ポケモンコンテスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ポケモンコンテストとは、『ポケットモンスター』の作中で開催されるイベントの1つで、ポケモンの魅力を競うコンテストである。なお、ここでは『ポケットモンスター ダイヤモンド・パール』バージョンのスーパーコンテストについても述べる。

ゲームにおけるポケモンコンテスト[編集]

ポケモンコンテスト[編集]

ルビー・サファイア・エメラルド』バージョンにて登場。

ホウエン地方で開かれている「ポケモンコンテスト」はポケモンの魅力を競うことで優勝を決めるイベントで、「かっこよさ」、「うつくしさ」、「かわいさ」、「かしこさ」、「たくましさ」の5部門がある。

コンテストはポケモンの見た目で競う1次審査と、ポケモンが持っている技を使って観客や審査員にアピールする2次審査があり、2回の審査の合計点で優勝者が決まる。2次審査で使う技はアピール技といいバトルで使う技と同じものであるが、その効果はバトルとは大きく異なる(バトルではあまり強くない技がコンテストでは効果的だったり、またその逆もある)。さらに技の組み合わせや出す順番によってもらえる点も違うなど、バトルよりも戦略性があるという見方もある。この為、ポケモンバトルでは元の能力や覚えられる技の制限によって活躍しにくいポケモンでも、コンテストでは大活躍出来る要素を持っている。ただし、わざを2つ以上覚えてないと参加できない都合上メタモン・アンノーン・ダンバルは使用不可。

コンテストに出場するには、シダケタウンで「コンテストパス」を発行してもらう必要がある。コンテストに優勝すると部門ごとに記念の「リボン」がもらえるほか、次のランクへの挑戦権を得ることができ、ノーマルランク、スーパーランク、ハイパーランクを経て、マスターランクを高得点で優勝するとミナモシティにある美術館でそのポケモンの絵を飾ってもらえる。

なお、『ルビー・サファイア』バージョンでは各地にコンテスト会場があったが、『エメラルド』バージョンではミナモシティに集約されている。『ファイアレッド・リーフグリーン』には採用されなかった。

スーパーコンテスト[編集]

ダイヤモンド・パール・プラチナ』バージョンにて登場。

シンオウ地方で開かれている「スーパーコンテスト」は、前作の「ポケモンコンテスト」とルールはほぼ同じだが、いくつか新要素が加えられている。

  • ダンスしんさが追加された。いわゆる音ゲーのようにタイミング良くボタンを押す。
  • ビジュアルしんさはコンディションの他に、手に入れた「アクセサリー」を使ったポケモンのドレスアップを審査する。
  • 会場に入るとき、主人公はタキシードやドレスに着替える。
  • えんぎしんさでは前作とは異なり、技の効果が変わったり、技のコンボが無くなっていたり、審査員が3人になったことなどから、前作とは全く違った戦略が必要となっている。

コンテストはポケモンの見た目で競う1次審査「ビジュアルしんさ」、オリジナルなダンスを見せる2次審査「ダンスしんさ」、ポケモンが持つ技を使って審査員にアピールする3次審査「えんぎしんさ」の3部構成。 コンディションは、ポフィンで上げる。ただし前作から送り込んだポケモンはポロックで高めたコンディションがそのまま引き継がれる。

コンテスト会場は、ヨスガシティに集約されており、部門は前作と同じだが、ランクは「ノーマルランク」「グレートランク」「ウルトラランク」「マスターランク」に分けられている。ランクの名称は英語版におけるモンスターボールの名称に因んでいる。

ハートゴールド・ソウルシルバー』には採用されなかったが、代わりに新要素として「ポケスロン」というイベントがある。また、『ブラック・ホワイト』ではポケモンコンテストが廃止され、新要素として「ポケモンミュージカル」が登場した。

アニメにおけるポケモンコンテスト[編集]

アニメ版のポケモンコンテストはゲームと異なる部分が多い。

ホウエン地方が発祥の地とされており、各地で大会が開催され、優勝するとその証として「コンテストリボン」が贈呈され、1つの地方につきリボンを5個以上集めると「グランドフェスティバル」への参加が認められる。また、各地で非公式の大会が開かれることも多い。

競技は一次審査と二次審査に分かれており、一次審査はポケモンのアピール、二次審査は「コンテストバトル」が行われる。一次予選を通過した8人(大会によっては4人や16人のこともある)が二次本戦に出場する。コンテストに出場するトレーナーは「ポケモンコーディネーター」と呼ばれる[1]

