劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド&パール アルセウス 超克の時空へ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ポケットモンスター (アニメ) > ポケットモンスター (劇場版) > 劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド&パール アルセウス 超克の時空へ
劇場版ポケットモンスター
ダイヤモンド&パール
アルセウス 超克の時空へ
監督 湯山邦彦
脚本 園田英樹
製作 吉川兆二
深沢幹彦
盛武源
岡本順哉
製作総指揮 久保雅一
伊藤憲二郎
出演者 松本梨香
大谷育江
うえだゆうじ
豊口めぐみ
小桜エツ子
北乃きい
高嶋政宏
中川翔子
山寺宏一
美輪明宏
音楽 宮崎慎二
主題歌 心のアンテナ-Haruomi Hosono Original Mix-
中川翔子
撮影 水谷貴哉
編集 辺見俊夫
製作会社 オー・エル・エム
配給 東宝
公開 2009年7月18日
上映時間 97分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 46.7億円
前作 劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド&パール ギラティナと氷空の花束 シェイミ
次作 劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド&パール 幻影の覇者 ゾロアーク
テンプレートを表示
モデルとなったメテオラの景色

劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド&パール アルセウス 超克の時空へ』(げきじょうばんポケットモンスター ダイヤモンド パール アルセウス ちょうこくのじくうへ)は、2009年7月18日より東宝系で公開のテレビアニメポケットモンスター』の劇場版第12作の作品である。

第62回ロカルノ国際映画祭「MANGA IMPACT」特別招待作品[1]

概要[編集]

当初発表されたタイトルは『超克の時空へ』であったが、後に本作で初公表となるアルセウスが加わり『アルセウス 超克の時空へ』が正式タイトルとなった。一部の媒体では『劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド&パール・プラチナ アルセウス 超克の時空へ』と表記されることもある。この『プラチナ』が加わった名称は前作では劇中のみに登場したものであった。

今作は『ディアルガVSパルキアVSダークライ』から続く「神々の戦い」三部作の最終章という位置づけであり、前作と前々作で戦いを繰り広げたディアルガパルキアギラティナも再び登場する[2]。また、エンディングには前作・前々作に登場したキャラクターも出演する。

また、同年9月に『金・銀』のリメイク作品『ハートゴールド・ソウルシルバー』の発売を控えていたこともあり、通常のピチューとは耳の形状が異なる「ギザみみピチュー」や、チコリータヒノアラシワニノコといったジョウト地方を代表するポケモンも多く登場する。

本作の舞台であるミチーナのモデルとなったのはギリシャメテオラである。時系列は、DPの第133話から第143話までである。[3]

本編終了後、ぬりえコンテスト結果発表の代わりに「ポケモンカードデザイン[4]コンテスト結果発表がおこなわれた。出演キャラは、ピカチュウポッチャマ、ギザみみピチュー。

興行収入は46.7億円に昇り、同年の映画年間ランキングにおいて5位(邦画では2位、アニメでは1位)の成績を記録した[5]。ぴあ初日満足度ランキング(ぴあ映画生活調べ)では第1位を記録した。

前売り券・配布ポケモン[編集]

本作の劇場版の前売り券と引き換えることのできるポケモンはピチューである。このピチューは色違いで、カラーリングは進化後の姿であるピカチュウに近い(ちなみに、色違いのピチューは映画本編には登場しない)。おやは「しょこたん」(本作でギザみみピチューを演じる中川翔子の愛称よりとられている)。

また、映画館ではワイヤレス通信でアルセウスが配布される。

どちらのポケモンも、『ハートゴールド・ソウルシルバー』で連れていると特別なイベントを発生させられる。

あらすじ[編集]

旅を続けるサトシ一行は、自然に囲まれた町・ミチーナに到着する。タッグバトルをしたトレーナーの案内で、遺跡に向かったサトシたちは、そこで時を司る神・ディアルガを呼び出す女性・シーナに出会う。

