まんがで発見たまごっち 爆笑4コマ劇場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

まんがで発見たまごっち 爆笑4コマ劇場』(まんがではっけんたまごっち ばくしょうよんコマげきじょう)は後藤英貴による漫画作品。『月刊コロコロコミック』誌上において1997年8月号から1999年4月号まで連載された。単行本は全3巻。

たまごっちを主題とした4コマギャグマンガであり、本作ではたまごっちは言葉を話せず、「ピー」(たまごっちの呼び出し音)と鳴く。コミックス2巻よりむしっちとさかなっちのたまごっちが登場する。

登場キャラクター[編集]

人間[編集]

男の子A
主人公。たまごっちが大好きな少年。まるっちとくちぱっちを育てているが、くちぱっちに手を焼いている。はしぞーっちを育てている従兄弟がいる。
男の子B
ますくっちの飼い主。帽子を被っている少年。ますくっちの罠によく引っかかる。
男の子C
たまごっちよりも普通のペットを好む不良風の少年。目付きが悪い犬のポチやトカゲのトカちゃんなどを飼っている。女の子Bとの絡みが多い。
男の子D
坊主頭で小太りな体型の少年。男の子Aとは友達同士で、女の子Cとは両想いな関係。
男の子E
女の子Aとは別のまめっちの飼い主。瓶底眼鏡をかけた優等生で、まめっちに自分の宿題を頼んだりする。
男の子Aの従兄弟
はしぞーっちの飼い主。男の子Aとは仲が悪い。
女の子A
まめっちの飼い主。男の子Aとの絡みが多い。最終回では、まめっちやぎんじろっちと共に病死したくちぱっちの復活を喜んだ。
女の子B
普通のペットよりもたまごっちをこよなく愛するお嬢様風の少女。しかし、自分が育てるたまごっちはよく実在動物に似たものに成長してしまう。
女の子C
たまごっちよりも植物を好む少女。常に笑みを絶やさない穏やかな性格。男の子Dとは両想いで、女の子Bとの絡みが多い。

たまごっち[編集]

くちぱっち
男の子Aのペット。かなりのボケキャラ。迷惑な行動をとることもしばしば。最終回で病死するが、たまっちからの成長で復活する。
まるっち
男の子Aのペット。くちぱっちに色々と弄ばれる。なかなか成長しなかったが、最終回でたまっち、そしてくちぱっちへ成長する。
おやじっち
かくれたまごっち。カツラを装着していることが多い。
ぎんじろっち
アダルトっち。涙もろい性格。いつも泣いている。
たらこっち
アダルトっち。不良、もしくはオカマのキャラクターとして登場が多い。ほとんどたまっちから成長する。
まめっち
女の子Aのペット。超天才。初期のころは男の子Eのペットである別個体も登場しており、飼い主と同じ眼鏡をかけている。
たまっち
こどもっち。よくたらこっちに成長する。
ますくっち
男の子Bのペット。やや不良で、よく飼い主を罠にはめる。
しろベビっち
まるっちと区別するため、目にハイライトがある。
みみっち
アダルトっち。まめっちと一緒にいることが多い。
はしぞーっち
アダルトっち。女の子Aからくちぱっちに似ていると言われたことがある。
ケロぴょんっち
アダルトッシュ。さかなっちと、むしっちの天敵の二つの顔を持つ。

外部リンク[編集]