基本的なルール
  • 一次審査では、ポケモンとコーディネーターが演技をする。道具(モンスターボールの他、フリスビーやボールなど)の使用も可。
  • 二次審査では、コーディネーター同士がポケモンバトルをする。それぞれのコーディネーターは一定量のポイントを持っていて、自分のポケモンがダメージを受けたり、技を外したり、相手のポケモンの動作が良いものと評価されたりすると減っていく。対戦時間は5分間でポイントが無くなったり(ポイントアウト)、戦闘不能(バトルオフ)になったら敗退、勝者は勝ち抜けする。タイムアップの場合はポイントが多い方が勝ち抜けする。
  • 見事1位に輝けばコンテストリボンが授与される。
  • 1つの地方のリボンを5個以上集めると、「グランドフェスティバル」へ参加することができる。
    • 授与者の合意があれば譲渡も認められるようで、ムサシがサルビア王女から譲渡されたリボン込みでグランドフェスティバルに参加している。
  • 審査員は基本的にポケモンコンテスト事務局長のコンテスタ、ポケモン大好きクラブ会長のスキゾー、そして大会が開かれる町のジョーイの3人が務めるが、代理が立てられることもある他、大会によっては特別審査員が登場する。その他、地方や大会ごとのローカルルールが存在する。
  • 不正は許されないが、人のポケモンで出場してはいけないというルールはない(ムサシがコジロウやハーリーやサトシのポケモンで出場したことがある)。
グランドフェスティバル
  • 地方別に開かれるポケモンコンテスト最高峰の舞台。その地方で5つ以上のリボンを集めた者だけが参加資格を得られる。大会形式は各地の大会と同じ一次審査、二次審査の二部で構成されるが、大会によっては一次審査の前に予備選を行う。また、二次審査は基本的にダブルバトルとなる。
  • グランドフェスティバルで優勝した者にはリボンカップと呼ばれるトロフィーが授与され、「トップコーディネーター」の称号が与えられる。

アドバンスジェネレーション[編集]

アドバンスジェネレーション』では、主な登場人物からハルカシュウハーリーが参加している(3人は現在ジョウト地方に旅立った)。

ホウエン地方

  • 司会者はビビアンで、その人柄が関係しているのか、他の地方に比べておしとやかなステージが多い。
  • 一次審査ではステージが終わった直後に得点が発表される。点数の高い順に上位4名ないしは8名が二次審査へ進出する。
  • R○コンテスト[2]という一定の数のリボンを取得したコーディネーターのみ参加できる大会が開かれていた。

カントー地方

  • 司会者はリリアン(ビビアンの妹)で、ヒートアップした中でステージが始まる。
  • 一次審査での得点表示は無い。これはシンオウ地方においても同じである。

ジョウト地方

  • 『ポケットモンスターアドバンスジェネレーション』の発言によると新たにポケモンコンテストの会場が作られたことが明らかになっている。
  • ハルカがサトシ達と別れた後、ジョウト地方のコンテストに出場するために旅をしている。シュウ、ハーリー、サオリもジョウトで旅をしている。
  • 実際にジョウト地方のコンテストの様子を描いた話が無いため、ルールや司会者は不明。

ダイヤモンド&パール[編集]

ダイヤモンド&パール』では、ヒカリノゾミなどが参加している。『アドバンスジェネレーション』に比べると変わった点が多い。

シンオウ地方

  • 司会者はモモアンで、リリアンほどではないが盛り上がりが多い。しゃべり方に特徴がある。
  • ヒカリ曰く「ドレスアップが流行っている」とのこと。そのため、参加者は普段着とは違う衣装を身にまとって参加することが多い。
  • 登場の際は、演出用に"ボールカプセル"と呼ばれるものにあらゆるシールを貼って、モンスターボールを投げる。シールによって演出上の効果が違う。
  • 大会によっては2体のポケモンを同時に使って演技する「ダブルパフォーマンス」が行われる。シンオウのグランドフェスティバルは全ステージがダブルパフォーマンスで行われる。
  • "アクアリボン"という全地方のグランドフェスティバルの出場規定リボン数にカウントできる特殊リボンが登場。コンテストマスターと呼ばれるミクリが主催するコンテスト『ミクリカップ』の優勝者に贈られる。

ポケモンコンテスト関連人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ この「ポケモンコーディネーター」の名称は後にゲームに逆輸入され、『ダイヤモンド・パール・プラチナ』にてこの名称が一般的なものとして使われている。
  2. ^ (R=リボン、○=規定取得数)