シーナからアルセウスについての言い伝えを聞いてた時、遂にアルセウスが長い眠りから覚め、人間を滅ぼそうと復讐のために現れる。

神と呼ばれるディアルガ、パルキアギラティナをも圧倒するアルセウスの前に困惑していた時、ディアルガが自身の力でサトシたちを過去へタイムスリップさせる。そこでサトシたちはギシンという人物のポケモン(魔獣)のドータクンに催眠術をかけられ神殿の地下牢に閉じ込められる。そこにはギシンに囚われていた言い伝えの人物・ダモスがいた。そしてサトシはダモスとアルセウスの過去を、そしてこの事件の黒幕はギシンだということを知る。 一方シーナはギシンに命の宝玉を返すよう説得したがギシンは命の宝玉を抜いた杖をシーナに「君が返してくれ」と差し出した。

そしてとうとう約束の時間が来た。サトシたちはダモスの仲間のギザミミピチューといっしょに行動していたピカチュウとポッチャマにより地下牢から脱出しアルセウスの元へ行く。 しかしそこで見たのは銀の水で身動きができず瀕死の状態のアルセウス。それに呆然と立ち尽くすシーナ。そして命の宝玉を握りしめ苦しむアルセウスを見つめるギシンの姿だった。

サトシはアルセウスを救うためギシンから命の宝玉を取り返しに向かう。ダモスはシーナを間一髪の所で助け、シーナとの誤解も解け、アルセウスに訴えかける。

無事に命の宝玉を取り返しアルセウスの元へ行くが、アルセウスは動かず、しかもアルセウスが死ぬことでサトシたちがこの時代に来るという歴史もなくなりサトシ、ヒカリ、タケシ、シーナ、ピカチュウ、ポッチャマは今まさに消えようとしていた・・・。

登場人物・キャスト[編集]

レギュラーキャラクター[編集]

詳細は個別記事かアニメ版ポケットモンスターの登場人物を参照。

サトシ
- 松本梨香
主人公。ミチーナに伝わる言い伝えの「雷の魔獣使い」とシーナに推測される。
タケシ
声 - うえだゆうじ
ヒカリ
声 - 豊口めぐみ
ムサシ
声 - 林原めぐみ
サトシ達とは違い、ロケット団の3人はタイムスリップしない。
コジロウ
声 - 三木眞一郎
ニャース
声 - 犬山イヌコ
サトシのポケモン
ピカチュウ
声 - 大谷育江
ハヤシガメ
声 - 三木眞一郎
モウカザル
声 - うえだゆうじ
ムクホーク
声 - 小西克幸
ブイゼル
声 - 古島清孝
グライオン
声 - 小西克幸
タケシのポケモン
グレッグル
声 - 小西克幸
ウソッキー
声 - 阪口大助
ピンプク
声 - 伊東みやこ
ヒカリのポケモン
ポッチャマ
声 - 小桜エツ子
ミミロル
声 - 雪野五月
パチリス
声 - 西村ちなみ
マンムー
声 - 石塚運昇
ムサシのポケモン
ソーナンス
声 - うえだゆうじ
ナレーション
声 - 石塚運昇

ゲストキャラクター[編集]

シーナ
声 - 北乃きい(特別出演)
本作のゲストヒロイン。遺跡の守り人の女性。ポケモンと心を見せ合うことが出来るが、怒りをまとったポケモンにはその力は及ばないなど、すべてのポケモンには通用するわけではなかった。「時空儀」と呼ぶ、時空の異変を察知する球体を管理している。過去でダモスが裏切ったことをギシンに伝え、宝玉を返そうとするが彼に騙されてしまう。しかし、ダモスが犯人でないとわかり、共にアルセウスの怒りを鎮める。
前作・前々作の映画の舞台にも、調査に行っている。
ケビン
声 - 岸祐二
シーナと同じく、遺跡の守り人を務める青年。
ダモス
声 - 高嶋政宏(特別出演)
シーナの先祖で、古代のミチーナのリーダー的存在。言い伝えでは、ダモスがアルセウスを騙し、「命の宝玉」を返さなかったことが、アルセウスの怒りにふれたと伝えられているが、実際はギシンの仕業でアルセウスを裏切ったことにされていた。性格は温厚。シーナ同様ポケモンと心を見せ合うことが出来る。
ギシン
声 - 山寺宏一(特別出演)
本作のゲスト悪役。ダモスの部下だった赤髪の男。「命の宝玉」が無くなればミチーナが元の荒地になることを恐れ、ダモスを幽閉して自分がミチーナの長になっていた。実はアルセウスが怒りを起こした事件の張本人。
歴史を変えようとするサトシたちを妨害し、アルセウスを抹殺しようとするも失敗に終わり、そのまま死を覚悟して落下したが、一命は取り留めておりエンディングでは農民に格下げされていた。
名前の由来は疑心暗鬼から[6]
使用ポケモン
ヒードラン
声 - 三宅健太
「魔獣装具」によって操られている。しかし、最終的にはドータクンと共に寝返る。
ドータクン
ヒードランと同じく「魔獣装具」によって操られている。
タップ
声 - 藤本譲
ダモスが囚われている牢屋の番人をしている老人。雇われているだけなので、ダモスやサトシ達に敵意があるわけではない。ギシンの悪巧みを見破っていた人物でもある。
カンタ
声 - くまいもとこ[7]
ミチーナに住む少年。オープニングでサトシ・ヒカリとスイカを賭けてタッグバトルを行う。エンディングにも登場。
手持ちポケモン
ヘラクロス
カコ
声 - 真堂圭[8]
カンタの妹。オープニングでサトシ・ヒカリとスイカを賭けてタッグバトルを行う。前作に登場した同名の少女とは別人。エンディングにも登場。
手持ちポケモン
アゲハント
村人
声 - 山本博ロバート)(特別出演)
ダモスの回想のワンシーンにて登場
兵士B
声 - 秋山竜次(ロバート)(特別出演)
未来から来たサトシ達を牢屋に閉じ込める。ワンシーンのみの登場で足しか登場せず、台詞も一言のみ。
兵士D
声 - 馬場裕之(ロバート)(特別出演)
調理室でポケモン達に労働させている。見た目以上に気弱な性格。

