[編集]

各話リスト[編集]

話数 邦題 英題 絵コンテ 演出 作画監督 制作協力 配信日
英語版 日本語吹き替え版
1 冒険 The Adventure 冨安大貴 吉野真一 - 2016年
9月16日
2016年
12月8日
2 追跡 The Chase 柳沼和良 赤井真吾 SIGNAL.MD
3 挑戦者 The Challenger 冨安大貴 傳沙織 海島千本 9月23日
4 いかりの湖 The Lake of Rage 柳沼和良 赤井真吾
末澤慧
9月30日
5 継承 The Legacy 山田史
末澤慧
10月7日
6 再生 The Reawakiening 傳沙織 海島千本
7 ビジョン The Vision 平川哲生 吉岡毅 WIT STUDIO 10月14日 12月15日
8 海底洞窟 The Cavern 今井有文 10月21日
9 スクープ The Scoop 若野哲也 若野哲也
山井紗也香
吉岡毅
イム ドヨン
10月28日
10 森の洋館 The Old Chateau 森山悠二郎 諸貫哲朗 Production I.G 12月22日
11 新しい世界 The New World 川越崇弘 西村郁 11月4日
12 火山のおき石 The Magma Stone 川崎逸朗 後藤隆幸 11月11日
13 反乱 The Uprising 若野哲也 栗原基彦
イム ドヨン
WIT STUDIO 11月18日 2017年
1月26日
14 凍える世界 The Flozen World 朴性厚 11月23日
15 帰還 The King Returns 高橋知也 市川量也 松浦有紗 domerica inc. 12月2日
16 永遠の美 The Beauty Eternal 森大貴 安藤貴史 高橋成之 Production I.G 12月9日 2月2日
17 捜査 The Investigation 安食圭 12月16日
18 贖い The Redemption 牧野吉高 吉野真一 - 12月23日

脚注[編集]

  1. ^ 新作アニメ『ポケモンジェネレーションズ』配信!蘇る冒険の歴史”. KAI-YOU.net (2016年9月14日). 2016年12月9日閲覧。
  2. ^ 短編アニメ「ポケモンジェネレーションズ」EP1~6公開!ゲームの名シーンがアニメに”. インサイド (2016年12月9日). 2016年12月9日閲覧。
  3. ^ 17話以前は藤原が休養前に収録されており、17話は休養中のため堀内が担当。
  4. ^ クオリティ高すぎ!海外の短編アニメ『ポケモンジェネレーションズ』日本語吹き替え版が公開スタート”. ファミ通App (2016年12月9日). 2016年12月9日閲覧。

外部リンク[編集]