ゲストポケモン[編集]

アルセウス
声 - 美輪明宏(特別出演)
全てを生み出したと言われる伝説のポケモン。「命の源」というそれぞれのポケモンのタイプに対応できる16のプレートを持ち、その力で相手の攻撃を無効化にする能力を持つ。
非常に高い知性を持ち、人間の言葉も普通に話す事ができ[9]、更にプレートが全て揃っている限りは不死身であるとされている。
ダモスに助けられた恩から、「命の源」の内、「水・地面・草・雷・竜」の5つを1つに結集し、「命の宝玉」として、貸し与えた。
ギシンの策略によりダモスに裏切られたと思い込んでおり、人間を憎んでいる。長い眠りから覚め、遂に復讐のために人間を滅ぼそうと動き出す。
「命の宝玉」が無い不完全な状態ながら、ディアルガ、パルキア、ギラティナを纏めて圧倒するほどの凄まじい実力を発揮する。
目覚めが近づくにつれて徐々に時空を歪ませていった。その歪みが本来は出会うはずの無かったディアルガの空間とパルキアの空間を接触させてしまい、前々作におけるディアルガとパルキアの争いのきっかけとなった。
過去に行ったサトシ達によって歴史は変えられ、怒りを静めた。なお、その際にムサシが持っていた本物の宝玉は過去においてサトシが既に返していたため消滅した。
ディアルガ
三作連続で登場。シーナと心を通わせ、サトシたちの救出に協力をする。自身の力で、パルキア、ギラティナと共にアルセウスの暴走を止める。シーナとサトシ一行をダモスがアルセウスに「命の宝玉」を返す日に飛ばす。
パルキア
前々作である『ディアルガVSパルキアVSダークライ』以来の登場。本作では、シーナのおかげか既にディアルガに対する誤解は解けているようで、ディアルガ、ギラティナと共にアルセウスに立ち向かう。
ギラティナ
前作である 『ギラティナと氷空の花束 シェイミ』から引き続き登場。未だにディアルガを追っており、遺跡前の湖に姿を現すが、サトシとピカチュウを見に説得されて攻撃を止め、シーナの力により怒りを収める。ディアルガ、パルキアと共にアルセウスに歯向かう。エンディングでは、『オリジンフォルム』で登場。
ギザみみピチュー
声 - 中川翔子(特別出演)
ダモスの仲間。幽閉されていたダモスを助ける。
名の通りくせっ毛のギザミミが特徴。性別は♀。
チコリータ
声 - 真堂圭[10]
ヒノアラシ
声 - 古島清孝
ワニノコ
声 - 西村ちなみ
ガブリアス
声 - 逢坂力
シロナの手持ちでクロツグのミロカロスとバトルする。なお、本編では小西克幸が担当しているが、ここでは声優が変わっている。
ニドラン♂
声 - 中西英樹
ニドリーナ
声 - 川上貴史
ヤンヤンマ
声 - 伝坂勉
キマワリ
声 - 寺谷美香
ニドラン♀
声 - 米澤円
ヨノワール
冒頭でサトシのピカチュウとバトルする。「おにび」を使う。トレーナーがいないため、野生である。

その他の登場キャラクター[編集]

詳細は個別記事かアニメ版ポケットモンスターの登場人物を参照。

シロナ
シンオウ地方ポケモンリーグチャンピオン。プロローグでクロツグと対戦した。
クロツグ
バトルタワーのフロンティアブレーン・タワータイクーン。プロローグでシロナと対戦した。
アリス、トニオ、アルベルト男爵
前々作に登場。
ムゲン、ゼロ、インフィ
前作に登場。ムゲンがゼロが逮捕された刑務所に来て、機動停止しムゲンの手によって復活したインフィと共に慰問に来ている。

用語[編集]

ミチーナ

本作の舞台となる自然に囲まれた町。かつては作物が育たないほどの荒地だったが、アルセウスの「命の宝玉」によって緑豊かな町になった。そのため、「命の宝玉」がないと元の荒地に戻ってしまうとされていたが、終盤で歴史が修正されても、人間とポケモンたちの努力によって緑は保たれていた。

命の宝玉

アルセウスが「命の源」のうち、「水・地面・草・雷・竜」の5つを1つに結集し生み出したもの。現代で保管されていたものは実は偽者であり、本物はロケット団が偶然手に入れていたが、歴史の修正に伴い消滅した。

魔獣

古代におけるポケモンの呼称。劇中ではアルセウスもディアルガらをそう呼んでいる。

スタッフ[編集]

  • 原案 - 田尻智増田順一杉森建
  • アニメーション監修 - 小田部羊一
  • エグゼクティブプロデューサー - 久保雅一、伊藤憲二郎
  • プロデューサー - 吉川兆二、深沢幹彦、岡本順哉、盛武源
  • アニメーションプロデューサー - 奥野敏聡、神田修吉
  • アソシエイトプロデューサー - 川原章三、山内克仁、野本岳志、橋荘一郎、山下善久、弓矢政法、紀伊高明
  • アシスタントプロデューサー - 島村優子、下平聡士、村椿拓郎、小田原明子、菅沢正浩
  • デスク - 久東由依、近藤里奈
  • 脚本 - 園田英樹
  • 絵コンテ - 湯山邦彦 / 深沢幸司志村錠児高橋ナオヒト、吉川博明、木村哲、外山草飯島正勝浅田裕二宮尾佳和
  • 演出 - 飯島正勝、吉川博明、外山草、浅田裕二、高橋ナオヒト
  • キャラクターデザイン - 毛利和昭佐藤和巳一石小百合松原徳弘、山田俊也
  • デザインワークス - 田中俊成、石本剛啓、枝松聖、深沢幸司、近永健一、佐藤和巳
  • 総作画監督 - 毛利和昭、佐藤和巳
  • 作画監督 - 松原徳弘、一石小百合、相澤昌弘東海林康和、高橋英吉、志村隆行、田口広一新岡浩美、松岡秀明、馬場俊子
  • 動画チェック - 榎本冨士香、室岡辰一、齋藤友希、一条望、小野あゆ美、臼井香織
  • 色彩設計 - 佐藤真由美、吉野記通
  • 色指定 - 大関たつ枝、佐藤直、岡宮志帆、高橋友子、手嶋明美
  • 検査 - 塚田真由美、金田昌子、奥井恵美子、伊藤敦子、中尾総子
  • 特殊効果 - 太田憲之
  • デジタルコーディネート - 大竹研次
  • 美術監督 - 秋葉みのる
  • 美術監督補佐 - 片岡一巳
  • 撮影監督 - 水谷貴哉
  • 2Dコンポジットディレクター(撮影監督) - 池田新助
  • 2Dコンポジットアドバイザー - 吉田光伸
  • CGIプロデューサー - 坂美佐子
  • CGIスーパーバイザー - 佐藤誠
  • CGI監督 - 伊藤良太
  • 編集 - 辺見俊夫
  • 編集助手 - ジェイ・フィルム(野川仁、小守真由美)
  • 現像 - イマジカ
  • 音楽 - 宮崎慎二
  • 音楽プロデューサー - 篠原一雄、齋藤裕二
  • 一部原曲・作曲 - 一之瀬剛、佐藤仁美、青木森一
  • 音響監督 - 三間雅文
  • 音響プロデューサー - 南沢道義、西名武
  • 制作担当 - 小板橋司
  • 制作デスク - 大杉善信
  • 設定制作 - 藤井康晶
  • 制作進行 - 内田晴香、澤田剛、菊地勇、大山裕一、田中貴士、村田貢一、佐々木崇之、吉岡大輔、藤井芳光
  • 制作 - 小学館集英社プロダクション
  • アニメーション制作 - OLM Team Koitabashi
  • 監督 - 湯山邦彦
  • 製作 - 亀井修、鶴宏明、富山幹太郎、芳原世幸、田村明彦、岩淵弘之、八木正男、ピカチュウプロジェクト

原画[編集]

宮あきら 深沢幸司 福地純平 大橋俊明 小川智樹 田島端穂
音無竜之介 吉野真一 堺美和
入好さとる 松原京子 長縄宏美 本沢拓海 青木昭仁 吉田夫美子
辻初樹 佐藤雄三 針金屋英郎 諏訪昌夫 森悦史 丸藤広貴
松坂定俊 大野泰江 杉江敏治 尾鷲英俊 小川みずえ 緒方厚
津熊健徳 瀬尾康博 羽山淳一 塚本篤 佐藤元昭 清水文乃
スタジオコクピット
岩根雅明 池平千里 本舘耐 案浦達哉 西尾公伯
ドラゴンプロダクション
中村亜貴子 竹渕正美 武井智子 長岡みどり 井坂純子
九州アニメーション
本田敬一 川元まりこ 岩村剛士
第二原画
坂本ひろみ 中村諒子 竹内一将 松永辰 吉邉尚希 寺田眞佐子
式部美代子 芹口由香 深谷裕一郎 辻村佳子 森円美 上野千夏
酒井強至 千葉山夏恵 牛尾優衣 加藤照代 田中千恵 加藤文啓

主題歌[編集]

オープニングテーマ「ハイタッチ!2009
作詞 - 戸田昭吾 / 作曲 - たなかひろかず / 編曲 - 依田和夫 / Brass&Stringsアレンジ - コーニッシュ / 歌 - サトシ松本梨香)&ヒカリ豊口めぐみ
エンディングテーマ「心のアンテナ -Haruomi Hosono Original Mix-」
作詞 - 松本隆 / 作曲 - 細野晴臣 / 編曲 - 細野晴臣 / 歌 - 中川翔子

映像ソフト化[編集]

漫画版[編集]

『月刊コロコロコミック』で、溝渕誠による漫画版が2009年6月号から7月号にかけて掲載された。単行本も発売されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 開催地のスイスロカルノでは2009年8月10日(現地時間8月9日)にプレミア上映され、招待された湯山邦彦監督や中川翔子などが舞台あいさつを行った。
    しょこたん、スイスでピチュピチュー ロカルノ映画祭(2009.08.12)
  2. ^ なお、ディアルガは、映画に登場するゲストポケモンの中で唯一前々作から本作まで登場した。
  3. ^ 例によっては、第132話でサトシのヒコザルシンジとのフルバトルでモウカザルに進化しており、ヒカリがヒノアラシをゲットしていないためである
  4. ^ ギザみみピチューとアルセウスのカードデザイン。
  5. ^ 文化通信速報 - 2009年12月17日号より
  6. ^ HollyWood Express公式ブログ2009年7月18日「山寺宏一より今週の一言」より。
  7. ^ くまいもとこは後年の『ポケットモンスター XY』においてセレナトライポカロンにおけるライバル・ネネ役で出演していた。
  8. ^ 真堂圭は後年の『ポケットモンスター XY』においてセレナトライポカロンにおけるライバル・ミルフィ役で出演する他、『ポケットモンスター サン&ムーン』においてリーリエ役でレギュラー出演している。
  9. ^ テレパシーではなく、普通に人語を話せるのはロケット団のニャースを除くとアルセウスのみ。
  10. ^ 真堂圭はテレビ本編でもチコリータを演じており、テレビ本編のゲストキャラクター・コトネのチコリータを演じていた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]